育児という行為は

育児という行為は、他のあらゆる生物にとってと同様、人類にとって、ごく自然な営みでした。人類が誕生以来、それぞれの時代の環境によってそのやり方は若干変わってきた部分もあったでしょうが、子孫に自分たちの遺伝子を残していくという点では、その営みの本質は変わっていないでしょう。では、それは単に本能かというと、人類の場合は違っているようです。それは、私は人類の子育てには「こころ」がそこに加わるからだと思っています。たとえば、「愛」を代表として、「期待」「憐憫」時には「嫌悪」という感情も関係してきたかもしれないのです。

そんな大人の思惑に対して、どんな気持ちであろうが、赤ちゃんは生きていくために自分を誰かに育児してもらわなければなりません。そのために、様々な手を使います。それはときには、大人に媚びることもあるかもしれませんし、大人の気をひくようなことをするかもしれませんし、時にはいらだたせることもしたかもしれません。しかし、大人を心から怒らせて、放っておかれては困ります。ですから、どのような行為も、決して、大人を怒らせようとはしていないはずです。それは、時にはいたずらに見えても、いけないことをするにしても、生きていく上で必要なことの行為であることには違いないのです。

目的は同じでも、その行為には個人差があります。その個人差は、生まれつきなのでしょうか?それともその赤ちゃんが置かれている環境によって、変わってくるのでしょうか?このことは、長く課題でした。生まれつきなのか?環境なのか?それは、「遺伝か環境か」と議論、研究されてきたのです。アメリカ合衆国の心理学者ジュディス・リッチ・ハリスという人がいます。彼女は、その問題にこんな見解を述べています。

「遺伝と環境、中国思想の陰と陽、人類にとってのアダムとイヴ、そして大衆向けの心理学ではママとパパといったところだろうか。高校生当時の私ですらその話題については、親に怒鳴られたときに、私の育ち方が気に入らないのなら、それはほかでもない、あなた方の責任なのだと教えてあげられるだけの知識を持っていた。彼らは私に遺伝と環境、その両方を与えたのだから。」

このような思いは誰でも経験したでしょう。そんな悪態を親に向けたこともあるかもしれません。この問題は、彼女はさらにこのように考えています。

「“遺伝と環境”昔はそう呼んでいた。今日ではむしろ“生まれ(nature)と育ち(nurture)”と表現することが多くなった。従来の用語もかなり強力だったが、慣用句的に使われるこの表現はさらに強烈なインパクトを与える。生まれと育ちによって支配されている。それは周知の事実であり、疑う者は誰一人いない。生まれと育ちによって、人間は駆り立てられ、形づくられる。生まれと育ちが今日の私たちをつくり、子どもたちの明日を決定するのだ。」

1994年に、ハリスは子どもの発達について、家族よりもピアグループ(同年代の友人・仲間たちとの関係)に焦点を当てた新しい理論を提唱しました。私がよく脳の機能拡大について、2,3歳のころにピアソーシャルスキルについての部分が拡大することを説明します。いわゆる2歳児クラスの頃に、子ども同士が徒党を組み、クラスみんなでなにかをすることを楽しむようになるということです。この理論を少し知りたくなりました。

育児という行為は” への8件のコメント

  1. 「赤ちゃんは生きていくために自分を誰かに育児してもらわなければなりません。そのために、様々な手を使います。」いわゆるイヤイヤ期真っ只中の次男を思い出すところで、何をやるにもこちらの言う通り、思う通りには動いてくれません。次男に手を焼かされて困りに困った休日の一コマでも、先生のブログを読んでいたお陰で何とか笑顔でいられた、これも何か理由があるのだろうと怒らずにいられた、些細なことかもしれませんが折角の休日を過ごす上で大切なことのように思えてなりませんでした。子どもを理解することは、保育や子育てに携わる上で、忍耐力を得ることや心のゆとりをもつことに繋がるように思えました。

  2. 子どもの行動の大前提として〝どのような行為も、決して、大人を怒らせようとはしていないはずです。それは、時にはいたずらに見えても、いけないことをするにしても、生きていく上で必要なことの行為である〟とありました。そのように考えていくと、子どもが時には大人を困らせるような行動をとっていたとしても、頭ごなしに怒鳴るようなことをしなくなるのだと思います。一度頭を冷やして、その行動をなぜするに至ったのか、その行動から本当は何を伝えたいのかなど、いろんな思いを巡らせることができるのだと考えます。そのような余裕ができることが子育てや保育に携わるものとしてしていかなければならないことだと思います。

  3. “目的は同じでも、その行為には個人差があります”とあり、確かに、子どもそれぞれに親へ対する接し方や自我の出し方がそれぞれに違いがあることを感じます。それを環境か生まれつきか、そして、「遺伝か環境か」と問えば、それぞれの環境によって遺伝的にもっている力が多様な形で表れるというような表現と考えます。
    子どもを知る上で、大人が描いた子ども像ではなく、目の前にいる人格をもった存在をみることによって、初めて、環境のなかでどのように育ち、どのようにして、生きていこうとするのかを知ることができると思います。そのために、ハリス氏があげた、”家族よりもピアグループ(同年代の友人・仲間たちとの関係)に焦点を当てた新しい理論”ということが、集団としての環境といったところを感じさせられます。

  4. 自分の生い立ちを振り返ってみても、思い当たるところが多々あります。「生まれと育ち」という言葉に還元された「遺伝と環境」。良し悪しは別としても、生まれそして育った環境が今の自分に結実しているという事実は疑いようもありません。これから連載される「家族よりもピアグループ(同年代の友人・仲間たちとの関係)に焦点を当てた新しい理論」はなかなか面白そうですね。進化発達心理学という人類の進化と発達を心理学の領域で捉えなおした学問の存在を知ることができました。そして、これからも新たなる発見が期待できそうです。どういう場所で誰と出会い、関わりながら、育って来たか。「環境」と言っても、それは実に多種多様な現実が織りなすワールドです。要は、人が出会う環境とはその二字熟語に還元できないほど具体的であり詳細であるということです。誰と出会うか、どんな仲間と過ごすか。私たちの育ちにとって絶大な影響を及ぼすことが自分の過去を振り返ることによってよくわかってきます。

  5. 「赤ちゃんは生きていくために自分を誰かに育児してもらわなければなりません。そのために、様々な手を使います。」とありました。生きるための本能というのでしょうか。人類ほど、その本能が長けている種はいないように感じています。そして、「時にはいたずらに見えても、いけないことをするにしても、生きていく上で必要なことの行為であることには違いない」とあったことが印象的で、どんなことにも意味があり、その点は乳児期が最も面白いなと感じています。
    「遺伝」か「環境」か、「生まれ」か「育ち」かの議論も面白いですね。どちらも欠かせない、切り離せないものであり、相互作用してのものであるような印象を受けました。

  6. 育児というのは楽しさもあれば、その分、大変さもあります。正直、我が子とはいえ時にはイラっとしてしまう時もあります・・・。しかし、なんだかんだ子どもがどう成長していくかは子ども自身というよりも、ハリスが言う「生まれと育ちによって、人間は駆り立てられ、形づくられる。生まれと育ちが今日の私たちをつくり、子どもたちの明日を決定する」と言うように環境が大きく影響すると言うのは、ここ最近の藤森先生のブログを読んでいて何となく理解できます。「彼らは私に遺伝と環境、その両方を与えたのだから。」と言う言葉を聞いて、親として胸に突き刺さる言葉です・・・。

  7. 「私は人類の子育てには「こころ」がそこに加わるからだと思っています」という言葉が印象的です。現在息子は2歳児クラスです。確かに最近非常に様々なことをして困らせることをしたり、楽しませてくれたりと毎日がめまぐるしいです。その一つ一つに目を向け、これが生きていくために必要なことだと見ることで180度見方が変わりますね。心がすっとなるような思いです。徒党を組むことをしっかりと経験し逞しく育ってくれることを祈るばかりです。

  8. 人類がもともともつ本能や赤ちゃんが持って生まれて来る力などそういった話にはとても引き込まれてしまいます。
    私たち自身の話なのに、知らないことが多く、読んでいると楽しいからです。そして、保育の世界に入り子どもたちの成長を見ることで、自分も同じように成長したことを知れ、そこには親や保育者、教師や地域の人々など自分の成長してきた過程を振り返ったりする機会も増えました。
    初めは興味もなかった保育ですが、子どもの成長にどういった環境や関わりが大切か考えていくことに、とてもやりがいを感じています。
    そんなことを今回のブログを読んで感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です