ドイツ報告16

視察四日目になりました。午前中は学童保育の見学です。ドイツでは、小学校、中学校は半日制で、授業は昼までで終わってしまいます。多くの学校では給食もありません。そして、宿題がたくさん出ます。子どもたちは家に帰ると、昼食を食べ、宿題をやらなければなりません。宿題が多いのは、もちろん学校ではやりきれないこともあるのでしょうが、自分で勉強するという習慣をつけるという意図もあるようです。学校では先生から教わりますが、それはやらされている感がありますので、社会に出てから自ら課題に取り組むという姿勢を身につけるということです。

昼で終わってしまうにはもう一つ理由があります。それは、日本と違って、子どもの教育に関して役割分担があるのです。日本では、学校の先生は、教科を教えるだけでなく、生活も、道徳意識もみな教えていきます。しかし、ドイツでは、学校は基本的な、だれでも学ぶべき勉強をする場所ということに特化して、基本的な生活習慣とか、しつけ、道徳規範などは家庭で行います。また、子どもが好きなこと、たとえばスポーツとか、ことは家庭で行う。ドイツでは何でも学校任せではなく、学校(主に学習)・地域社会(スポーツ等のFerein・クラブ活動)・家庭(基本的な生活習慣、躾、道徳)と役割分担がきっちりされています。

また、ドイツでは、就学年齢は決まっているものの、それはその年齢になると小学校に入学するという年齢ではなく、その年齢になると小学校に入学できる権利があるということで、いつから就学するかということは保護者が決めます。わりとインテリの保護者は1年遅らせるそうです。それは、小学校の学年が上がるときにもそうで、保護者がわが子をもう一度1年生をやらせたいと思ったら、その学年にステイします。ですから、各学年のクラスでは、子どもたちの年齢は様々です。だからといって、子どもたちは何の偏見も持っていないようです。

このような状況ですので、ドイツでの学童保育は非常に重要な役割を持っています。訪問した学童クラブは、1年生から4年生まで50名のクラブでした。ドイツでの小学校は4年生までですので、日本のような4年生までということとは事情が違います。スタッフは、9名ですが、ほとんどがパート勤務で、常勤は年長先生だけだそうです。建物は約100年前に建設されたもので、学童保育としては約50年の歴史があるそうです。

小学生の子どもたちは学校が終わってここに来るのですので、11時30分から13時までの間にきます。13時までに帰ってきた子がまずやるのは宿題です。学童クラブの主な活動は、きちんと宿題をやることです。ただし、金曜日に限っては、宿題はここでやらずに家に帰し、家でやってもらいます。そして、13時から14時15分まで昼食を食べます。その後は17時30分まで自由遊びです。ここでも、参画とオープン保育が実施されており、50名全員が一クラスというコンセプトです。週1回は、全体集会があるそうです。参画の考え方は、ここでは保護者に対しても行っています。

保育室は、学童対象であっても、全く幼児施設と同じようなつくりをしています。各部屋には様々なゾーンが用意され、園庭には、柳の木で作られたトンネル、石が点在する庭、環境だけ見れば、幼児施設と見違えるほどです。グッズとして面白かったのは、アルファベットの書いてある袋で、この中に書かれたアルファベットで始まるものを子どもたちが入れるそうです。