戦いの勝者

横着者はささいな脅威にすぎませんでした。山の向こうにはより大きな危険が迫っていたのです。敵が兵力を結集していたのです。ジェーン・グドールは、こんな言葉を残しています。

「初期の戦闘行為は、知能とますます洗練されていく集団構成員間の協力とを発達させる淘汰圧になったのではないだろうか。ある集団の知能と協力態勢、そして勇敢さが増せば増すほど敵にもそれが要求されるようになることから、この過程はエスカレートされていく。」

都市エリコから煙が消えた時、横着者も協力者も分け隔てなく殺されました。臆病者も、勇敢な兵士も分け隔てなく命を落としました。こうした戦争で勝者に与えられるのは進化だとハリスは言います。彼らの戦法をどれだけ嘆いても、彼らこそが私たちの祖先となったのだというのです。

人類の祖先は、およそ600慢年前にチンパンジーとの共通祖先から分岐しました。600万年という年月は進化の過程としては決して長くはありません。人間と現生チンパンジー、「パン・トログロダイテス」とは96パーセントものDNAを共有する間柄です。人間とチンパンジーとのDNAレベルでの距離は鳥の近縁種であるアカメモズモドキとメジロモズモドキとの間よりも近いとハリスは言います。

新たな種の誕生には多くの遺伝子が必要なわけではないそうです。分類を決定する臨界期に組み合わせがわずかに変わるだけで、結果は大きく変化します。たとえば、人間の体毛の薄さに関連する遺伝子はごくわずかしかなく、進化の過程でも比較的短期間のことだったに違いないようです。人間の体にはサルと同数の毛穴がありますが、そのほとんどからはわずかな毛しか生えてこないそうです。メキシコのある家族では、そのうち何人かに顔中まぶたまで毛に覆われるという突然変異が起こる場合もあるそうですが、それを誘発しているのはたった一つの遺伝子だということがわかっているそうです。

人聞の直立歩行もまた比較的短期間で進化した特徴です。「アウストラロピテクス・アファレンシス」という、最初に化石として発見された「ルーシー」とその仲間たちの脳はチンパンジーの脳とほぼ同じ大きさで、しかも彼女たちは直立歩行していました。350万年前のアフリカでの話です。

形勢がおもしろくなってきたのは250万年前に「ホモ・ハビリス」が登場してからです。彼らの脳はそれまでの霊長類の脳よりもはるかに大きかったのです。道具をつくり、使用する能力をもっていたことから、器用な人という意味の「ホモ・ハビリス」と名づけられたのですが、後になってわかったそうですが、彼らは道具を使ったはじめての霊長類ではありませんでした。チンパンジーも石を武器にし、実を割るときにもそれを使います。さらに用意された木の枝を使ってシロアリ釣りもします。

次に登場したのが、150万年前の「ホモ・エレクトゥス」です。資料によってはエレクトゥスをハビリスと同系統と位置づけているものもあるそうですが、状况はそれほど単純なものではないようです。ヒト科、そして前ヒト科の多くが過去600万年間、アフリカとの往来を繰り返していたからです。残された数本の骨からだけでは、どの種がどの種の系統をひくのか、どの種が絶減したのかを見分けることは難しく、実際にはほとんどが絶滅していたのです。

戦いの勝者” への7件のコメント

  1. 戦いで命を落とさず生き残ったヒトの末裔がわたしか?殺される前に誰かに遺伝子が引き継がれ、またそのヒトも死ぬ前に誰かに遺伝子を引き継ぎ、そうして今の私がある。とはいえ、ハリス女史が言う「戦争で勝者に与えられるのは進化」そしてその勝者の末裔がわたしたち。「たった一つの遺伝子」による「突然変異」で「新たな種の誕生」につながる。この事実は驚きです。今の時代、遺伝子組み換えやら何やらが盛んに行われています。私たちホモサピエンスの中にも突然変異による新たな種がうまれているかもしれませんね。とりあえず、350万年前のアウストラロピテクス・アファレンシスから始まる流れは250年前のホモ・ハビリス、そして150万年前のホモ・エレクトスと続きます。結局、ホモ・サピエンスで今に至る。今発生している新種のホモ・なんちゃらが一時代を人類史に刻むのはあと100万年後かも。たかだか100年くらいしか生きられない私たちには万年単位の時間の流れは途方もないですね。

  2. わずかな遺伝子の差が種に大きく影響していることを再認識させられます。そのわずかな差が人とチンパンジーのように外面を含めた大きな違いになるのですから、生き物の遺伝子、進化というものは本当に不思議で神秘的なものですね。そして、その進化は現在進行形なのでしょうから、そのうち何千年、何万年、もしかすると数年後かはわかりませんが、新しい種も誕生するのだろうと思えます。アメコミのX-MENの話もあながち非現実的ではないと感じてしまう理由がそこにあります。

  3. 「人間とチンパンジーとのDNAレベルでの距離は鳥の近縁種であるアカメモズモドキとメジロモズモドキとの間よりも近いとハリスは言います。」こういった例が取り上げられると、改めて人間とチンパンジーの近さを感じます。また、動物園でサル山を見ていたりすると、まるで人間を見ているようで本当に面白いと思います。そんな風にじっくりサル山を見ることが趣味の愛好家の方もいるようで、そこに社会を見たり、人間を見たり、何かを重ね合わせるのでしょうね、その近さが教えてくれることの大きさに気付かされる思いがします。

  4. 〝600万年という年月は進化の過程としては決して長くはありません〟という言葉が印象的でした。人間は100年くらい生きるとして、その100年は人類の進化からみるとごく小さいものであるんですね。でも、突然に新しい種が誕生したりする、ホモ・サピエンスから次の種が誕生する時に立ち会いたいものです。

  5. 戦い、争いの果てに何があるのか?と思うと、虚しさや罪悪感、嫌悪感なとが生まれるように思えますが、それが、勝者ならば進化を与えらるれるのですね。確かに勝者といいものは、生存競争に勝ち、未来へと遺伝子をつたえることができる、そうすると、そこでの遺伝子的経験が次世代へと受け継がれる、こういったなかに戦うことで得られる進化を感じました。

  6. 「新たな種の誕生には多くの遺伝子が必要なわけではないそうです。」とあるように変化するためには何か多くの遺伝子が必要だも勝手に思っていたことが覆されています。わずかな遺伝子で我々は変化を続け今にもいたるのですね。全く関係ないですが、道具を使い始めたこたなどを人類からと遡ると今携帯で打っていますが、現代の進化には600万年前には想像もできないことですし、改めて人類のすごさを感じます。いつも人類の話となるとこんなことを別で考えてしまいます。勝者に与えられるものは進化というのもなにか究極な感じがしますね。

  7. 「戦争で勝者に与えられるのは進化」とハリスは言いました。我々、人類は様々な争いの中で生き延びて、ここまで進化を遂げてきたわけですが、それと同時に絶滅してきた種もいます。生存するか、滅びるか、究極の二択だとブログを読んで思いました。さらに新たな種の誕生に多くの遺伝子が必要ではないということは、今私たちが受け継いでいる遺伝子は、ほぼ純粋なヒトが進化するために必要な遺伝子のみを受け継いでいると思うと、ますます個人的には感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です