予想外の結果

もし笑い性がすべて遺伝によって規定されるものであれば、一卵性双生児は笑い性においても酷似するはずであり、彼らが一緒に育てられようと別々だろうと差はないはずです。もし笑い性がすべて環境によって規定されるものであれば、一卵性双生児であっても二卵性双生児であっても、養子縁組によるきょうだいであっても、一緒に育てられていれば皆笑い性の程度は同じになり、別々に育てられていればその程度はまったく異なることになります。最後に、もし笑い性が遺伝と環境の相互作用によるものであれば、これが本命であることは間違いありませんが、共通する遺伝子をもつ二人は笑い性の程度がどことなく似ていて、同じ家庭で育てられた二人もどことなく似ていますが、同じ遺伝子をもちかつ同じ環境で育てられた二人こそその程度が最も似ていることになるはずです。

この推論は、論理的に聞こえるかもしれませんが、はたしてそうでしょうかとハリスは問いかけています。もう一度考えなおしてもらいたいと言うのです。もし笑い性が今まで研究されてきた他の特性と同じパターンにはまるのであれば、私たちが辿り着くべき答えは前述のいずれでもないことになると言います。

予想外の結果が出だしたのは1970年代半ば頃からだそうです。1970年代後半には行動遺伝学が礎としてきた大前提が間違っているのではないかと疑問視されるほど多くのデータが揃い始めてきました。そのデータが示しているのは、遺伝子の作用に関する前提が疑わしいのではありません。それはまったく問題ありませんでした。遺伝子を共有する人々は共有しない人々よりも性格的に似ています。正しくないのではないかと疑問視されたのは、共有する環境の影響に関する前提でした。同し家庭で育てられた二人は、別々の家庭で育てられた二人よりも際立って似ているわけではないという結果が次から次へと表出したのでした。しかもそれらの結果は、すべては遺伝に由来するという前提にも当てはまらなかったのです。遺伝的につながりのある者同士でも十分に似ているとは言えず、相関関係が低すぎたのです。遺伝子とは別の何かが被験者の性格に影響を及ぼしているのですが、それは彼らの育つ家庭ではないようだったのです。仮にそれが家庭環境だとすると、その影響は何とも不可解な形で及ぼされていることになると言います。きょうだいが似るように影響しているのではなく、似ない方向に影響していることになるのだとハリスは言います。

多くに人は、なぜその結果が予想外なのかと不思議に思います。同じ家庭で育てられたからといって、どうして二人が似なければいけないのか。親が内気で表情に乏しければ子どももそうなるのか、それともその反対になるのか、どちらも考えられるのではないかと思います。陰気な親と性格がまったく対照的な、一人が親のように陰気で、もう一人が明るく愉快であるというような二人の子どもが家族として暮らしていてもおかしくないではないかとハリスは言います。

問題なのは、行動遺伝学者を含む子どもの発達研究に携わる人々が、親の態度、性格、さらには育児習慣が子どもたちにどのような影響を及ぼすのか、それを大方予想できると考えていることだと言います。疫学名は特定の食習慣やライフスタイルが個人の健康や寿命にどのような影響を及ぼすかを予測しようとします。発達心理学者は親の行動や育児スタイルが子どもの心の健康や性格にどのような影響を及ぼすのかを予測しようとします。

予想外の結果” への6件のコメント

  1. 子どもが善く育つ、善く、とは表現が適当かわからないのですが、子どもが善く育っていない場合において、家庭の影響というものが全てを占めていないという見解はその子の救いでもあり、保育者としては可能性であると感じることができるように思います。話が逸れてしまうかもわからないのですが、それはある意味では、悪条件な家庭環境で育ち、大人になった際に家庭環境のせいだけにできないということでもあるように思えました。良くしてくれた人や良くしてくれた環境がどこかにあったはずで、そのことへの感謝を出来るか出来ないかはその人の問題と言えるかもわかりません。保育者としては、その記憶に残る残らないは別として、目の前の子どもたちの救いであるべき存在なのかもわかりません。

  2. 〝同し家庭で育てられた二人は、別々の家庭で育てられた二人よりも際立って似ているわけではない〟とあります。考えてみれば当然のことですが、同じ家庭であれば似るという見解もいつの頃からかの刷り込みによるものであるのかとも思いました。
    ですが、その子どもにとって合う家庭と合わない家庭とあるのではないかと思いますが、その影響だけがその子のことを決めるものではないということは、子どもたちにとっても、自分たち乳幼児が集まる場所にいる大人にとっても良い情報ではないかと思います。
    もしかしたら、主体的である人間は影響を受けるもの受けたいものも選んでいるのかもしれないと考えてしまいました。そして、なりたい自分になる、そんな気がします。

  3. 同じ遺伝子をもっているからといって同じ環境にいれば、より類似するわけではなく、それぞれに価値観をもっていれば、それぞれに性格に違いがあるということが読み取れました。となると、環境によるものが大きいのかと考えてしまいます。環境によるものが要因として大きいのであれば、養育者、教育者となるものの人格に与える影響力の大きさというものを感じます。多様な親がいるなかで、その別々のこどもが似ると言うことはあるのだろうかという疑問を持ちます。父が悲観的、母が楽観的という両親のもとで育った何組かのこどもの性格はどうなんだろうと考えてしまいます。

  4. 今回のブログを読みながら、全世界において現在先進的とされる保育形態が出始めた「1970年代後半」と何か合致するものがあると直観しました。まぁ、私の直観は充てになりませんが・・・。そして、思い出したことがあります。それは、現在私がお世話になっている法人及び初代園の始まりが1979年ということです。私が勤める園は、世界潮流に呼応して誕生した法人の園だ、ということがわかりました。このことは結構充てになる私流論考による結論です。確信があります。さて、ブログの内容に戻ります。「問題なのは、行動遺伝学者を含む子どもの発達研究に携わる人が、・・・大方予想できると考えていること」とハリス女史が指摘している。これはとても重要です。つまり、ある意味で仮説であるはずのことを結論としていることの「問題」なのでしょう。私たちも仮説を立てて、事象の考察、観察を行います。そして、その「仮説」にひっぱられて結論を導き出そうとすることがあります。わかるような気がします。真実は、実は違うところにあるかもしれなのに。

  5. 「問題なのは、行動遺伝学者を含む子どもの発達研究に携わる人々が、親の態度、性格、さらには育児習慣が子どもたちにどのような影響を及ぼすのか、それを大方予想できると考えていること」とあります。以前のブログでもありましたが、ハリス氏の考え方というのは人の反対からのアプローチのように思えますね。そこから見えてくる景色を教えてもらっているような感覚になります。細かいところは正直難しいですが、子どもを取り巻く環境に対してこうだろうという予測というのはより難しく感じますが、考えていることに対して少し止まってみるということの大事さを感じます。

  6. ここまでのブログから推測されるのは、一卵性が似るのは、やはり環境が作用しているという考えに落ち着くと思っていました。いつも思う事何ですが、一卵性でなくとも、兄弟も同じ遺伝子を持つ存在である以上、同じ環境で育てば似てくるはずですが、確かにそうでもないですね。自分も兄がいますが、似ているようで、似ていないです(笑)それも刷り込みなのかもしれません。よく「親にそっくり」と私も言ったり、言われたりしますが、それは一部を取り上げて言っている事で、全部が似ているわけではありません。遺伝、環境、様々なものが影響し子どもを育てている事を忘れてはいけないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です