新たな試み

保育に欠かせないものとして「心理学」があります。心理学とは簡単に言うと心と行動の学問であると言われ、ウィキベデアには、「心理学の主な流れは、実験心理学の創設、精神分析学、行動主義心理学、人間性心理学、認知心理学、社会心理学、発達心理学である。また差異心理学は人格や知能、性などを統計的に研究する。」とあります。その流れの中で、保育は子どもの発達を援助する行為のために、発達心理学を学ぶ必要が言われていました。そのために保育者養成校や保育士試験には発達心理学という学問がありました。

発達心理学を学ぶ意義には次のようなことが言われています。保育という仕事は、様々な年代の子ども達の保育を担当するために、子どもたちの発達状況に応じた心理的特徴を理論として身に着けておくことで、日々の保育の場面で、適切な対応をとることができるからと言います。そして、感情の表現の仕方や、論理的な思考の深さなども日に日に変わっていく子どもたちを正しく導くためにも必要であると言います。

一方、保育には、子どもの心の発達だけでなく、身体的な発達、病気や精神的な病気や発達障害も学ぶ必要があります。それが「精神保健」です。保育士試験にはこの科目もありました。平成24年度からは発達心理学と精神保健の二つを「保育の心理学」として一つにしました。さらに、保育は子どもの集団における独特な心理学もあるのではないかということで新しく保育の心理学にした経緯もあると聞いたことがありましたが、どうも子ども集団はなかなか研究対象になりにくく、単純に発達心理学と精神保健を一緒にしただけというイメージがあります。もう少し、子ども集団としての心理学を研究していってほしいと思っています。

また、最近の研究では、保育は単に目の前にいる子どもの発達を見るだけでなく、人類という大きな視点からどのようにヒトは生存し、遺伝子を残し、進化してきたのか、という観点から子どもの心理、行動を考えるということから、進化論と心理学の両面から育児、子どもを考えようということから進化発達心理学が生まれています。さらに、今後の学問として求められるものとして、様々な知見、既知の知識を組み合わせて新たな知見を生み出していく必要性も言われています。私は、特に保育という行為は、ヒトを相手にするために、より総合的な知識が必要だと思っています。多くの研究者たちは、様々な分野において研究をしてきました。それは、ヒトが生きてきた営みを、切り口を変えて研究をしてきたのだと思います。すなわち、ヒトの生活を切り分けて考えてきたのです。そこで、保育という仕事は、それぞれ切り分けられた分野からの研究を今度は一つに集めて、考えていかなければならないと思っています。

私は、今年の11月をめどに本を出版しようと準備を進めています。それは、切り分けて研究されてきたヒトの生存についての研究を結び付けていくという趣旨があります。この本の最初のほうの目次は、「1.人類の進化から考える保育」「2.人類学から考える保育」「3.民俗学から考える保育」「4.脳科学から考える保育」「5.住居学から考える保育」「6.社会学から考える保育」と続いた後にそれらを踏まえて「7.心理学の見直し」があり、様々な視点からもう一度保育を考えていこうとしています。

新たな試み” への10件のコメント

  1. 空へとうねるように登っていく上海タワーの姿は龍に見え、それはもしかすると今の先生の姿そのものなのかもわからないとさえ思えてきました。上海報告を経て新しい章の始まりを予感していましたが、とても衝撃的な最後の段落です。7つに分かれた項目の一つ一つが光を放つかのようで、どのような内容で、またレイアウトで、構成され、展開されていくのだろうと、想像と期待が膨らみます。11月が本当に楽しみです。

  2. 〝保育という行為は、ヒトを相手にするために、より総合的な知識が必要だと思っています〟とあり、藤森先生の講演先でのエピソードやハプニングすらも楽しんでしまう姿勢がまさに、その〝総合的な知識〟を養うのに必要な心得であるように感じました。何でもポジティブに捉える、と言葉で言うと簡単ですが、それを実行するとなると…難しいことなのは今までの経験からも明らかです。まだまだですね。
    題目の〝新たな試み〟は本の出版のことであったのかと最後に分かりました。題目を見てみて、これまでの臥竜塾のブログを読み返してみていこうと思いました。11月が楽しみになりました。

  3. あれは私が高校生の頃だったでしょうか、あるいは大学に入ってからか、今となっては定かではありませんが、「心理学」という学問に何だか惹きつけられたことを思い出します。なぜだろう?と思いましたが、その頃の私は哲学という学問領域に入っていましたので、人の心を研究する心理学には何か部分性を感じながら、しかし「人の心」がわかる学問かと思うと無碍に捨てきれず。保育界に就職してこの世界がこれほど心理学王国だとは、と驚いたほどです。そして、いまだに、ある保育団体は「心理学者」を重用し、心理学なんだか哲学なんだかわからない論を展開しては思考遊びに慣れない業界人をもてあそんでいるかのようです。当のご本人はいたって真面目です。さて、臥竜塾ブログは「上海報告」まではビョークランド博士による「進化発達心理学」の論をずっと紹介してきました。とても勉強になりました。進化の側面から人の、特に子どもの発達心理を読み解く。この分野、今後ますます参加になることでしょう。期待しています。さて、11月に出る藤森先生の新著、今から楽しみです。先生の思索の跡、実践の軌跡を辿ることができる。わくわくします。

  4. 「心理学」と子どものの関係は、実際の保育の中においても、感じる場面が多々ありますね。
    「保育は子どもの発達を援助する行為のために、発達心理学を学ぶ必要ある」とありましたが、心理学を学んでいることで、子どもに対してもうまく接することが出来る。そしてそれが人類という大きな視点まで発展すると、日々の保育に関する認識も変わり、保育者として、より充実した毎日がおくれる気がします。人類の謎は赤ちゃんから解明できるということが少しずつ言われるようになってきた中、自信をもって子どもたちについて語ることが出来るよう自分の保育感を磨いていきたいと思います。先生の書籍をとても楽しみにしております。

  5. 「ヒトの生活を切り分けて考えてきたのです。そこで、保育という仕事は、それぞれ切り分けられた分野からの研究を今度は一つに集めて、考えていかなければならないと思っています。」という部分ではとんでもない作業になるのではと思っていますが、それを本にまとめようとされているのですね。おそらく私は普通に保育士をしていたら
    こういった人類から保育を考える機会はなかったと思います。更にその奥まで保育を考えていく姿勢というのも昔の自分ではあり得ません。保育の奥深さを知るたびにまだまだだなと次のステップへ行かなければと思います。

  6. 「特に保育という行為は、ヒトを相手にするために、より総合的な知識が必要」とありましたし、進化発達心理学の説明にも「保育は単に目の前にいる子どもの発達を見るだけでなく、人類という大きな視点からどのようにヒトは生存し、遺伝子を残し、進化してきたのか」とあるように、保育をもっと幅広く、柔軟に捉え、追求していく必要性を感じます。しかし、それだと把握する知識が莫大な量になり、把握する自信があまりありませんが、「それぞれ切り分けられた分野からの研究を今度は一つに集めて、考えていく」とありました。それを藤森先生が本として出版してくださることほど、心強いことはありません。出版され次第購入して勉強させていただきたいと思います。

  7. 養成校時代には、心理学という分野はありましたが、他の養成校のものとは、違うところがあり、最近、養成校でも心理学は必修ではあるが、その講師が必要だと思うもの、主観的なものが先行し、統一化されていないため、その内容にもばらつきがあり、本来、学びべきものを知識として得てから、現場で働くという形が基本になるのですが、実際には、現場に入って知らないまま、子どもを見るということが現状にあるという話を思い出します。「発達心理学」や「精神保健」である部分を知る得ることが”日々の保育の場面で、適切な対応をとること”へつながることを頭に入れておく必要があると思います。そして、子ども集団のなかで見られる子どもの育つ力というものを現場からの声として、深める研究の要因にしていかなければならないと思います。

  8. 子ども一人に対しての心理学というか、確かに心の発達を理解することは大切なことかもしれません。様々な場面で子どもを理解する上で役に立つのかもしれません。しかし、子どもたちは常に集団、子ども同士で活動します。そうなると子ども集団での心理学として研究が必要ですね。さらには藤森先生が講演でも話される保育を人類の進化から考える事も重要なことですね。色々な切り口を一つにまとめて考える、それだけ保育というものは奥が深いものだと思いました。

  9. 進化発達心理学という分野が存在するということは藤森先生から教えていただき、はじめて知りました。目の前の一人の子どもの発達だけではなく、もっと大きな視点で発達を見ることができると、子どもの行動の意味がまた違ったものに見えてくるということもありそうですね。そのような視点を持つことの重要性を藤森先生のお話の中からは感じます。また「今後の学問として求められるものとして、様々な知見、既知の知識を組み合わせて新たな知見を生み出していく必要性も言われています」とありました。これも先生の話の中で、関連つける学習ということで出てきますが、これからの時代に必要な力になっていくのが、この関連つける学習になるのですね。進化という人類を大きな視点で見た時に見えてくる保育と、今後の人類を考えた時に必要になる力というものをクリアにしてもらえることで、私たちが今何をしなければいけないのかということを示してもらえるような気がしています。

  10. 藤森先生の講演や話、この臥龍塾ブログの内容を見ていても、子どもたちの育ちを見ていく上で発達ということの重要性だけではなく、人類の進化から見ていくことの必要性を感じます。進化の過程から見ていくと人の発達もより理解していくように思いますし、何よりも子どもたちを肯定的に見ていけるように思えてきます。「なぜ、そうするのか」「そこにはきっとなにか意味があるのだろう」と進化論から見ていくと、子どもたちの発達や行動には一つ一つに意味があるということがわかります。学校で保育の話を勉強していても、「そういうもの」という勉強が多く、「進化」という目線でみることはとても新鮮であり、実に興味深いです。この新しい試みはまさに今の過保護・過干渉、又は、放任といった子どもたちとの関りが今までとは違う少子社会において、考えられるべきアプローチですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です