別集団

ゴールディングが小説「蠅の王」で描いた少年たちの行動は、ハリスは間違っていると主張しています。ゴールディングはイギリスの哲学者トマス・ホッブズ同様、文明なき生活は私利私欲を追求する冷酷な社会、自分の身は自分で守る、人のことなどかまっていられない社会だと考えました。モンタギュ一はフランスの哲学者ジャン=ジャック・ルソーのように、文明なき生活はしかと運営されたヒッピーのようなものだと考えました。全員が仕事を分担して食料を分けあい、花の香りを楽しむ余裕のある生活を想像しました。ハリスは、この四人とも間違っているというのです。正しかったのはダーウインだというのです。「隣接する地域に住んでいる部族どうしはほとんど常に戦争状態にある」と彼は言いました。それでもなお「野蛮な人間でも自分の命をかけて同じ集団のメンバーを守る」とか、「社会的本能は、同種に属するすべての個体に拡張されることは決してない」と言っているのです。人間を殺し好きと見るか、それとも慈悲深いと見るか、利己的と見るか利他的と見るかは、人間のどの行動を見るか、同じ集団内の仲間に向けた行動か、それとも別集団のメンバーに向けた行動か、によって異なるというのです。

もし実際に二十数名の学童を自然環境の中に送りこみ、自活を強いたらどうなるのでしょうか。1954年、『蠅の王』が出版されたその同じ年に、オクラホマ大学の研究チームがその解明に乗り出しています。周到な準備のもとで行なわれた集団関係の調査です。

正確には被験者数は22名で、できるだけ等質になるよう意図的に選抜されました。彼らは皆プロテスタントの家庭で育った11歳の白人の少年たちでした。IQも学業成績も平均か平均より上でした。眼鏡をかけている者、太っている者はいません。問題を起こしたことのある者もいません。皆が地元出身者で同じオクラホマ訛りがありました。さらにそれぞれ皆、オクラホマ・シティ内の異なる学校から選ばれ、実験以前の面識はありませんでした。

この同質の22名の少年たちは11名ずつの集団に分けられました。それぞれ別々に、オクラホマ州南東部に位置する緑深い山岳地帯に拡がるロバーズ・ケイブ州立公園のボーイスカウト・キャンプへと送られました。

少年たちは三週間のサマーキャンプに参加するつもりでいましたし、実際それはサマーキャンプでした。このキャンプが他のキャンプと際立って違っているところは何もありませんでした。「指導員」たちは実際には変装した研究者で、彼らは少年たちの言動を内密に観察、記録していることがばれないよう細心の注意をはらいました。

少年たちが自分たちで名づけた「ラトラーズ」と「イーグルズ」の二つのグループの存在を知らされていませんでした。彼らは別のバスで到着し、同じ食堂で食事をとりましたが、時間がずれていましたし、使用するキャビンもキャンプ場のそれぞれ別のところに位置していました。研究者たちの計画では、一週間ほどはキャンプ場に自分のグループしかいないと少年たちに思いこませ、一週間が経ったところで、それぞれの存在を知らせて競争心をあおり、その結果を観察することになっていました。競争意識は敵対意識へと発展するはずでした。ところが、少年たちは研究者のはるか先を進んでいたのです。