上海報告3

上海に行く段取りを整え、後は当日どのような話をするかを準備するだけことになったら、先方から次のようなメールが来ました。

「まず、4月19、20、21日のホテルは、上海兴荣温德姆至尊豪廷酒店 (Wyndham Grand Plaza Royale Oriental Shanghai)になります。次に、4月22、23日のホテルは、上海证大美爵酒店 (Grand Mercure Shanghai Century Park) になります。主催側からは、中山副園長のご講演を4月21日のにアレンジしております、11:30~12:30になります。日本語でご講演して頂いて、わたくしの方から同時通訳を行わせていただきます。(今回の会議の全体的スケジュールはこちらになります http://a.xiumi.us/board/v5/2NhEr/80761895?from=timeline&isappinstalled=0)」

そして、私には、「今回上海へ航空便についてのご相談ですが、藤森先生がご希望した15:55発のNH975(大阪→上海)と帰りのMU539(上海→東京)が往復のフライトではないため、行きのエコノミークラスでも15万円以上にかかるため、主催側から16:55発のMU748(大阪→上海)のビジネスクラスに変更させ、帰りはMU539(上海→東京)のエコノミークラスに変更させて頂きたいというお願いが来ております。ご迷惑をお掛けして、ご検討をよろしくお願いいたします。」

ということは、まず中山さんの講演は21日ということになり、水野さんは20日滞在しか無理なので、行っても講演の助手はできません。しかし、すでに手配済みのため、せっかくなので、予定通り行ってもらい、20日は、上海に「見守る保育」を実践している園(日本人経営)があるので、そこに訪問することにしてもらいました。

私は仕方ないので、邨橋君とは別の便で、予定より1時間遅れで上海に行くことにしました。ということは、上海空港で、私と中山さんと邨橋君と3人は別々の行動で、現地で落ち合うことにしたのです。

とりあえず、先に行っていた中山さんと水野さんが、現地の保育園を視察して、その報告を水野さんがしていますので、本人の承諾を得てその報告書を紹介します。

訪問日:2018年4月20日(金)

【訪問園1】Fortune Kindergarten内にある日本語部の「上海ふたば幼稚園」

この園は、2019年3月末をもって園を閉じることになっているそうです。現在年長に23人(定員24人)、職員は5名、月謝は6,000元(約120,000円)です。

このふたば幼稚園にくる保護者の狙いの一つとしては、上海に来ていきなりインターナショナルスクール等に入園させると心を閉ざす子もいるので、そういった子は当幼稚園に入園することで心の負担を軽減することができるということを考えてだそうです。

栗田園長が新宿せいがを訪問して、「見守る」をできるところから導入していったそうです。例えば異年齢保育は、栗田代表自らが周りを押し切って導入したそうです。幼稚園ということで難しいところもあったが、結果的に導入して良かったと言っていました。また、人工知能よりも大工を重視するような発想の教育を展開。そのために、園児が、一人ひとりのこぎりで木を切る作業も実施しています。