上海報告9

上海での私の講演は、4月23日「自然教育と食育フォーラム」のなかで、午前9:30〜11:00の時間帯でした。まず、会場であるFreesoul幼稚園での実践報告を動画で見せてもらいました。この園は、モンテッソーリ教育を行っていますが、実際にローマにある子どもの家に研修に職員が行ったりしているだけあって、子どもたちの活動は、その理論通りにきちんとしていました。食育ということなので食事の前のテーブルクロスを敷いたり、食器を並べたり、そのセッチングの場面は見事でした。きちんと決められた方法でテーブルクロスを広げ、敷くときには、角に刺しゅうされたマークを机の角に合わせ、静かに淡々と準備をしていきます。その手順の正確さは、まさにロボットがやっているようでした。

そして、私が話した後、立川にあるふじ幼稚園の園長先生である加藤さんが自分の園の食育についての実践を発表しました。ふじ幼稚園は、その建物を含めて世界では非常に有名な園です。よく、世界から見学に来る団体は、私の園とセットで見学に行くことが多くあり、加藤さんは、中国では何十回も講演をしているそうです。保育内容としては、緩やかなモンテッソーリ教育で、食育内容としては、日本の伝統的食事の話をされました。個人的には加藤さんと私はかなり以前から懇意で、私の環境セミナーにも参加されたことがあります。

すべての講演が終わった時点で、もう一度舞台に呼ばれ、表彰式がありました。なんだか、表彰式というのはなじめないのですが、こんな賞状を頂きました。

そして、昼食を頂きました。園の給食をメインにして、1品だけ足したそうです。とてもおいしくいただきました。食事が終わったころ、主催者である中国教育国際交流協会の副代表という人が来て、7月に北京で国内園長対象の講演をしてもらえないかと言ってきました。私の講演に感動してくれたそうです。この講演会には、他に日本からは日比野設計さんが講演をするそうですが、随分と多くの人が招待されているようです。この協会は、中国教育国際交流協会は、1981年7月に設立され、中国の教育界における非政府的な外国教育協力と交流を行う国家組織で、本部は北京にあります。随分と、世界からいろいろと学ぼうとしているのですね。

そのあと、せっかくなので、会場である幼稚園を案内してもらうことにしました。「ヨーロッパの古典建築と自然の組み合わせは、宮殿風の宮殿様式の子どもの家」という紹介文にある通りの限界に驚いたのですが、園内はもっとびっくりしました。

まず、ベランダに出て見せてもらったのが園庭です。目の前一面、森が広がっています。そして、プールです。まさに、宮殿の中のプールで水は温水のようです。そして帰りにお土産をもらったのですが、その部屋が職員室でした。私たちが行く前に、職員さんたちがお茶を飲んでいました。

肝心の保育室ですが、正統派モンテッソーリ教育を行っているだけあって、教具がきちんと並べられ、素晴らしい環境でした。中国の格差を見た気がしました。