双子による研究

一般的な傾向その二は、抱きしめられることの多い子はやさしい子になり、叩かれることの多い子は難しい子になりやすいというものです。この文脈を逆に読んでも、同じようにまことしやかに聞こえます。すなわち、やさしい子は抱きしめられるようになり、難しい子は叩かれやすいということになります。抱きしめるから子どもがやさしくなるのか、それともやさしいから抱きしめられるのか、もしくはその両方が正しいのか。叩かれるから子どもが難しくなるのか、それとも難しい子だから親の堪忍袋の緒が切れてしまうのか、それともその両方が正しいのか。一般的に、社会化研究では、これらの前後逆転する解釈を区別する術はなく、その困果関係をはっきりさせることはできないようです。ですから、だれでも納得しそうな一般的な傾向その二は、立証されているようで、立証されているとはいえないとハリスは言うのです。

ギリシャ神話におけるカストールとポリュデウケースや、ローマ神話に開けるロームスとレムスのように、昔から双子の存在はそれを見る者、読む者を魅了してきました。行動遺伝子学者にとって、双子は研究材料として欠かせない存在でした。別々に育てられた双子である必要はありません。実際、行動遺伝学研究の対象となった双子の多くは同じ家庭で、同じ生みの親に育てられた双子たちだそうです。その双子たちをどのように研究するかというと、彼らを一卵性双生児と二卵性双生児の二つに分け、、一卵性双生児の類似性と二卵性双生児のそれとを比較することによって、双子のもつ特定の特徴が遺伝子に支配されているのか否か、もし支配されているとすればその程度を判断します。たとえば、体を動かすことへの指向性について調べるとします。もし一卵性双生児のそれそれの指向性が、二人とも常に活発に活動しているか、もしくはテレビの前にじっとしているかというようにかなり似ており、二卵性双生児間の類似性がそれより明らかに低ければ、その特徴には遺伝子の作用が関与していると立証されたことになります。

社会化研究者たちは、その根底にある仮説である「一緒に育てられた二卵性双生児二人の環境は一緒に育てられた一卵性双生児二人の環境と変わらず類似したものであるという考え方」は疑わしいとしてこの手法に反論しています。もし実際に一卵性双生児が同性の二卵性双生児よりも似た環境で育つのであれば、一卵性双生児において類似性が一段と高まるのは、似た遺伝子が多いからではなく、もしくはそれに加えて環境の類似性が高いことによるものであるとも考えられるというのです。

では一卵性双生児の方が二卵性よりも似た環境で育つのでしょうか。それは洋服の枚数やオモチャの数を比べればよいというものではないとハリスは言います。彼らそれぞれに注がれる愛情やしつけの程度が問題なのだと言うのです。同じだけ抱きしめてもらえているか。同じだけお尻を叩かれているのか。調査結果を見るかぎり、親は二卵性双生児に対してよりも一卵性双生児に対しての方がより似た態度を示すようです。思春期の双子たちに、親からどれだけ大切に、もしくは冷たく扱われたかと質問したところ、一卵性双生児は二卵性双生児よりも一致した見解を述べる傾向にあったそうです。一卵性双生児の一方が、親の愛情を感じたと答えれば、他方もたいてい同じように答えています。

双子による研究” への10件のコメント

  1. 双子に生まれなければわからない心持ちなのかもわかりませんが、それは例えばきょうだいがいればきょうだいのない子の気持ちは本当の意味ではわからないかもしれないことと同じことで、自分の生まれた環境以外のことは想像の範囲を超えないものなのかもしれません。話は逸れてしまいますが、だからこそ無い物ねだりでなく、自分の生まれた境遇を幸せに思う必要があるように思えます。親にとって一番の幸せは子どもが生まれてきてよかった、幸せだと思いながら生きることで、自分の人生を謳歌する姿こそ最高の親孝行であるというようなことも、一理あるように思えてきます。

  2. 〝だれでも納得しそうな一般的な傾向その二は、立証されているようで、立証されているとはいえない〟とありました。このように「何となくそんな感じだと思う」で世間一般の常識となっているものにメスを入れるというのは、簡単なようで気付きにくいものであるように思います。そこに気づくには刷り込みにとらわれない柔軟な発想や思考が必要になってくるのではないかと思います。
    そして、それは子どもたちの方が大人である自分たちよりも優れていることを日々の生活から感じています。その能力をなるべく失わない環境を整えることがこれから先の求めていくものであるのかもしれないと感じました。

  3. 双子に産まれたことで、一気に二人分の子育てが来て、何でも2倍という話を保護者からも聞いたことがあり、その分、一緒に同じ遊びをするから以外に遊び相手にも困らないような話を聞いたことがあります。今までの話から言えば、他の兄弟よりも、双子はここまで、遺伝子が近い二人の関係であっても、環境が同じであることと親から愛情の受け方によるものがあることを理解してしまいます。
    “調査結果を見るかぎり、親は二卵性双生児に対してよりも一卵性双生児に対しての方がより似た態度を示す”とあり
    周りを取り巻く環境が左右している部分がありますね。似ていることが要因として上がってくるのでしょうね。二人には同じようにとか、均等にとか。
    双子の事例きいているだけでも、ますます環境で育つ力を考えていかなければと思います。

  4. 一卵性双生児と二卵性双生児との類似の程度に関する研究、遺伝か環境か、わかるようでなかなかすっきりわからない専門性を読んでいて感じました。コメントに窮する部類の内容でした。私たちは簡単に「双子ちゃん」とか言いますが、その双子に一卵性と二卵性がある、ということからまず抑える必要がありそうです。さて紹介された調査の結果は「親は二卵性双生児に対してよりも一卵性双生児に対しての方がより似た態度を示すようです。」とありました。思春期の双生児の調査によっても一卵性双生児のほうが二卵性双生児より「一致した見解を述べる傾向」があったようで、私はあまりよく理解できていないので、なんで?と思ってしまいます。おそらく、今後、これらのことについてより明確な説明が紹介されることでしょう。楽しみにしております。さて、先日墓参をしておりましたら、私がかつて家庭教師をしていた女の子が三つ子のお母さんになっていました。双子に関するブログを読んでいる最中で、じゃあ三つ子は?などと考えたりしました。

  5. 「一卵性双生児の一方が、親の愛情を感じたと答えれば、他方もたいてい同じように答えています。」とあります。一卵性のほうがより似ているから親の対応も同じになるということでしょうか。二卵性となると少し異なる部分が多いため対応も自ずと変化してくるようなイメージをお持ちます。また「だれでも納得しそうな一般的な傾向その二は、立証されているようで、立証されているとはいえない」という部分は興味深いですね。立証されていないのにあたかもそれが当たり前のであるように思っている人も少なくなさそうですね。その一人が自分であるようにそうだろうと思っていることは多いのかもしれません。そもそもというのは常に意識する必要がありますね。

  6. 過去に園児にも双子がいて、珍しいことに同じ学年に男女で一卵性の双子が在籍していました。顔も全く似ているので行動や考え方も似ていると当時の私は勝手に思い込んでいました。実際に関わってみると、園での過ごし方を見ていると多少のズレはあるとして、似ているという印象が残っています。男児の方は二人とも静かで、製作がとても大好きで、女児の方は二人とも活発でした。逆に二卵性の双子が現在、園に在籍していますがブログに書いてあるように、親の態度が違うからか性格も全く違います。やはり遺伝というよりも環境、何よりも親の存在が一番影響を与えている気がします。
    ただ不思議に思います・・・ただ顔が似ている一卵性だから親も一緒の態度を示してしまうのか、二卵性は顔も性別も違うから親も違う態度をとってしまうのか・・・とても不思議に思います。

  7. 二卵性双生児よりも一卵性双生児の方がより親に大切に育てられることが分かっっていることに驚きました。私はこれまで双子に会ったことがそれほどなったので、数が少ないものだと感じていましたが、ある双子のお子さんを持つ方が、「双子が生まれて、初めてこんなに双子がいる家庭があることに気づいた」とお話していました。少し見方や視点が変わると見えるものが変わってくるということでしょうか。そして、今回ブログにも書かれていましたが、双子の子どもが似てくるのは、遺伝が関係しているからだけでなく似たような環境で育ったからということが書かれていました。やはりここでも、環境が子どもにもたらす影響力を感じてしまいます。

  8. 「抱きしめるから子どもがやさしくなるのか、それともやさしいから抱きしめられるのか、もしくはその両方が正しいのか。叩かれるから子どもが難しくなるのか、それとも難しい子だから親の堪忍袋の緒が切れてしまうのか、それともその両方が正しいのか。」とあり、読んでいてこんがらがってきました。前回の自閉症の子の事例では解釈の違いで大きな違いがあることを感じましたが、一般的な傾向その二においては同じように聞こえてきます。そして、「一卵性双生児は二卵性双生児よりも一致した見解を述べる傾向にあった」という結果も面白いですね。一卵性双生児の方が二卵性よりも似た環境で育つのかともありましたが、一卵性か二卵性かという部分に何か未解明な神秘的なものがあるのかなと感じました。

  9. 双子の人たちが一卵性であるのか、二卵性であるのかということはパッと見て分かることなのでしょうか。なんとなく、そうではないかというのは分かるような気がするのですが、身近な双子を思い浮かべたときに、「あれ、あの人たちはどうだったかな?」と迷ってしまいました。「親は二卵性双生児に対してよりも一卵性双生児に対しての方がより似た態度を示すようです」とありました。また「一卵性双生児の一方が、親の愛情を感じたと答えれば、他方もたいてい同じように答えています」ともありました。一卵性双生児は同じような性格をしている可能性が高いということなのでしょうか。私が出会った一卵性の双子の方はそんなに多くはありませんが、似ているようで、ん〜似ていないような性格だったように思います。この傾向は一体どういう理由からなのでしょうか。

  10. 親は二卵性双生児よりも一卵性双生児のほうがより似た態度を示したのですね。ここから読み取れるのは遺伝子によって、子どもから似たようなアプローチを親にしているということですね。親が環境を作ることだけではなく、その親に対するアプローチは子ども側からも出ているということがわかります。よく双子は同じ発言を同じタイミングで言うなど、シンクロすることがよくあります。それは環境ではなく、遺伝子側が起こすことなのでしょうね。こういったことを読み解くと環境だけが要因ではなく、遺伝子にも大きな影響を受けているのを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です