上海報告6

私は海外に行くときには、Wi-Fiを借りていきます。最近は、どの国でもネット環境がよくなり、ホテルの中はもちろん、飛行機の中でもできるようになりました。しかし、それが不安定であったり、外に出るとつながらないこともあって、海外用Wi-Fiをレンタルして持っていくことにしています。今回、上海にも借りていくように予約をしておきました。すると、直前になって、中国渡航者に対して注意事項がメールできました。それは、2017年6月に施行されたサイバーセキュリティー法により規制が厳しくなり、さらに今年の4月に入り、より規制が厳しくなって、SNS(LINE,twitter,facebookなど)やグーグルサービス(Gmail,YouTubeなど)などの殆どは規制されていて見る事が出来ないと言うのです。

ということで、中国で海外のサイトを閲覧する場合やSNSサービスを使う場合は、VPNが必須だと言うのです。

しかし、VPNがなんだかわかりません。調べてみると、Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク)のことで、仮想プライベートネットワーク、仮想専用線とも呼ばれています。インターネットとは本来、公衆網で、プライベートネットワークを拡張する技術、およびそのネットワークなのです。それがVPNによって、イントラネットなどのプライベートネットワークが、本来公的なネットワークであるインターネットに跨って、まるで各プライベートネットワーク間が専用線で接続されているかのような、機能的、セキュリティ的、管理上のポリシーの恩恵などが、管理者や利用者に対し実現されるというのです。すなわち、これを使えば、日本やアメリカなど外国のIPアドレスを取得することができます。その結果、中国にあるパソコン(スマホ・タブレット)が外国のパソコン(スマホ・タブレット)として認識されるので、検閲に引っかからないという仕組みです。

そこで、中国に行くときは、VPN機能が付加されたWi-Fiを借りる必要があるのです。

このように、中国ならではのルールがいくつかあります。私が、まず戸惑ったのは、中国への入国、中国からの出国審査の時に必要な書類があるということです。いつもドイツに行くときには、入国の時にはパスポートともしかしたら飛行機の搭乗券を見せます。たまに質問されることがあるので、それにはドキドキします。英語で聞かれ、英語で答えないといけないからです。その内容は、どの都市に行くのか?目的は?何日間滞在するのか?というようなことです。全く聞かれないこともありますが、基本的にはそのようなことです。

中国に入国するときにも、そのようだと思い、並んでやっと審査員の前に行くと、ダメ!と指で拒否されます。なぜだかよくわかりません。そこで、一応どうしてかと食い下がってみると、書類が必要なので、それを書いても持ってくるようにというのです。中国に入国する際は、どうも「外国人入境卡」というカードへの記入が必要なようです。どうもこのカードは、機内で配られるのですが、私の乗った飛行機は、中国東方航空なので、乗客は中国人が多く、出入国カードを配りにきたCAさんが日本人客と気づかず通り過ぎてしまったようです。それは、出入国カードは中国人はいらないからです。

そこで、イミグレーション前のカウンターで受け取って記入します。また、その内容が難儀でした。