ドイツ報告1

人類は、南アフリカで誕生し、世界中に拡散していきました。それは偉大な旅、グレートジャーニーと呼ばれています。その旅先で気に入ったところで定住していきます。そして、その地域で住むためにその地域の気候、風土、その地域に生息する生物に応じて適応していきます。そして、進化をしていきます。その進化は、自らの身体だけでなく、能力、使う道具も進化させていきます。この道具の進化は、大きい集団で暮らしていたホモサピエンスの生存戦略としてとても有効的だったと、先日のNHKの人類の誕生という番組中で取り上げていました。

ヒトは地域によって、自分たちの民族を形成していき、それぞれの文化を築いていきます。そして、自分たちの遺伝子を子孫に残していきます。その営みが育児であり保育であったのなら、地域によってその方法、その考え方は違ってきます。しかし、世界中の民族の笑顔が変わらないように、赤ちゃんの発達は基本的には世界中あまり差はありません。地域によって、その大地の危険性によって若干ハイハイから立ち上がるまでの時期に差はあるものの、ハイハイをしないで立ち上がることはしません。これは考えると不思議なことです。誰に教わることなく、また昔は情報の共有もほとんどありませんでした。他の生物と違って、生息地域も限定されず、世界中に散らばっているだけでなく、赤ちゃんの発達は、世界中が共通している部分が多くあるのです。したがって、その発達を促す育児も、それほど差はありません。

明日から、今年のドイツツアーが始まります。毎年、新たな発見があります。今年はどのような変化があるでしょうか?以前、ブログでも紹介しましたが、最近オープン保育という取り組みを始めています。日本では愛着を含め、二者関係から論じることが多い中、担任王国から子どもたちを開放し、複数の保育者みんなで子どもたちを見ていこうというものです。この内容は繰り返しにはなりますが、私が現在発行に向けて進めている本の中で、海外の保育という中で、ドイツの保育を紹介しています。今年のドイツ報告の前に、もう一度復習してみます。

オープン園へと変化するドイツ・バイエルン州の保育についての背景があります。それは、ドイツで、こんな事がありました。2000年に経済協力開発機構(OECD)による学習到達度調査、いわゆるピサの学力調査において、社会階層による学力格差が大きい国であることが示されました。そこで政府は、就学前段階での教育的側面をより重視することにしたのです。ドイツでは、子どもの学びは「遊び」を通して行なわれるということはぶれずにきちんと抑えています。さあ、就学前教育をしましょう、何かをわからせたり、できるようにさせましょうということではなく、どのように子どもの遊びを豊かなものとし、それを自発的に行なわせようということが徹底されています。その結果が「オープン保育」という形態に次第に各園が変わり始めているのです。同時に、あらためて子どもの権利条約を批准したことに対する具他的な取組みを考えようということで、「参画」という取組みを始めているのです。