サルとの区別

ハリスが紹介する事例、ハリスが考察する内容、どれをとっても、私にとってわくわくするものばかりです。それは、私が考えていることをまさになぞってくれるからです。その点では、他にも最近の研究には、大いに刺激されます。過去の研究の中で、実際の子どもと乖離している部分、疑問に思う点、様々なつっかえが、これらの研究、考察によって取れていくのを感じます。

さらにハリスはこう考えます。もしグアが動物園に戻らなければ、ドナルドの英語はどうなっていたでしょうか?もちろん、話せるようにはなったでしょう。以前紹介したアメリカに移住した直後の親を持つ子、聾者の子どもについての例があります。これらの子どたちは家庭では英語を使いませんでした。しかし、彼らは家庭の外で英語を身につけたのです。おそらく同じことがドナルドにも起こり得たのでしょう。もし親と意思疎通を図るために英語が必要でなくても、近所の子どもたちと意思疎通を図るためにそれを身につけることになったでしょう。ドナルドの社会範囲が拡がり、グア以外の遊び友だちとも接触するようになれば、彼は家庭以外の場所では誰もチンパンジー語を話さないということに気づいたでしょうから。

しかし言語だけが人間とサルとを区別しているのではありません。19カ月でようやく芽生えはじめた違いの中には、同様に重要で興味深いものもあります。人間の子どものもつ認知能力を研究している心理学者たちの間でとくに注目を集めているのが「心の理論」なのです。

これらの研究者たちによると、子どもは四歳になる頃には心の理論が形成されているといいます。自分には、心というものがあり、他人もまた同じく心をもっていることを子ど自身が理解する、それが心の理論です。自分の心の中には考えや信念がぎっしりとつまっており、他人もまた考えや信念をいだいていると推測します。さらにそれらの考えや信念が必ずしも正しいとは限らない、間違った信念をいだくこともあるということを彼らは理解しています。それどころか自分の裁量次第で他人に間違った情報を与え、その結果その人に間違った信念をいだかせることができることも彼らは知っています。これを理解できたとき、子どもははじめて意図的に嘘をつくようになるのです。

心の理論は歳を重ねるごとに複雑化していきます。人の行動はある事象そのものではなく、その人の考えやかかる事象に関していだいている感情によって決定されること、そして個人がとる行動を予測するためにはその人が何を考え、何を思っているかを知る必要がある、と私たち大人は承知しています。他人が何を考え、何を思っているかを洞察することを専門とする人もいますが、素人でもそれは十分可能なのです。なぜなら自分の心の中身を隠そうとする人はまずいないからです。それどころか、人は常に自分の考えや感じたことを口にします。言語が担う役割の一つに、他人の頭の中につながる直通電話線の役割があると言われています。それによって相手が何を考えているのか、はるかに簡単に見抜くことができるのです。その一方で、もし誰かが私たちを欺こうと企めば、言語はいとも簡単にそれを実現してしまうのです。

サルとの区別” への7件のコメント

  1. 言語と心の理論、ヒトとサルを分ける大きな項目です。それはヒトの特権でもあり、それを用いなければヒトとサルの境界が曖昧になってしまうかもわからないという、ヒトとして認められる為の義務的な役割も担っているように思えてきます。本能的で自制心に欠ける行動や、思いやりのない発言はある意味ではその境界線を跨ぐような行為かもわからず、昨日の自身を振り返りながら、自省しながら新しい今日を始めたいと思います。

  2. 心の理論と嘘の関係性を知ると、嘘に対する捉え方が変わってくる気がします。善し悪しは別として、子どもは誰にでもすぐにバレてしまうような単純な嘘をつくことがありますが、それは相手の考えや信念にも意識が及ぶという高度な次元に到達したからこそ出来ることだったのですね。また、言葉は自分の考えや思いを他者に伝えるツールであるとすると、子どものつくシンプルで分かりやすい嘘は、子どもの持つ心の純真さを表しているようにも思えます。一般的に嘘は決して許されるものではありませんが。それを踏まえると、相手のことを想ってつく「優しい嘘」というものも理解できるような気がします。

  3. 相手あっての自分存在です。常に、私以外のヒトと交信しながら今の私が存在しています。こうした思いはまさに、「心の理論」のなせる業でしょう。4歳ごろ、この心の理論にヒトは気づき始める。そして、嘘もつき始める。しかし「もし誰かが私たちを欺こうと企めば、言語はいとも簡単にそれを実現してしまうのです」。欺く、欺かれる人間関係。これは決して幸福な関係とは言えないでしょう。振り込め詐欺、おれおれ詐欺、この両者に「欺」とい字が宛てられていますね。警視庁の調べでは、今年7月までの振り込め詐欺被害総額が202億円。「言語はいとも簡単にそれを実現してしまう」の結果です。「言語が担う役割の一つに、他人の頭の中につながる直通電話線の役割がある」この役割を利用した犯罪でしょう。考えてみると、私たちの喜怒哀楽のおおよそは言葉による、そんな気がします。チンパンジー語を話すチンパンジーたちはどうなのだろう?言語とはそもそも善悪の此岸にある。

  4. 人間とサルを区別する大きなものが心の理論ということなんですね。読みながら興奮をしていくのを感じました。人を欺く、嘘をつくなどなどの行為もこの心の理論があるからこそなさるものであるということ、しかと自分の中に刻まなければならないことだと感じました。子どもたちの発達の途中、道半ばであるということを合わせれば、子どもがそのような行為を言ったりしたりした場合に、どのような関わりが望ましいのかということ考えていかなければならないと思いました。

  5. サルとの成長の違いに心の理論があることが内容にかかれており、”自分の裁量次第で他人に間違った情報を与え、その結果その人に間違った信念をいだかせることができることも彼らは知っています”とありました。これは、相手という存在が心を持っているからこうしてみよう、言葉は違うのかも知れませんが、心のなかでの言葉の会話を経験することで、相手がどう思っているのか、様々なことを考えながら関わろうとするのかなとも思います。

  6. 「言語だけが人間とサルとを区別しているのではありません。」というところから心の理論へと移っていくわけですね。確かに言葉だけでは区別できないことだなと感じていたところからの発展です。「個人がとる行動を予測するためにはその人が何を考え、何を思っているかを知る必要がある、と私たち大人は承知しています」とありますが、これは人と関わるからこそ備わっているといる部分だということがわかります。いかに祖先が協力してきたか、そのおかけで備わった力なのではないかと感じます。なにかそれている気もしますが。

  7. 「心の理論」は確かにサルには難しい能力かもしれません。それは人と会話をする事で相手の気持ちを知り、そして自分の気持ちを相手に伝える事で、自分と同じように相手にも「心」があると認識するという感じでいいのでしょうか。ちょうど今年、5歳になる長男ですが、言われてみると、そういう会話が増えたような気がします。「そんなこと言うと傷つくよ」「どうしてそういう事を言うの?」と自分の気持ちを表現し、相手の気持ちも理解しようとする言葉が増えてきました。改めて保育室にあるピーステーブルの素晴らしさ感じた瞬間であり、とても重要な環境の一つですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です