ハリスの考える進化12

ケロッグ夫妻がチンパンジーを「文明的な環境」で育てていたとき、彼らはグアを進化に反する環境に放りこんだことを認識はしていたそうです。しかし、彼らは考えもしなかったでしょうが、ドナルドとグアはともにアフリカの森林や草原地帯で生活することを前提として生まれてきたのであって、壁紙で覆われた壁や屋内排水設備の整ったインディアナ州の家で育てられるものとして生まれてきたのではないのです。子どもたちがリモコンの取り合いをしているのを見て、あれが昔からある人間性なのかと思いこむのは間違いなのです。

私たちの先祖は過去600万年間を、最後のわずかな期間を除き、狩猟採集民族として小さな遊動集団を形成して生活してきました。彼らは危険な環境に打ち勝ち生き延びることに成功としてきましたが、その環境の中でももっとも危険だったのが敵対関係にあった集団だったのです。狩猟採集民の子どもたちの生活は、親の生存よりも集団の存続に委ねられていました。仮に親を亡くしても、集団が存続していれば、生き延びることもできたのです。離乳後は、親に属するだけではなく、彼らの将来はいかに親に愛されるかではなく、集団内の他のメンバーといかにうまくやっていくかにかかっていたのです。特にこれからも一緒に生きつづけることになる自分と同世代のメンバーとのかかわりは重要なのです。

子どもの心、すなわち現代の子どもの心は、これら600万年間の進化の歴史によってつくりだされたものなのだとハリスは言います。では、その子どもの心が社会的な行動にどう反映されるのでしょうか?

全国私立保育園連盟の広報「保育通信」に、愛着について遠藤利彦さんが連載をしています。2018年10月号は、その第11回でした。そこには、こんなことが書かれてありました。

「ある縦断調査のデータを分析した一つの研究によれば、母子関係よりも最初の保育者とのアタッチメントの質が、子どもたちが小学生、中学生、高校生になった時に、学校の先生や他の仲間とどれくらいうまく、楽しく集団生活を営めるかに強く関係していたという結果もあります。人の幸福のかなりの部分は、集団生活をいかにうまく送ることができるかということにかかっていると言われることがあります。そうした意味で、最初期の保育者とのアタッチメントは、人の生涯にわたる土台形成に深くかかわっているといえるでしょう。ここで、もう一点、忘れてならないのは、こうした家庭外での保育者との関係性は、保育所の中で、複数の同年代の仲間との関係とともにあるということです。じつは、現在、ジョン・ボウルビィのアタッチメント理論を現代的に再考しようという向きが強まってきているのですが、その急先鋒の一つに、ジュディス・リッチ・ハリスによる集団社会化理論という考え方があります。」

まさに、私が最近読み進めている本の著者であるハリスで、その内容について彼女の考え方をもう少し詳しく知ろうということでブログに今年の7月4日から連載をしているのです。それは同時に、私が考えていることと近いものを感じているからです。