少年たちの行動

ゴールディングがノーベル賞を受賞した小説「蠅の王」の中の、いくつかの間違いをハリスは指摘しています。その中でも最も重大な間違いは、少年たちが殺し合いをはじめたその経緯だと言います。間違っているのは殺し合いをはじめたという事実ではなく、その経緯なのです。少年たちには、ラルフとジャックという二人のリーダーがいました。ゴールディングの粗略な象徴化の下でラルフは法と秩序を、ジャックは凶暴性と無秩序を象徴していました。少年たちは一人ずつ説きふせられジャック陣営に迎え入れられていきます。残るはラルフ、ピギー、そして変わり者のサイモンだけになりました。そのうちサイモンが殺され、ピギーも殺されてしまいます。そして暴徒がまさにラルフを捕らえようとしたそのとき、間一髪、大人たちがやってきたのです。

この話の筋道に異論を唱えたのはハリスがはじめてではないそうです。反戦的で反本能的な考え方について言及したアシュレイ・モンタギューは、すでに1970年代に『蠅の王』が非現実的であることを、実際に起きた事件を引き合いに出して訴えました。その事件とはメラネシアの子どもたちが六、七名、ある島に数カ月間取り残され、それでもお陰様で仲よく暮らすことができたというものでした。モンタギュー版の『蠅の王』では、最後に大人たちがやってきて審判を下す際に放つ言葉は「君たちはイギリス人なのだろう?イギリス人子弟ならば、もっとまともに対処できたはずだ」ではなく、「お見事!よくやった!」となっていたことだろうとハリスは言います。

ところがそのモンタギューも間違っていたとハリスは指摘しています。メラネシアの子どもたちを引き合いに出したことは公平さに欠けていたというのです。彼らは幼なじみで、まるで大家族のきょうだいのようにつきあっていたのです。しかも人数はわずかに六、七名と少ないのです。それに引き換え、ゴールディングの架空の島には二十数名の少年たちがいて、しかもその多くはお互い面識がなかったのです。

ハリスは、こう問いかけています。「もしあなたが長いつきあいのある人々と面識のない人々と一緒に島に取り残された場合、あなたはすでにつきあいのある人と行動をともにすることになるでしょう。しかしゴールディングの小説ではすでに顔なじみであった少年たち―島に漂着する前までは、ジャ,クが率いた学校のコーラス部に所属していた少年たちは、まもなく四分五裂の状態となり、中にはラルフ側につく者さえいたのです。」

現実の世界ではそうはならなかったはずだとハリスは言います。ジャック率いるコーラス部のメンバーはジャックと団結し、残りがラルフの下に結集する。もしくは月謝の高い全寮制の学校出身者が地元の公立小学校出身者と別行動をとる。いずれにしても戦闘の必須条件である二つの集団が形成されたはずです。殴り合いの喧嘩や流血沙汰を引き起こすことはあっても、それは集団対個人ではなく、集団対集団となっていたはずだというのです。

ゴールディングはイギリスの哲学者トマス・ホッブズ同様、文明なき生活は私利私欲を追求する冷酷な社会、自分の身は自分で守る、人のことなどかまっていられない社会だと考えました。一方モンタギュ一はフランスの哲学者ジャン=ジャック・ルソーのように、文明なき生活はしかと運営されたヒッピーのようなものだと考えました。全員が仕事を分担して食料を分けあい、花の香りを楽しむ余裕のある生活を想像しました。ハリスは、この四人とも間違っているというのです。