ハリスの考える進化3

典型的な狩猟採集民族や村落社会では、どの社会でも人間の赤ちゃんは生後六カ月ごろまでには赤ちゃんも自分の属する地域社会のメンバー全員と一度は顔を合わせることになるため、見知らぬ人の存在はそれだけでも十分懸念すべきこととなるのです。そこで、人見知りをはじめます。彼は何をしにきたのか。私をさらおうとしているのか。私を奴隷にしようとしているのか。まさか私を食べてしまうのではないだろうか。その答えのヒントを求めて赤ちゃんは母親の反応を観察します。母親がその見知らぬ人を大丈夫であると思っている様子を見ることができれば、赤ちゃんは安心するのです。この経緯は、私も再三現場で見て、同感します。人見知りは、親以外の人にするのではなく、それまで見知らない人にするのです。と言うのは、進化の過程でそれまでにおおむね同じ民族間では、見知った人になるからです。園でも、それまでに園全体の職員は、皆見知った人になることが必要な気がしますし、人見知りが起きてからも、多くの人と接することで、皆安心した存在であることを知ってもらった方がいいと思っているのです。

この赤ちゃんの見知らぬ人への反応を、アイブル=アイベスフェルトは「幼児ゼノフォビア(外国人など未知の存在に対する嫌悪・恐怖を指す概念)」と呼び、それは人が世界を〈われわれ〉と〈彼ら〉とに分けて考える生得的な気質の存在を示すはじめての徴候であるとしています。

子どもは教えられなければ憎悪は覚えないと考える人が多いそうです。しかし、アイブル=アイベスフェルトもハリスも決してそうは思っていないそうです。他集団のメンバーに対して憎悪をいだくのはある意味で人間(チンパンジー)性であり、その中でも最も醜いものであると言うのです。子どもたちに教えるべきことは憎悪をいだかない方法だと言うのです。ドーキンスは、人間は生まれながらにして利己的であると言いましたが、そうではないと考えているのです。そうではなくて、私たちは生まれながらにして見知らぬものに対して恐怖をいだくようにできているのだというのです。

生物学者スティーヴン・ジェイ・グールドによると、進化とはゆっくりと、細かな変化が徐々に積み重なりながら進むものではないと言います。種には安定期があり、それが何百万年もつづくこともありますが、それを経て、進化の時間基準から考えるとむしろ突然に姿を消し、新しい種と入れ替わります。種分化は、種に属していた副次集団が枝分かれし、一般的には地理的な孤立のために母集団と交配できなくなったときに生じます。この小集団は新たな特徴を進化させ、その変化によって母集団よりも順調に増殖が図れれば、最後には適者生存の競争を勝ち抜き、母集団と入れ替わることになると言うのです。

小集団は必ずしも大集団から地理的に隔離されなければならないというわけではありません。なぜなら交配しなくなる理由は他にもあるからだと言うのです。ともにヨーロッパに生息する二種類のバッタは、外見も同じで実験室では交配もするそうですが、野生下では交配しないことから別の種類とみなされているそうです。彼らが交配しないのは鳴き声が違うからです。こうしたわずかな行動の違いが彼らを引き離しているのです。