何のための子ども期?

「成人期の準備としての子ども期」仮説を、おそらく最も大きく反映しているのが性差だと言われています。そこで、成人の機能を扱う進化心理学者は性差に焦点を当てることが多く、男性と女性は異なる自己利益をもつため異なる心理を発達させてきたと仮定します。これは特に配偶行動や育児、同性間競争に関する性差に現れていると言います。しかし、これらの行動や傾向、思考過程は、思春期のホルモンによってはじめて突然に現れるのでも、生まれたての子どもの泣き声を聞けばすぐに現れるのでもありません。こうした行動や傾向、思考過程には発達的な歴史があり、子どもは進化による性質を基盤として、性特異的な行動をその場の規範に合わせていくと考えられているのです。

今までのブログでも、ビョークランドの考える子ども期における性差の例を繰り返し紹介してきました。この性差は男性と女性の成人役割、もっと的確には、進化適応の環境における先祖を特徴づける「伝統的な」性役割の準備をしているように見えます。その例が異なる遊びのスタイルだというのです。就学前の時期に始まり、すべての文化において、男児、そして、多くのヒト以外の哺乳類のオスは、女児よりも取っ組み合い(R&T)遊びを行う傾向が高いのです。R & T遊びにあるとされる機能のひとつは、 R&T遊びと成人の行動の類似性をもとに考えると、男性が行う成人の戦いと狩りの準備であるということです。一方、女児は男児よりままごと遊び、たとえば、人形遊びをすることが多く、女児の遊びは身体にもとづく優劣関係に重点がおかれることは少ないようです。これは女性が主に子どもの世話をすることと関連している、そして、成人男性の関係は身体的な優位性にもとづく傾向が強いという進化による性質と見なされています。とりわけ攻撃性や競争、リスクティキング、空間認知、行動抑制に関する子ども期の性差は同様に、男児と女児で成人の生活への準備が異なることを反映していると仮定されているのです。

進化発達的な視点からすると、種全体にわたるこのような性差は、いかなる生物学的決定論の考え方にも当てはまりません。むしろ、進化による後成的な規則によって男児と女児にバイアスがかかり、異なる環境と経験をもつようになると考えられます。そして、それらのバイアスを文化が支えている限り、子どもは「正しい」方向、つまり、何世代にもわたって繁殖的な成功と結びついてきた成人の行動へと導かれていくと言うのです。しかし、そういった進化によるバイアス自体は、発達的パターンを作り出すには十分ではありません。ヒトの行動は非常に柔軟であり、ある結果が他の結果よりも起こりやすいとはいえ、それが実現するには環境的な支えを必要とするのです。

乳児期や子ども期の多くの側面は成人期の準備と見なすことができますが、それがすべてではないというのです。乳児期や子ども期の多くの特性は、子どもが後の生活の準備をするためではなく、発達のその時期にだけ適応的な機能を果たすよう進化において淘汰されてきたと考えられています。ビョークランドらは、成人してうまく生きていくのに役立つ情報を学習するひとつの方法として遊びを捉えています。しかし、遊びの多くの側面には即時的な機能があるとも考えているとも言います。遊びによって運動と、自分の現在の環境に関する知識が得られ、社会的階層を確立し、コホートにおける「自分の立場」を学習するための安全な場として遊びは機能するのです。