行動

ジョン・B・ワトソンは、行動主義を提唱しました。彼はその理論の手本を見せることを考えました。それは、幼児を十分に統制のとれた実験室的な状況のもとで育て、訓練して、どのような職業にもさせてみると言ったのです。その考え方は、今日でも年配の行動主義者の中には、資金力さえあったら実証できると考えている人がいます。しかし、その見解は、全くの空いばりであるとハリスは言います。

ワトソンには自分の公約をどう実行するか皆目見当がいていなかったはずだと言うのです。ワトソンは自著『子供は如何に育てらるべきか』の中で子どもを「甘やかしすぎてダメにしてしまう」ことを避けるために何をすべきか、また恐れをいだかず自信をもった子どもに育てるためには何をすべきか(手もかけず、愛情も示さない)といった親への助言を数多く掲載しているが、ワトソンのリストに列挙されたはじめの二つの職業につくための準備段階となる医大や法学部に入学するために重要となるであろう子どものをIQを20ポイント上昇させるコツ等についてはなんら記載がないのです。さらに子どもたちが法律ではなく医学を、もしくはその逆を選ぶようにしむけるにはどうしたらよいかについても触れていないとハリスは言うのです。

このような感想は私も感じることが多くあります。しかし、実際に保育している保育者は、目の前にいる子どもにどうすればいいのかが課題になるのです。「子どもには非認知能力が大切である」ということはよくわかるのですが、どんなものを、どのように付けたらよいかはわかりにくいです。もっと基本的なことで言えば、「幼児教育の基本は、環境を通して行うもの」であることも平成元年に幼稚園教育要領で示されたのですが、なかなか現代にそれが実現されていないのは、具体的な方法がわからないことが多いからでしょう。それは、過去から常に課題だったのでしょう。以前のブログでも書きましたが、日本でも実際の行動に移さなければ意味がないということから陽明学における知行合一という考え方があります。それは、「知識と行動はもともと一つである」ということです。どんなに尊いといわれている教えであっても、それを納得し、実際に行動に移して初めて意味あるものだということです。

結局ジョン・ワトソンが残した実績といえば、以前のブログで紹介した事例ですが、アルバートという乳児に対して、彼がウサギに触ろうと手を伸ばすたびに大きな音を発生させることで、毛の生えた動物に対する恐怖反応を形成させたことだけだったとハリスは言うのです。

より人々に受け入れられやすい行動主義的アプローチを展開したのは、B・F・スキナーと言われています。彼は条件反応の形成ではなく、反応の強化を提唱しました。これはワトソンが提唱したものよりもはるかに実用的でした。というのも子どもの生得的な反応に頼らなくてすむからです。望ましい行動に近づくよう強化することによって新しい反応を生み出すことができるというものです。たとえば、おやつや褒め言葉といった「報酬」を与えることがどう作用するかということです。理論的には、友だちの怪我を手当てした子どもに報酬を与えることで医者を、また自転車から友たちが転げ落ちたとしてその自転車の製造元を訴えようとした子どもに報酬を与えることで、弁護士をこの世に送り出せることになるというものです。