利己的

「利己的な遺伝子」論とも呼ばれているこの考え方は、進化するものは利己的でなければならないとの印象を与えかねません。生物学者リチャード・ドーキンスは次のように訴えました。

「もしあなたが、私と同様に、個人個人が共通の利益に向かって寛大に非利己的に協力しあうような社会を築きたいと考えるのであれば、生物学的本性はほとんど頼りにならぬということを警告しておこう。われわれが利己的に生まれついている以上、われわれは寛大さと利他主義を教えることを試みてみようではないか。」(日高敏隆他訳『利己的な遺伝子』紀伊國屋書店)

しかし、利己的な遺伝子を保有するからといって、利己的な存在であるとは言えません。遺伝子はまぎれもなく利己的であっても、その遺伝子の進化過程で生き延びるために必要とされれば、その中に立派な利他主義者をつくり出す指令が組みこまれることになるというのです。

人類は立派な利他主義者でもなければ、まったくの殺し好きのサルでもありません。実際にはそれぞれを少しずつもち合わせているのだと言います。だからこそアシュレイ・モンタギューのように人間を、愛と平和の象徴であるフラワーチャイルドとして描く者もいれば、リチャード・ランハムのように人間は殺すために生まれてきたとする者もいます。人間がどのような存在であるか、それは人間のどの行動を見るか、自分の所属集団の個々人に向けられた行動か、それとも別集団に向けられた行動かによって評価されます。数百万年もの間、自分と子どもたちの生活は自分と同じ集団のメンバーによって支えられてきました。だからこそ人間は生まれながらにして彼らには親切なのです。そして600万年の歴史によって人類は別集団のメンバーは危険な存在だと教えられました。だからこそ別集団に対しては生まれながらにして敵対心をいだくのだと言います。

戦闘中は自分と同じ集団のメンバーは盟友であり、武装した戦友でもあります。戦いの合間には食料や魅力的な相手を求めて競い合いました。よい時にも、悪い時にも互いに協力し合いました。それを利他行動と呼ぶことができるのかもしれませんが、結局は協力こそが生き延びるコツだったのです。明日手伝ってくれるのなら、今日私があなたを助けましょう。このようなシステムにおいては概して横着者が出現するものです。恩を受けるだけ受けて、それに報いません。しかし心は道具や武器を考案するためだけのものではありません。数千年もの間に人間は彼らを警戒することを覚えました。そしてそのような連中に警戒するようにと友人に忠告することさえできるようになりました。その間横着者の側もその巧みさを増していきます。横着者を見抜く方法を思い描いている間にも、彼らは私たちの考案した探知法の裏をかくような方法を編み出していました。それによって次にはその探知法の裏の裏をかく手段が生み出されることになります。この連鎖を「頭脳戦」と呼ぶ者もいるそうです。