ハリスの考える進化9

カハマ集団にとっても、もしゴディが自分のグループに這い戻り、「カサケラ集団が来るぞ!カサケラ集団が来るそ!」と叫ぶことができていたら、違う結末を迎えていたかもしれないとハリスは考えています。そう叫んでもゴディは助からなかったでしょうが、集団の存続は守れたはずだと言うのです。人間の脳は、人間が社会環境で生きるために一番必要な道具です。物理的な環境に慣れるのは二の次だと言います。進化心理学者リンダ・カボラエルは、人間はあいまいでやっかいな事象に対しては尻ごみする傾向があり、それを社会的なやりとりの中で対処しようとすると言っているそうです。私たちはトラブルを擬人化します。人間を機械のように扱うのではなく、機械を人間のように扱うのです。「こら、動け!」と車に向かって怒鳴ったりします。コンビュータがすねないようにと願います。そしてもし理解できない、掌握できない事態に直面すると、その理由を神や自然に求めるのです。人間の社会的行動を誘発する復讐心、嫉妬心、そして同情心もそれらの所産であると考えようとするようです。確かにそのような面がありますね。面白い分析です。

言語に託された役割の一つは文化を伝えることであり、子育て神話によるとそれは親から子へと文化を語り継ぐことを意味します。しかし、ほとんどの文化では、親は言葉を使って子どもに物事を教えるようなことはしないとハリスは言います。言語は望ましい子どもに育て上げるために必要なものではないのだと言うのです。聾者同士の夫婦の子どもの中には手話を覚えない子どももいるそうです。その子どもたちとその親とのコミュニケーションはもっとも原始的な方法でしか行なわれないことになりますが、それでも子どもはきちんと育ちます。哺乳動物は何百万年間も、言語という手段を借りずに子どもたちを育ててきたのです。

子育て神話では、子どもは空虚な脳をもって生まれ、親はそれを満たす義務がある、と考えます。いわゆる子どもは白紙で生まれ、そこに絵を描いていくのが親の義務であるという考え方が子育て神話を生み出しているようです。ハリスは、どう考えているのでしょうか?もちろん子どもたちは親から学ぶと言います。しかし、学ぶのは親からだけではありません。人間の子どもとして学ぶべきことは生まれてから学ぶことがほとんどですが、親がその学びを独占的に与えることがいかに不条理か、もっともな進化論的な理由があると言います。長期的に見たときに、親に感化されすぎることが子どもにとって好ましくないという理由は四つあると言うのです。

第一に、行動遺伝学者ディヴィッド・ロウが指摘しているそうですが、子どもが親からのみ学習するようになれば、彼らは同じ社会の他のメンバーたちによる有益で斬新な考えを知らぬまま過ごすことになります。便利で新奇なものは年配者よりも若者が考案することが多く、その点では先輩からだけでなく同輩から学ぶべき点も多いのです。同輩から学ぶものはより時節に合った現状にふさわしいものである場合が多いのです。