言語というものの目的

3歳や4歳になると人間の子どもは人の視線の方向や顔の表情からその人が何を考えているかを推測するようになります。もしある人がもの欲しそうにキャンディバーを見つめている姿を見れば、四歳児はその人はそれを食べたいのだと論理的に考えます。うつろな表情で宙を見つめている人を見て、四歳児はその人は考え中だと言います。私たちはこのように心を読む能力を当然のものとして考えてきてしまったため、発達心理学者がこの能力に着目するようになるにはかなりの時間を要したそうです。それからまもなくして、発達心理学者たちは特定の子どもたちにはこの能力が欠けていることに気づきました。自閉症の子どもたちは目が心を映す窓であることに気づきません。それどころか、彼らは他人にも心があるということも認識していないようです。すなわち自閉症の子どもたちには心の理論が欠けているのだとハリスは言います。イギリスの発達心理学者サイモン・バロン=コーエンはこの欠如を「マインドプラインドネス」と呼んでいます。

またイギリスの別の発達心理学者アネット・カーミロフ=スミスは、自閉症とまれに見られる知的障害であるウィリアムズ症候群との比較を行ないました。ウィリアムズ症候群という先天性の病気をかかえる子どもには独特の顔の造作と知的障害が見られます。鼻は上向きでほっぺたがぽちゃっとした妖精のような顔立ちです。しかし脳は同年代の正常な子どもよりも20パーセント小さく、知能指数もきわめて低いようです。これらの子どもたちは靴紐を結べず、絵を描くことができず、ごく簡単な計算問題もできません。その一方でカーミロフ=スミスや同僚たちの報告によると、彼らは驚くほど言語感覚に優れ、社交的で、他人とも仲よくやっていけると言います。知能は低いのですが、心の理論が欠如しているわけではないのです。他人の情動に敏感で、顔や目を見るだけでその人の考えていることを察知することができます。自閉症の子どもたちとは異なり、ウィリアムズ症候群の子どもたちは相手がふざけているのか、皮肉っているのかを判別することができることがわかりました。

ウィリアムズ症候群の子どもたちには備わっていて、自閉症の子どもたちにはないものです。カーミロフ=スミスが「社会的モジュール」と呼ぶそれは、脳の中でも社会的刺激や社会的行動を司る分野です。自閉症の人たちが、話せるようになっても意思疎通が難しいというような言語で四苦八苦するのは、言語というものの目的が、人の心に思いを伝えることであり人の心から思いを引き出すことにあることを、彼らが理解できないからなのです。

チンパンジーと自閉症児とは違います。チンパンジーはむしろウィリアムズ症候群の子どもに似ていると言われています。グアは親代わりであった人間の顔の表情や視線の方向にたいへん敏感でした。いたずらをしようとするときには親代わりであった人間が自分を見ていないかどうかを確かめてから行動したのです。彼らの表情に不快さを読みとれば、その行為をすぐに中断しました。進化の過程において同じ種に属する他の個体と生活をともにすることに適応した生命体であれば、このようになんらかの社会的モジュールが必要となります。チンパンジーの社会生態は私たちの社会同様、複雑なのだとハリスは言います。