ハリスの考える進化10

第二の理由は多様性だと言います。親とまったく同じ子どもをつくり出すのなら、クローンが最も手っ取り早いと言います。実際その方法に頼る植物、動物もいます。クローンはたいへん効率がいいのです。ノアももしクローンにより増殖する種ばかりを方舟に乗せていれば、その時間は半分ですんだはずだと言います。何しろ一種に一体あれば十分なのだからです。しかしクローンで生まれた個体はきょうだいたちとまったくそっくりで、一体を死にいたらせるもの、たとえば有害な微生物などはすべての命を奪うことになりかねないと言います。卵子と精子の結合ごとに遺伝子の組み合わせが異なる有性生殖が編み出されたのは、多様性に富む子孫を残すためであり、それが大型生命体が彼らを苦しめた微生物よりも優位に立つことを可能にしたのだったのです。しかしながら、子孫間におけるばらつきは他にも利点があると言います。多事多端な時代にあっては、ある子孫が新しい状況に適応して生き延びる可能性を生み出します。多難な時代であれば、家族が生存できる生態的地位を増やすことになるのです。時代の善し悪しにかかわらず、家族内でのばらつきはより広範囲にわたる技術や知識の基本層の拡がりを可能とし、それは家族全体にとって有益となるというのです。

ノアが方舟に乗せた他の動物たちのように、人間もどのように行動するかという特徴の多くを親から受け継ぎます。もし親が遺伝的にだけでなく、環境的にも影響を及ぼすのであれば、子どもたちは親に酷似しすぎることになり、それは子ども同士が酷似しすぎることにつながってしまうのです。まるで小さなクローンであるというのです。

子どもは親によって。プログラムされるという考え方が進化に反するという第三の理由は、子どもは必ずしも親を当てにできないということだとハリスは言います。今日、シングル・ペアレントの元で育てられる子どもたちの行く末が案じられ、神聖なる契りを交わした二人が両親であった50年前の古きよき時代と比較されます。しかし異性同士の両親が揃っていることは、私たちの先祖の時代でも当たり前のことなどではなかったそうです。人類学者ナポレオン・シャノンは、ブラジルとベネズエラの熱帯雨林に生息するアマゾンのインディオのヤノマミ族では、10歳の子どもが生物学的な両親と同居する割合は三人に一人であることを報告しているそうです。結婚の20パセントはダメになってしまうとシャノンは推測しているそうです。ヤノマミ族の離婚率は比較的低いのですが、代わりに死亡率が高いそうです。部族社会では、親を亡くすと子どもが生き延びる可能性は低減しますが、決してゼロにはならないそうです。もし学ぶべきものを学ぶために親が必要だというのであれば、親を亡くすということは先祖の時代では死活問題であったはずだというのです。

ハリスの考える進化10” への9件のコメント

  1. 「もし学ぶべきものを学ぶために親が必要だというのであれば、親を亡くすということは先祖の時代では死活問題であったはず」古くは乳母のように育ての親という立場があったことを思い出すと、なるほど改めて上記抜粋の文章の理解に至ります。人間はその原理を肌で知っていたかのようですね、それを様々な人々の人生が物語っているようです。
    遺伝と環境、その最たる位置に親という存在があるように考えられてきましたが、複合的な要因でその子、その人が成立していることがわかってきました。それは親の肩の荷を軽くさせる要素をもっていると同時に、軽くなった分背負えるもの、自身の向上という課題が人間にあることを暗示しているかのように思えてきます。

  2. 親はなくても子は育つ。子どもの頃は積極的にこのことを肯定していましたが、子を持つ親となった今日、とはいえ、親の一人として一抹の寂しさを感じます。しかし、親は子の道行に感化できない。子はやはり子の人生を歩み、自分自身の家族や他者関係を親のそれとは異なる形で作り続けていくのでしょう。まぁ、何はともあれ、ホモ・サピエンスはそうして今日を迎えている。親がいなければ子は育たない、ということになれば、ホモ・サピエンスは当の昔に滅んでいたことでしょう。生みの親より育ての親、とも言います。この時点で生物学的親は、育ての親すなわち社会学的親に優位の座を譲っていることになります。生物学的生みの親は社会学的育ての親へと変化していく、ということが必要なのかも。つまり、子どもが生まれて後、さまざまにメタモルフォーゼしていくように、親も伴ってメタモルフォーゼしていく。このことが上手くいかない時、親子の間で悲劇がおこることになるのかもしれません。

  3. 確かに一種に一体あれば十分なクローンであれば効率的ですし、種としての安定も図れそうなものです。しかし、そうではないというよりも寧ろ、進化的にも人という種はそれを許さなかったのではないでしょうか。同じもの、同じ考え方しかない社会や世の中はきっと何の面白みもなく、つまらないものだということを生物の本能として理解していたのではないでしょうか。違いがあるからこそ、様々な意見が生まれ、対立もありますがそれによって新たな可能性も生まれるわけですから、多様性によってこの社会、そして人は存在していると言える気がします。世の中や社会が多様性に満ちているのは当然のことであり、それを受け入れてこそ、人は次なる進化の一歩を踏み出せるように思えます。

  4. 確かに、親と同じでいいのであればクローンで十分に事足りるのでしょうね。なんで、有性生殖という方法を用いて子孫を残しているのか、ということを考えなくてはならないということですね。すごく深い内容で教科書では教えてくれないもので、とても面白いです。
    多様性が人間の進化的に必要であるというなら、画一的な教育というのは、必ず歪みが生じてしまうものだということは容易に想像できます。画一的にすることは難しいことであるのだと思われます。一人一人の発達に合わせることが必要であることが理解できますね。

  5. 人は、人が個性を持ち合わせているのには、”卵子と精子の結合ごとに遺伝子の組み合わせが異なる有性生殖が編み出されたのは、多様性に富む子孫を残すためであり、それが大型生命体が彼らを苦しめた微生物よりも優位に立つことを可能にしたのだった”という内容に確かにと思う部分があります。人の多様性こそが、生きる道を切り開く道しるべになるのでしょうね。こうしたことからも、同じことをさせようとするのではなく、自ら考え行動できる環境でなければならないと思います。

  6. 「多事多端な時代にあっては、ある子孫が新しい状況に適応して生き延びる可能性を生み出します。多難な時代であれば、家族が生存できる生態的地位を増やすことになるのです」という多様性があるからこそ人類が生き延びてこれたことを示していることがよくわかります。人類は「技術や知識の基本層の拡がり」を可能にしてきたのですね。その人類は尚且つ多様性であることで進化のみならず、生きる楽しささえも生み出していたのかもしれないと想像します。その発想すごいね、など思いつかないことをする子孫がいることがいることで生きる活力にもつながるのですかね。安易な考えかもしれませんが。

  7. 「学ぶべきものを学ぶために親が必要だというのであれば、親を亡くすということは先祖の時代では死活問題」と最後に書かれています。聞いた瞬間、では親の存在意義というのは何だろう?と考えてしまいましたが、それこそ子どもが安心できる存在であり、何かを教える、指導するという存在ではないのかもしれません。それは周りの友人であったり、親ではない大人が自然と行ってくれる事のような気がします。クローンという単語もできてましたが、確かに親と酷似していると前半に書かれてあったように、有害な微生物によって全ての命を奪われかねません。それを防ぐために、あえて多様性に富む遺伝子を残すことで生き延びて来たように、親子も関係なく、人は全て違う事、多様性が大切ということを再認識しました。

  8. 多様性というものがいかに生存に必要なものかということがわかる内容ですね。確かにクローンという技術をもってすれば、同じ子どもを作りだすことができます。実際そういった生物も存在していますし、進化の過程としてはありえるのでしょう。しかし、それをしない選択をとって進化していたった生物はそこに利点があったからでしょうし、「ある子孫が新しい状況に適応して生き延びる可能性を生み出します。」という側面があるのですね。本来の人間や生物の特性として多様性があることで、生き延びてきたということを考えると、何かを一方的に教えるというような教育の行い方ではなく、その人そのものの能力を引き出すような教育のあり方が求められてきます。「学ばなければいけない」ものではなく「学びたいもの」が教育であるはずなのですが、なかなかそれが今の高度な社会においてはそのバランスをとるのが難しい時代なのだと感じます。

  9. 多様であることが、人類の繁栄を可能にしたということからは色々なことを考えさせられます。人類はそのように生存戦略をとってきたのに、今の教育というのは多様どころか、同じような人間を作り上げるかのような教育を行っていますね。人類の生存の歴史からは真逆の方向を向いてしまっています。「しかし異性同士の両親が揃っていることは、私たちの先祖の時代でも当たり前のことなどではなかったそうです」とありました。両親が揃っていることが当たり前に思ってしまいますが、長い歴史を考えた時に、それは必ずしも当たり前なことではないのですね。だからこそ、集団が存在し、その集団の中で子育てを行っていたということが改めて納得させられるような内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です