ハリスの考える進化8

見知らぬ個体を〈われわれ〉の一味として迎えるような認知的な飛躍はチンパンジーには無理にしても、私たちのもつその他の能力の多くを、未発達な状態ではあるが、チンパンジーはもっているようです。狡猾ささえもっています。ジェーン・グドールはチンパンジーが自分のほしいものを手に入れるために相手を騙すという光景を何度か目撃したそうです。たとえばフィガンがバナナの人手に成功したときのことです。クドールはタンザニアで観察をはじめた最初の数年間はチンパンジーたちの気を惹こうとバナナの箱を設置していました。たいていは上位のオスがほとんどを食べつくしてしまっていましたが、グドールはメスや幼いオスにも行きわたるようにと木の中にもいくつかを隠しておきました。ある日フィガンという名の幼いチンパンジーが上位のオスのすぐ頭上にバナナがぶら下がっているのを発見しました。もしフィガンがそのままバナナに手を伸ばしていたら大きなオスに横取りされていたことでしょう。ところがフィガンは自分からバナナの見えない位置へ移動し、チャンスを待ちました。大きなオスがいなくなるや否や、彼はバナナに手を伸ばしたのです。自分から目標が見えないところに座ることによって自分の視線からその秘め事がばれないように細心の注意を払ったのだったそうです。

チンパンジーは自閉症児とは異なり、目がいかに重要かを認識しているそうです。霊長類学者フランス・ドゥ・ヴァールによるとチンパンジーの同一集団内で喧嘩が起きた場合、両当事者はキスを交わし、仲なおりをする前に必ず目を合わせなければならないのだと言っています。「まるでチンパンジーは目を見ないと相手の真意がっかめないかのように」と言うのです。

チンパンジーに心の理論はあるのだろうか、とハリスは問います。その答えは容易に出せるものではないと言います。なぜなら、心の理論はもっているかもっていないかという問題ではないからだと言います。人間の子どもは生まれてからの数年間をかけてそれを育みます。チンパンジーにも心の理論が芽生えるのか否か、そしてその程度についてはまだまだ議論の余地があると言います。そんな中で一つだけ言えることは、チンパンジーと人間の四歳児は心の理論という分野では同等ではないということです。また、人間の三歳児もしくは二歳児となら似ているのかなどということよりも、実際に両種間には違いがあることを認識する方が重要だと言うのです。これらの違いは生まれによるもの、すなわち生得的なものだと言うのです。人間の環境で育てられたチンパンジーでさえ人間の四歳児ほど巧みに人の考えていることを読みとることは決してできないそうです。

私たち人間とチンパンジーとを区別する600万年間の進化の過程において、社会的モジュールが養われたのではありません。それは人類が誕生した当時からもち合わせているものなのだそうです。この600万年間で私たちが身につけたものといえば、新たな、また今まで以上に優れた社会的モジュールの用い方です。そのほとんどすべては集団生活というライフスタイルに適応することによって獲得したものなのです。言語もその一つです。もし話し相手がいなければ、言語には何の意味もありません。社会集団で生きる生命体にとってコミュニケーション能力はたいへん重要であり、ハチですら相互に伝達しあう手段を発達させているのです。