神話

最近、遺伝子検査が行われています。それは、生まれつきどのような病気になりやすいのかということを調べるのに多く使われますが、もし、事前に遺伝子操作ができるようになったとしたらどうでしょうか?かなり前のことですが、ワイアード誌の1998年1月号に、ある科学ジャーナリストが「子どもがどのような人間に育つのか、それを実際に左右する力は親がもつことになる」と書いていたそうです。そしてさらに「だが、親はすでにその力を、そのかなりの部分もっている」とつけ加えているそうです。もちろん、それは、遺伝子操作のことではなく、親が子どものいろいろなことに影響を与えているからです。それは、彼が、こう考えているからです。「親は子どもがどのような人間になるのかを左右する力をもっている。なぜなら親が子どもに環境を与えているからだ。」

この発言は、子どもは生まれつきというよりも、生まれた後の環境による影響が大きいということです。生まれつきなのか、その後の環境なのかは、以前のブログでも書きましたが、現在は、その両方が組み合わさっていると考えられているのです。子どもたちがどのような人間になるのか、それを決定する要因は二つ、「生まれ」すなわちその子がもって生まれた遺伝子、それと「育ち」すなわち親の育て方であるというのです。これは一般的な考え方でもあるし、心理学の専門家とも意見が一致しています。それに対して、誰も異議を唱えません。生まれと育ちが決め手であるというのです。生まれとは、親が子を授かることであり、それがどのような結果を迎えるかは、親の育て方次第だというのです。理想的な育て方をすれば、いくつもの遺伝子的なハンディキャップを補うことができますし、逆に育ちに欠ければ豊かな才能を台無しにしてしまいかねないのです。

こんな誰でも納得する考え方に、疑問を持ったのが、ジュディス・リッチ・ハリスです。もちろん、環境も遺伝子同様に重要であることは間違いありません。成長過程での経験は、生得性的に持ち合わせているもの同様に重要であることに変わりはありません。しかし、ハリスが考え方を変えたのは、「育ち」を「環境」の同義語とすることが問題の発端だったというのです。よく私が“そもそも”を考えるように、ハリスは、まず言葉の語源から考察しています。まず、“生まれ(nature)と育ち(nurture)”の「nurture」という言葉ですが、この言葉には深い意味と歴史があり、辞書的には「養う」とか「育てる」を意味するそうです。語源はnourish (育む、養う)やnurse (育てる、授乳する)と同しラテン語です。

「養育」を「環境」の同義語として扱うようになったのは、遺伝子以外で子どもの成長に影響を及ぼすのは親の育て方であるという仮説に基づいているからです。ハリスは、それを「子育て神話」と呼んでいます。彼女自身は、多くの研究がそうであったように、自身の子どもを二人育てた経験からこの神話がおかしいと思うようになったと言います。ダーウィンにしても、ピアジェもフレーベルもマルツォフにしても、自分の子どもの観察がきっかけです。

いろいろなことに神話があります。よく聞くのが、「三歳児神話」ですが、神話と呼ぶのには理由があります。それは、証拠を必要としないからです。ハリスは、「子育て神話」がそれ以上のものではなく、それが単なる仮説にすぎないことを示そうとしたのです。