上海報告5

今回訪れた1園目のFortune Kindergarten内にある日本語部の「上海ふたば幼稚園」の園長先生から、中国における幼児教育の現状のお話を伺ったそうです。栗田代表の中国教育進歩のイメージは、

赤線が日本の教育の進歩ならば、黒線は中国。突然進歩するのが中国という話でした。そして、中国は大きいのが好き。したがって木も切らないので、以前園内の木を切ったら怒られたそうです。また、中国は良くも悪くも政府の力が強く、政府の一声ですぐに新しい政策ができたり、あるいは廃止になったりするので、それについていくのは大変だということでした。例えば、体育は幼稚園では重要視されていなかったのに、今は重要となったりしているそうです。

また、ふたば幼稚園の周りには1部屋1億元(約20億円)を超えるマンションがたくさんあり、もともとこのあたりに土地を持っていた地元の人は、その土地を譲渡する見返りにマンションの部屋を家族ごとにもらい、それを売却した人は裕福になったそうです。そして、不動産は2002年から約10倍の価格になっているそうです。その中で、日本人が4大を出ていてもVISAを取るのが難しくなってきているそうです。現在、上海で認可が取得できている就学児未満の日本人学校は2校のみだそうです。中国はまだまだ学歴社会ですので、園の評価はどれだけ良い小学校に入れるかということのようです。そのためか、中国は幼稚園が主流で保育園はまだ少ないそうです。

アメリカのリビングストーンというインターナショナルプリスクールも日本語部をやっていて、現在園児は200名を越えているそうです。中国のインターナショナル幼稚園のスタッフは分業方式をとっていて、外国人先生、中国人先生、世話係先生(主に、排泄、給仕、午睡等を担当)と分かれて子どもの相手をしているそうです。外国人先生と中国人先生はあくまで教育に特化するような構造であり、一方、世話係先生は保育に特化しています。このあたりの事情は、アメリカにおけるティーチャーとケアギヴァーに分かれているのと同じようですね。栗田代表の話では、保育園の文化がそこまで浸透していないせいか、保育を担当する世話係先生の地位は決して高くなく、家庭のお手伝いさん的な位置づけだそうです。

中国では、今必死になって世界から保育専門家を呼んで、いろいろと保育を勉強しているようです。その中で、とくにイギリスに興味を持っているようで、イギリスの研究者が多く講演をしています。日本からは、立川になるふじ幼稚園の加藤園長先生が多く講演をしているそうです。今回、「2018上海国際幼児教育会議」の中で、21日に中山さんが「見守る保育」について話をすることになったのです。内容としては、「見守る10か条」について話をしたそうで、会場から随分と反響があったそうです。