ドイツ報告17

四日目の午前中、ミュンヘン市の学童保育の視察が終わって、昨年同様、レーゲンスブルグに移動することにしました。午後はレーゲンスブルグの学童施設を見学する予定ですので、昼食は移動の中のバスの中で、日本食の幕の内弁当をいただきました。

午後の視察先は、90年に設置され、2002年に大改装された1年生から4年生までの80名定員のナポレオンシュタインという市立学童施設です。対象児童は、隣接しているナポレオンシュタイン小学校と、特別養護施設の児童を優先するそうです。開所時間は、11時15分から17時15分です。金曜日は、17時までで、学校休暇中は7時30分から17時まで改所しています。1年のうち学校は休暇が60日ほどありますが、学童は、年間30日以上は休所しないことになっているそうです。

保育料は、ひと月163ユーロから181.5ユーロ(約2万3千円ほど)で、保育時間の長さで決まっているそうです。この費用には、給食費も含まれています。ただし、低所得者には軽減措置があり、最も少ない場合は、給食費(17ユーロ25セント)のみが自己負担です。

ドイツでは、保育者には、1級と2級がいます。1級は5年制大学を卒業し、教育学専門家と言われ、2級は、短大か養成校を出て、教育学助手と言われています。この学童には、フルタイムと時短勤務の女性1級保育者が6名、女性2級保育者が3名のほか、1名の男性2級保育者、1名の女性実習生(1年を通じて週三日間自習)が勤務しています。ドイツバイエルン州では、日本同様、非常に保育者不足で、職員が定員に満たないことが多いようです。この学童でも1名不足しているそうですが、レーゲンスブルグ市では、そのために市としてフリー保育者をプールしておき、足りないところに派遣しているおり、この学童も1名はそのような職員だそうです。また、特別養護施設からも来ますので、1名の養護保育者がいて、ケアを必要とする子どもを中心に活動しているそうです。

保育内容としては、幼稚園、保育所同様、バイエルン州における「バイエルン」という陶冶保育プランの基準と、「小学校の終わりまでの陶冶と保育」のガイドラインに沿って計画されるそうです。その中で、この学童の重点項目として、「ジェンダー教育」「それぞれの人格形成における多様な能力を伸ばすこと」「社会性の育成」が挙げられています。

保育は、オープンコンセプトで運営しています。就学前施設同様、児童は、自由遊びの時間には、自分で決めた場所で、自分で決めた友人たちと、自分で決めた遊びをすることができます。そのために、環境として、多様な遊戯室や、学習室が用意され、少人数で遊んだり、一人で静かに過ごしたりできる場所が用意されています。保育者は、2週間ごとに担当する場所が変わります。しかし、保護者との面談のために、児童の発達状態についての記録をとるのは、担当する児童が決められていて、それは、1年間変わりません。この考え方は、私の園も同じです。保護者に「子どもについての相談がある場合、園の職員誰でもいいですよ!」と言っても、逆に誰にすればいいのか迷ってしまいます。ですから、「あなたのお子さんは、○○の先生が担当します」と言います。だからといって、その子を保育するのは、担当保育者がするのではなく、いろいろな保育者が担当します。この学童でも、それと同じようです。