発達心理学

私が最近考えていることの一つに、ヒトにおける育児とはどのような行為なのかということです。ヒトは、他の生き物同様、地球に誕生してから長い間遺伝子をつないできました。そのために育児という行為は必要でした。そして、赤ちゃんは育児をされながら成長していきました。それは、次に育児する側になるための成長ともいえます。ということは、育児の意図ははっきりしています。それは、学問で学んだわけでもありませんし、言い伝えられてきたことでもありません。しかし、それは容易なことではなかったでしょう。それは、その行為を妨げたであろう様々なことが襲ってきたでしょう。様々な災害、病気、戦い、飢え。生存を脅かすようなことが襲ってきます。それらを克服しながら、また、そのリスクを抱えながらも今日まで遺伝子をつないできました。

最近、それらの脅威を人間の知恵で乗り越えることができるようになりました。しかし、その代わりに遺伝子をつないでいくための障害が新たに表れ始めてきました。それは、精神的な問題です。精神的に育児が困難になり始めてきたのです。鬱などの精神的な病気だけでなく、育児に対する喜び、多くの子どもを育児するための環境、様々な楽しさの出現などから、育児の優先順位が下がってきた気がします。

未熟な人間がどのように成熟した大人へと成長するかが専門的に研究されるようになったのは比較的最近、1890年頃のことだそうです。しかも、初期の発達心理学者は子どもには関心をおいても、その親にはさほど注目しませんでした。フロイトの学説や行動主義が浸透する以前の発達心理学の本には、子どもの性格形成における親の影響の記載は無に等しいそうです。1934年に初版が出版されたフローレンス・グッドイナフによる有名な教科書『発達心理学』には親子関係をとり上げた章はなかったそうです。研究は子どもそのものに向かい、少年非行の要因を論ずるときでも、その本の中でグッドイナフは「環境の悪さ」が及ぼす作用について言及しているそうですが、それは都市部の中でも住居が「崩れかかり、荒廃している」場所、もしくは「酒場や賭博場が多い」場所を指しているだけだったそうです。親や地域の人という環境についてはどう思っていたのでしょうか?

ちょうど同時期にウィンスロップとルエラのケロッグ夫妻が、以前ブログでも紹介した霊長類を育てる実験を行ない、その結果を報告しています。その実験とは、グアと名づけたチンパンジーを自分たちの息子ドナルドと一緒に自宅で育て、可能なかぎり両者を同等に扱いました。ケロッグの著書には「環境」という単語が何度も登場しますが、その単語はグアが本来なら育つであろうジャングルや動物園と「文明的な環境」もしくは「人間環境」とを区別するために使用されているものでした。ある家庭と別の家庭とを明確に区別する意味で「環境」が使われることはありませんでした。

おそらく初期の発達心理学者の中でも最も影響力があったのはアーノルド・ゲゼルだろうとハリスは言います。ゲゼルもグッドイナフも、親は子どもをとり巻く環境の中では評価の対象でもなく、際立った特徴もない、画一的な存在としてとらえていました。ある一定の年齢までの子どもたちも同様に画一的だと考えていたようです。ゲゼルは「あなたの四歳児」や「あなたの七歳児」の扱い方をまるで「あなたのフォード車」や「あなたのスチュードベーカー車」の取り扱い方法のように説明しました。家庭とは子どもたちが夜になると帰宅するガレージのようなもので、そこはさしたる特徴もない付き添い人がいて子どもたちをきれいに洗浄し、ワックスをかけ、タンクをいっぱいにすると捉えていたそうです。

発達心理学” への8件のコメント

  1. 「それは、精神的な問題です。精神的に育児が困難になり始めてきたのです。」この指摘は衝撃的であり、そして何故かホッと肩の荷がおりるような気分にもさせる効力を持っているように感じられました。未熟な人間が子育てをしているのです、そこに葛藤や不安、悩みや迷いがないわけがなく、幾たびもの困難を乗り越えるだけの精神力が試されるかのような日々が続きます。子育て中の現代人は皆その最中にいると思って差し支えないように思われますが、しかし、それでもやはり子どもは可愛い。その可愛いさが原動力と言えるかもわかりませんね。子は宝、とは何とも意味深く、現代でこそ掘り下げるべき価値観と言えるのかもわからないと思いました。

  2. 災害や天災、飢えなどの困難な状況に対抗することができるようになりましたが、人の内なる部分といいますか、外からの困難には上手に対応しているのですが、内側からの困難には対応しきれているとはいえないということなんですね。そのようにいわれると現代人の核心を突かれたように思います。
    子育てを自分もしていますが、まあ今もそうですが自分が〝成熟した大人〟だということを自信を持って言うことができません。ということは、子どもと一緒に成熟していくのだと思います。その過程で、悩みや困難なことに直面する機会も増えてくるはずです。一人では向き合うことのなかった困難を乗り越えていく、その原動力は子どもへの愛情であったり、自分が守らなければという責任感であるのでしょうか。やはり、一緒に成長していくのだと感じました。

  3. 様々な困難を最近、人のもつ知恵で乗り越えることができるようになった。その代償のように、精神的問題がでてきはじめた。これは、外的ストレスに対する知恵はうまく対応するように適応力としとて見られたが内的なストレスに対しては、成熟な大人になりきれていないことが要因だと思いますが、それは、長い年月をかけて、成熟な大人になりきれていない大人が子育てを繰り返しおこなってきたことによるものだけなのでしょうか。人と人同士が関わるなかには、協力する場面があれば、争う場面があると思います。それは、生存戦略として必要なことだと思います。
    人が遺伝子を残すために子育てをする、そのなかで感じるストレスに耐えきれないとするならば、改めて、本来、育児としと、行われていたような多様な人が子育てをすることの意味をもっと重要視した社会が必要になると思います。

  4. 今回も、へぇ~そうなんだ、と思ってしまったところがあります。それは「親子関係をとり上げた章はなかったそうです。研究は子どもそのものに向かい」というところです。そして、環境こそが子どもの育ちに大いなる影響を及ぼす。アーノルド・ゲゼルの比喩はおもしろいですね。「したる特徴もない付き添い人がいて子どもたちをきれいに洗浄し、ワックスをかけ、タンクをいっぱいにする」とあります。「したる特徴もない付き添い人」とは誰のことか?「洗浄し、ワックスをかけ、タンクをいっぱいにする」人は?現代世界においては、おそらく保護者ということになるのでしょうか。私自身も息子一人の親です。今となっては息子が自分で「洗浄し、ワックスをかけ、タンクをいっぱい」にできるよう、環境設定をしている親ですね。やはり環境の良し悪しは子ども自らがその結論を出してくれるのでしょう。「子は育てられたように育つ」(藤森語録)。一生懸命働いてわが子の環境づくりに励む、私たち親ができること、なのでしょう。

  5. 遺伝子をつないでいくための障害が新たに表れ始め、それは精神的な問題なのですね。その詳細に「鬱などの精神的な病気だけでなく、育児に対する喜び、多くの子どもを育児するための環境、様々な楽しさの出現などから、育児の優先順位が下がってきた気がします」とありました。これは危惧されるべきことですね。冒頭の内容にあった通り、「地球に誕生してから長い間遺伝子をつないできて、そのために育児という行為は必要。そして、赤ちゃんは育児をされながら成長していきました。それは、次に育児する側になるための成長ともいえる」とあることが崩れてしまうことが恐ろしく感じます。人類の軌跡を辿ることがそういう原点に帰れる機会を産んでくれるように感じました。

  6. 「精神的に育児が困難になり始めてきたのです。鬱などの精神的な病気だけでなく、育児に対する喜び、多くの子どもを育児するための環境、様々な楽しさの出現などから、育児の優先順位が下がってきた気がします。」とあります。確かに現代を見るとそうなのでしょうね。子どもの可愛さよりも生きていくための困難の方が大きくなってしまうのでしょうか。現代ではそれを上回るほどの楽しさや、文明が発展していることからよりそういった問題が起きるのでしょうね。子育て真っ最中だと少し感じる部分があります。また親という環境に対しての認知の低さといいますか、必要性の低さには驚きました。そうな風に考えられていたのですね。

  7. 育児の優先順位が下がってきたとありますが、子どもが今日本が抱えている「少子化問題」も関わっている気がします。また精神的に育児が困難になってきているともありますが、ちょうど子育て支援で地域との繋がりを意識した取り組みを行っているので、感じたことは、子育て家庭が子育てをしにくい時代になってきている気がしました。それは私の妻も感じた事です。
    発達心理学において家庭の存在が書かれています。少しさみしい感じもしますが、実際はそうかもしれませんね。その家庭環境を親がどのように設定していくか、そこが重要のような気がします。

  8. 育児への優先順位が下がってきているというのは、これからの人間が生存していくためには問題なのかもしれないと感じました。人類が進化してきた過程から考えると、そこには沢山の障害や苦難があったのですね。そして、それを知恵で乗り越えてきた人間が、今度は精神面での問題を迎えていることがわかりました。今、私たちが保育者として学ぶことが、こうした人類の進化においてとても重要なことなのかもしれないと感じることができました。歴史や進化などまだまだ知らないことが多いですが、今、保育を学べる環境にいることに感謝し、さらに学びを深めていきたいと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です