上海報告7

私の上海行の飛行機は先方がとってくれたのですが、往復で買うため、帰りが羽田空港着便は中国東方航空しかないために、関西国際空港から上海までの飛行機も中国東方航空の便でした。行きは、ビジネスクラスをとってくれたのですが、エコノミークラスと大差はなく、CAはすべて中国語で話しかけられますので、昼食のメニューもよくわかりませんでした。なんとなくチキンヌードルらしき発音があったため、それにしてもらいました。唯一ビジネスらしいのは、おやつに焼き鳥が出たことくらいです。まあ、飛行時間は、1時間15分ですので、国内の飛行時間よりも短いくらいでした。

到着後イミグレ前にカウンターで入国カードを記入したのですが、困った欄が、滞在住所です。ホテルは先方がとってくれてあり、住所などはわかりようがありません。まあ、相手はどうせわからないだろうと、適当に上海ホテルと書いておきました。その後、また長い列に並び、やっと審査を受け、今度は難なく通過できたました。どうも、中国では、このカードがあれば、ほとんど質問はないそうです。無言で通してくれます。その点は楽なのですが。

イミグレでカードをもらって記入したことは、出国の時にも困った状況が起きました。それは、機内でそのカードををもらうと、入国カードと出国カードはミシン目でつながっていて、出国の時には、その半分の出国カードを出すことがわかるのですが、私はイミグレの時にカウンターにおいてあるカードに記入したので、出国の時にもカードが必要であることがわからず、入国の時と同じように、長い列を並んでやっとたどり着いたにもかかわらず無言ではねられてしまったのです。今度は、「外国人出境卡」のカードへの記入です。また、カウンターでそのカードを手に入れ、記入しました。また、長い列を並ばないといけないのですが、帰りになると少し度胸がつくのか、係員に、今まで長い列を並んでいたということをなんとか話し、今度は特別に政府高官の通過する場所で通過させてもらいました。出入国の際はツアーでもなく、仲間がいるわけでもなく、全く一人だったので、まあ、ある意味では、一人旅の面白さというか、思い出になりますね。

そんな思いをしてやっと上海に入国してところで、中山さんが待っていてくれました。しかし、1時間も前に出た邨橋君がいません。中山さんに聞いてみると、私と一緒に来るものと思っていたそうで、まだ、落ち合っていないそうです。周りを探しても見当たりません。しかも、中国の方で今回いろいろとお世話になる方も迎えに来てくれることでしたが、見当たりません。連絡しようにも、中山さんに携帯は充電が切れてつながりません。1時間くらい待ったのですが、落ち合うことができません。そこで、もしかしたら邨橋君は、ANAで来ているので、その到着ゲートの方に行ってみることにしました。ここで、また中国らしさを体験します。違う航空会社に移動するたびに、荷物チェックをするのです。鞄をX線に通過させ、ポケットのものを全部出さなければならないのです。

すったもんだあったのですが、結局、3人はほどなく出会うことができました。しかし、現地で迎えに来てくれるはずのロンさんとは連絡がつかないため、とりあえず私たちだけで地下鉄でホテルの近くまで行き、そこからタクシーに乗ることにしました。