ドイツ報告11

1日の流れとしては、7時30分から8時30分までに登園します。この間は一部屋で二人の保育者で保育します。8時30分になると、五つのグループに分かれます。そして、9時ころに各部屋で朝食をとります。朝食は自園調理で、食べたい子のみです。同時に、この頃各クラスから1名の保育者、調理が集まって、その日の活動のすり合わせをします。部屋によって保育がかぶらないことと、他の部屋では何をしているかを把握するためです。

9時30分から9時45分は、各クラスで朝のお集まりをします。そこでは歌を歌ったり、ダンスをしたりしますが、主にはその日の活動を子どもたちに知らせます。しょうがいの子もいるために、絵が描かれたカードによって示します。そのあと、個々にトイレ、おむつ交換、健康管理を随時行います。9時45分から11時15分までは自由保育です。同じ階であれば、どこに行って、何をするかを自分で決めます。

11時15分になると、手を洗い、給食のためにテーブルと食器のセットを行います。食器は、割れるものを使用することによって、子どもたちは慎重になります。食べるときには、自分で量、種類を選びます。乳児でまだできない子は保育者か大きい子が手伝います。大きいこと言っても、3歳で、日本で言うと、2歳児クラスの子です。給食アレルギーの子も日本同様増えているそうです。ミルク、トマトなど食材のアレルギーだけでなく、糖尿の子ども、また、多国籍の子どもが多いために、宗教上、ベジタリアンなど様々な要求があるそうです。また、咀嚼に問題のあるしょうがいの子もいるそうです。

12時から寝たい子だけお昼寝に入ります、2時間までの間で、自分で目覚めるのが原則です。お昼寝から起きたら、おやつがあり、降園が始まります。以後の自由遊びは、二グループで行われます。

ここでは、統合保育のために、特別に訓練された犬による癒しの保育が行われています。それは、主にヒーリング担当の保育者が行います。最初は、絵から導入し、次にぬいぐるみと接し、次第に犬に触れあえるようにしていきます。園長室の隅の床には、犬のための寝床が置かれてありました。そのほかにも、園外の牧場に行ってポニーと触れ合うとか、大きなかたつむりを飼育するなど生き物とのふれあいを大切にしています。この大きなカタツムリは買ってきたそうです。そして、園で卵を産み、小さなカタツムリが生まれたそうです。

0歳から3歳児までの園にもかかわらず、異年齢で、オープン保育を行うというのもすごいですね。そのメリットをこう話していました。まず、子どもたちは複数の先生と触れ合うことができ、知ってもらうこともできます。また、子ども同士も広く多くの子どもたちと接することができます。それから、子どもたち同士の関係ができていること、複数の保育士と触れ合うことで、先生が手薄になっても大丈夫と言います。

もちろん、子どもたちはのびのびと、自由に、屈託なく過ごしています。子ども主体から考えると、遊びの幅、遊び相手、好きな先生が広がります。保育する立場からしても、子どもたちからの情報を多く得ることができ、複数で見ることによって多面的に子どもたちを見ることができます。

将来、社会に出ていく子どもたちにとって、どのような保育が必要であるかを、0歳児からきちんと見通しているようです。