生まれる感情

こんな実験をしてみたそうです。以前の面識はない22名の少年たちを二つのグループに分け、それぞれ別々に、キャンプへと送られました。少年たちは自分たちで名づけた「ラトラーズ」と「イーグルズ」の二つのグループの存在をお互いに知らされていませんでした。一週間が経ったところで、それぞれの存在を知らせて競争心をあおり、その結果を観察することになっていました。ところが、少年たちは研究者のはるか先を進んでいたのです。なんと、両集団がお互いに直接遭遇する前から両者は敵対心を露わにしたのです。はじめてラトラーズが、イーグルズが遠くで遊んでいる声を耳にしたとき、彼らは「あいつらを打ち負かしてやりたい」と思いました。そして少年たちはしきりに直接対決を望みました。大人たちの介人なしに少年たち自身に生まれた感情です。研究者たちはスケジュールどおりに事を進めることに必死で、介入する暇もなかったのです。「第一段階」は集団内行動についての調査になるはずで、集団間竸争は「第二段階」で調査する予定だったのです。

第二段階で用意されていたのはサマーキャンプではよくある行事ばかりでした。両グループ対抗で野球、綱引き、宝探しなどを行ない、賞品を競います。指導員たちはまさに本物の指導員のように振る舞いました。ただし、できるだけ目立たぬよう、必要なときにだけ介入するよう心がけました。事態はまもなく一気に進行します。両グループがはじめて野球大会で公式に顔をあわせたときから、ラトラーズとイーグルズの間で中傷合戦が繰り広げられたそうです。ゲーム開始前にラトラーズが自分たちの旗を野球場に掲げました。野球場全体が「われわれのもの」であることを主張したかったのです。試合後、負けたイーグルズはその旗を引きずり降ろし、燃やしてしまったのです。ラトラーズは憤激し、まもなく指導員たちが止めに入ったそうです。

事態はさらに悪化していきます。ィーグルズが綱引きに勝ったその夜、ラトラーズが彼らのキャビンを襲撃したのです。べッドをひっくり返し、蚊帳を破り、さまざまなものを盗みましたが、その中にあった一本のジーンズが彼らの新しい旗となったのです。一方ィーグルズは思い切って昼間に襲撃し、彼らのキャビンを荒らして仕返しをしました。その時間帯にラトラーズはキャビンにいないはずでしたが、万が一のためにと棒や野球のパットを持参しました。自分たちのキャビンに戻るとさらなる奇襲に備えるため防衛手段を整えました。靴下に石をつめたり、投げつけるための小石をバケツいっぱいに集めました。子どもたちは単なる戦争ごっこに興していたのではありませんでした。短期間のうちに中傷合戦から殴り合い、石の投げ合いへと発展していったのです。

第二段階が終わり、第三段階に進めるようになったとき、研究者たちがどんなにほっとしたか容易に想像がつくとハリスは言います。その第三段階では敵対意識をなくし、いがみ合う両グループを一つの平和な集団にまとめる試みが予定されていました。ところが人々を分裂させる方が一つにまとのめるよりもはるかに簡単でした。はじめに研究者たちが試みた、彼らを非競争的な状況で一緒にさせるという方法では、彼らの敵対心は全く解消されませんでした。ラトラーズとイーグルズが一緒に食事をとると残飯の投げ合いがはじまり、食堂は戦場と化したのです。残された道はただ一つ、両者が協力しなければ克服できない共通の敵を、「上位目標」として設定するしかありませんでした。