よそ者や見知らぬもの

チンパンジーは見知らぬものも好まないようです。グドールが観察していたチンパンジーの群れでポリオが流行し、マグレガーという名の年配のオスはその体の一部分に麻痺が残りました。彼が、しばらくは森の中で孤立して時を過ごしていたのち、足を引きずりながら群れに戻ったとき、昔の相棒たちは彼を歓迎しなかったそうです。はじめは彼を恐れていたが、しばらくするとその恐怖心が敵意へと変わり、健康なオスが一頭彼に襲いかかったそうです。その不自由な体を殴られながら、マグレガーは無力にも体をすくませることしかできなかったそうです。別のオスが太い枝を振りまわしながらマグレガーに突進しようとしたとき、グドールは居ても立ってもいられず、仲裁に入りました。他のチンパンジーは最後にはマグレガーの奇妙な動きにも慣れましたが、彼は二度と上位のオスとしては認められることはなく、チンパンジーの社会的行動のなかでも重要であるとされるグルーミングの輪にも歓迎されることはなかったそうです。

社会的にはチンパンジーと私たちは多くの点で類似しています。同じ欠点をもち、同じ長所ももっています。人聞同様、自分たちの住む世界を〈われわれ〉と〈彼ら〉に分けます。見慣れた個体でさえ、それが〈われわれ〉の一味でなくなり、〈彼ら〉の一員となれば、襲撃の対象となります。グドールが目撃した最も残忍な襲撃は「攻撃を仕掛けた連中にとってはまったくのよそものではない個体に対して向けられた」ものだったそうです。被害者となったのは、新興のカハマ集団で、長年強い結東のもとで行動をともにしていたより大きなカサケラ集団から分離独立した集団でした。しばらくは両集団とも相互に友好的なかかわり合いをもつこともあったそうですが、いずれそれもなくなり、お互いを避けるようになったそうです。偶然にも出会った場合にはお互い闘争心をむぎ出しにしたそうです。彼らは隣り合い、しかも多少重複する領域を繝張りとしていた集団でした。

両集団のメンバーが友好的な関係を絶ってからおよそ一年が経とうとしていた頃、カサケラ集団が新興のカハマ集団に対してはじめて攻撃を仕掛けました。まずはカサケラ集団のチンパーが八頭、カハマ集団の領域目指して南方に向けて出発しました。彼らは木々の間をすばやく、そして静かに突ぎ進んでいきました。通常チンパンジーはたいへん騒々しい動物にもかかわらずです。その後のことをこう記しています。

「突然、木の上で採食中のゴディ(カハマ)に出くわした。彼はさっと木から飛び降りて逃げたが、ハンフリー、ジョメオ、そしてフィガン(ともにカサケラ)が三頭肩を並べてすぐ後ろに迫っていた。他の連中もそれにつづいていた。まずハンフリーがゴディの足を握って地面に引き倒した。そしてゴディの頭の上に座りこんで、両手でゴディの両足をもち、そのまま地面に押さえつけたのだ。他のチンパンジーがゴディに襲いかかっている間ハンフリーはその姿勢を崩さなかった。コディは逃げることも、身を守ることもまったくできなかった。」

重傷を負ったチンパンジーに対して大きな石を投げつけた後、カサケラ集団のチンパンジーたちは立ち去ったのです。その後ゴディの姿を見かけるものはいなかったことから察するに、おそらく怪我が原囚で命を落としてしまったのだろうと思われます。