ハリスの考える進化11

最後の理由は親子間の利害の衝突だとハリスは言います。進化生物学者ロバート・トリヴァーズが指摘するように、親にとって最適なことが子どもにとって最適であるとは限らないのです。離乳がその一例だと言います。母親は次の子どもをつくりたいと願い、離乳を試みますが、子どもにしてみればいつまでも母親のおっぱいを飲みつづけたいし、次の子どものことなんてどうでもいいのです。トリヴァーズはこの利権争いこそが下の子が誕生したときに上の子が赤ちゃん返りを起こす原因だと言っています。幼いサルにも同じ現象が確認されているそうです。親の関心は優先的に一番下の子、もっともかよわい子どもに向けられることから、赤ちゃんのように振る舞うことで親の関心を引こうとするのです。最も切実さを訴える演技ができた子どもが一番先に親の関心を得ることができるのです。

親の利害が子どもの利害と一致しないケースは他にもあると言います。親は、娘には家で老後の世話もしくは兄の子どもの子守をしてもらいたい、もしくは婚資を多く支払ってくれる年配の富豪と結婚してもらいたいと願いますが、娘の考えは別にあるかもしれないのです。トリヴァーズは子どもがとるべき手段は自分の利権を行使する機会をうかがいながらも、親との良好な関係を保ちつづけることだと結論しているそうです。

科学史研究家のフランク・サロウェイは彼の著書『生物の社会進化』の中でこんなことを言っているそうです。

「役に立つ情報を知ることが望ましいが、親が公平に教えてくれる当てはない。親による操作の中には、前もって作られたプログラムによって対抗できるものもあるが、無防備なものもあると考えられる。親が自分勝手な強化方法(罰と報酬)を用いて子供を操作し、子供にとって一番の利益になるよう行動させないなら、子供はそんな強化計画に反抗するようになる。子供は初めは従うかもしれないが、同時に自己利益を表現するための代わりの手段を探し求めるだろう。」中嶋康裕他訳産業図書)

彼の言うとおり、親子間の葛藤はつまるところきょうだい間の葛藤となります。子どもはそれぞれ分け前以上に家族の富を欲し、親はその富を最も有効に利用できるよう配分します。だからこそきょうだいとは生まれながらにしてダーウイン的な生存競争に巻きこまれたライバル同士なのだとサロウェイは言うのです。彼がきょうだい関係の見本とするのがカツオドリです。カツオドリはヒナの中で一番体格のいいヒナが親の関心をめぐる競争を低減するために一番小さなヒナをつつき殺すのだそうです。

とはいえ、私たちはカツオドリからは大きく進歩しました。より学ぶべき点が多いきょうだい関係の見本といえば、近縁のチンパンジーだと言います。ジェーン・グドールによると、同じ母親から5、6年の間隔(この種では一般的な出産間隔)で生まれた二頭のオスのチンパンジーは、子どもの頃は遊び仲間としての関係を、成長してからは盟友関係を築きます。弟がまだ小さい頃は、兄はやさしく彼を守るそうです。二人が成長するに従い、遊びも乱暴になります。いつかは弟が兄の支配に抵抗するときが来ますが、その事態が解消されると、二頭はもとの友好関係に戻るそうです。こうした友好関係はオスのチンパンジーにとってはたいへん重要だそうです。他のオスとの支配闘争の際にお互いを助け合うことになるからだと言います。霊長類の間では、「大きい兄ちゃんに仇とってもらうからな」というのはまんざら脅しだけではないのだとハリスは言います。

ハリスの考える進化11” への9件のコメント

  1. 「親子間の利害の衝突」上げられた理由の最後にこのような内容があり、子どもは自立した、もしくは自立しようとする一人の人間であることを改めて感じさせます。そしてそれは即ち白紙論ではない、有能論の上に成り立つ子ども像であり、また、実際に論というイメージの中だけでない真実の子どもの姿なのでしょう。聞き分けのいい子、親の言うことを何でも聞き入れる子が親にどれだけ気を遣っていて、どれだけ寛大に振舞っているか、そしてそれは子どもにとってどれだけ大変なことであるか。素直さという言葉が見直される時代になっていることをひしひしと感じてしまいます。

  2. 親の利害と子の利害。その衝突と調和。子であったり親であったりする自分の人生を振り返ってみても、なるほど、と気づくことがある、今回のブログでした。「赤ちゃん返り」を紹介された視点がみると実にわかりやすい。親に対して子が自分の利害を優先させたい行為の現れ。上の子がかわいそう、とかいうことではなく、ヒトの親子間においては極めて全うな子どもによる行為と受け止めることができます。「親子間の葛藤はつまるところきょうだい間の葛藤」につながる。「ダーウイン的な生存競争」。兄弟とはそもそもそういう関係か。兄弟仲のことについては、いろいろとあると思いますが、私の場合、生存競争的なことがあったか?と振り返ってみるのですが、おそらく弟妹からすれば、生存競争的な感覚があったのかもしれません。「兄は勝手だ」とか、そういうことを妹に言われたこともありましたからね。何気に「ダーウイン的な生存競争」を兄弟間でやってきたのでしょう。4人兄弟の年長者である私はそのあたり鈍感ですから。

  3. 私も子を持つ親でもあるので色々と考えさせられます。我が子を親の支配下に置きたいという気持ちはまんざら分からなくもありません。私自身も家業をつぐ継がないで、そのような状況に置かれましたし、今、我が子に対して支配とはいかなくても、こうあって欲しいという想いはあり、実は無意識のうちにそちらの方へと誘導しているのかもしれません。「子供にとって一番の利益になるよう行動させないなら、子供はそんな強化計画に反抗するようになる」というのは私自身も通ってきた道ですし、親が子どもに期待する理想像というのは所詮、幻想であり、子どもはそんなものをやすやすと超えていくのでしょう。

  4. 〝親にとって最適なことが子どもにとって最適であるとは限らない〟というのが最後の理由であるということでした。親としてこのような言葉は肝に命じておかなければならないと思ってはいますが、実際はどうなんでしょうね。
    子どもからみた自分たち親というのはどのように写っているのでしょう。「たまにしかいないのに何言ってんだろ」とか思われてるかもしれませんが、上記の抜粋した文章を思い出しながら子育てしていきたいです。

  5. 最初の文章を読んでいると、改めて、子どもは操り人形ではなく、人格をもった形成者であることを感じるとともに、そうしたなかで、生き方を見つけながら成長していると思います。そうした成長こそが自己自立へと現れ始め、
    “手段は自分の利権を行使する機会をうかがいながらも、親との良好な関係を保ちつづけること”という姿が見られ始めるのかなとも思います。

  6. 「親にとって最適なことが子どもにとって最適であるとは限らないのです」という冒頭の文は我々親には念頭に置がなければならない言葉とだと重く受け止める次第です。また子ども側からすると「子どもがとるべき手段は自分の利権を行使する機会をうかがいながらも、親との良好な関係を保ちつづけること」とあります。子どもながらに様々なことを考えていることはわかります。親と子どもの利害の擦り合わせは普段の生活の中で行なっていかなければならないことだと感じます。それを忘れてしまうと親の利害のことばかりになることを気をつけなければならないですね。

  7. 最後の兄弟のくだりを読んで、私の兄の関係を思い出しました。私がまだ幼稚園〜小学校低学年まで一緒に遊んでいましたが、そのうち頻繁にケンカをするようになり、それがまたピタリと止み元通りになりました。親子間の葛藤、そしてきょうだい間の葛藤、人間はこうした葛藤をあえて経験するように仕組まれているのか?と思うくらい、生まれてから葛藤と隣り合わせのように思ってしまいましたが、その葛藤が子ども自身を成長させ、よりヒトらしく育ててくれるのだと思いました。

  8. 赤ちゃんが生まれたときに上の子どもが赤ちゃん返りするのは生きるためのすべとしてあるのですね。確かにきょうだいは身近にいるライバルであり、その利権争いは起きることと思います。「親が自分勝手な強化方法(罰と報酬)を用いて子供を操作し、子供にとって一番の利益になるよう行動させないなら、子供はそんな強化計画に反抗するようになる。」というフランク・サロウェイの言葉は子どもたちにおいて、様々な問題を生む要因であり、過保護や過干渉、放任といったもののうらにはこういった子どもの強化計画への反抗があるのでしょうね。
    きょうだいの出現における子どもの葛藤や変化は起きるべくして起きることであり、そこにどう関わるかは子どもそれぞれによって違ってくるのでしょうね。

  9. 親の利害が子どもの利害と一致しないことがあるということでした。親子の関係であったも互いの利害がぶつかることはたくさんありますね。そう思うと、人が人と関わることはそういった利害と利害がぶつかるということでもあるのかもしれません。そういった葛藤をどのように処理していくのか、消化していくのかということが大切になってくるのかもしれませんね。「いつかは弟が兄の支配に抵抗するときが来ますが、その事態が解消されると、二頭はもとの友好関係に戻るそうです」とありましたが、この感覚はなんとなく分かるような気がします。解消といえるかは分かりませんが、弟は完全に私の支配下にはいません。中学生くらいまでは支配下にいたように思います笑。それが友好関係になっていくのかというのはこれからなのかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です