上海報告8

私は以前中国に行ったことが4度ほどあります。香港、上海、広州、南京あたりです。その時は、どの回も基本的には観光ではなく、教育事情視察で、しかし随分と前のことですので、だいぶ今回と印象が違います。まず、町の中で印象的なのは、自転車が多かったという印象ですが、今回は、特に上海ということもあって、自転車に乗っている人はほとんど見ず、自転車レーンではなく、バイクレーンが設置されているほどバイクをよく見かけます。もちろん、車も多いのですが。また、以前行った時にはまだ海外からの視察は、政府によって決められた場所の見学、決めた店舗での買い物、決められた紙幣のみの使用が許可されたものでした。ですから、一般庶民の生活はあまり見ることは自由にできませんでした。

今回も日程的な事情で観光は基本的にはできませんでしたが、それでも地下鉄に乗り、タクシーに乗り、街を歩きました。中山さんと邨橋君はリニアモーターカーにも乗ったそうです。この上海リニアモーターカーは、日本でも今試運転中ですが、上海では、2001年に建設が開始され、2004年に正式営業を開始したそうです。最高速度は431km/hで商業ベースの路線では世界一の速さを誇っているそうです。区間は、私たちが利用した「上海浦東(プードン)国際空港」と市街側にある「龍陽路駅(竜陽路)」までの約30kmで、その間をノンストップで、8分で行くそうです。料金は、片道50元(860円ほど)です。8分にしては高いですね。しかもそんなに短い区間でもいわゆるグリーン車は、100元もします。ちなみに地下鉄は、普通のチケットは、1回のみで3元〜で、1日パス(24時間乗り放題)は18元です。

23日の講演の日には、ホテルまで車で迎えに来てもらい、研修会場である「Freesoul幼稚園に向かいました。この園は、モンテソリ教育を実施している幼稚園で、入学年齢は、IC混合年齢(18ヶ月〜3歳)とCASA年齢クラス(3-6歳)で構成されています。定員はよくわかりませんが、確か5~60人といった気がします。この園についてまずびっくりしたのが、その建物です。園のHPに書かれてある「ヨーロッパの古典建築と自然の組み合わせは、宮殿風の宮殿様式の子どもの家」そのままでした。そのゲートをくぐると、今回の研修会の看板があり、面白いのは、その看板に、参加者がサインをすることです。その形式は中国の研修会ではどこでもやるのかわかりませんが、面白いですね。

そして、講演会場に案内されました。そこには、参加者が100~200名くらいがすでに座っていました。舞台の上には、今回のテーマである「食育」についてのスライドが投影されていました。今回、私は食育について話すことを頼まれたのですが、その内容について迷っていました。なぜなら、たとえば、食育についての取り組み事例や、安全食品の大切さなどを中国で話してみたところ、なんだか聞く人は興味を持たないでしょうし、本当は、私が提案する「見守る保育」について話をしたいと思っていたからです。ということで、直前になって考えたのが、“「与えられる」から「自分から」Mimamoru Approach”というタイトルで話をすることでした。その内容として、「子どもの心と体の健康は、栄養を子どもの体に注入することではなく、自ら食べる、自ら選ぶ、自ら表現をするといった行為によってもたらされることがわかっています。それは、今後求められる子どもたちの力と関係しています。

食は、生きる力の基礎となるのです。」というものにしました。

上海報告8” への7件のコメント

  1. 『地球の歩き方 上海』にもリニアモーターカーのことが紹介されていました。乗り物好きの私にとっては、乗ってみたくてたまりません。しかも「時速431㎞」とあります。このリニアモーターカー、私は上海滞在中3回乗りました。そしてその最高速度を体感しようと思ったのですが。乗ってみました。そして3回とも最高時速は301㎞でした。ちょっとがっかり。日本の新幹線は時速320㎞で走行中。仁川でもリニアモーターカーに乗りました。こちらは開発途中なのでしょう。とてもゆっくり走行していました。日本でもリニアモーターカーの試乗会があると聞いています。乗ってみたいな。さて、藤森先生のフリーソウル幼稚園での講演タイトル“「与えられる」から「自分から」Mimamoru Approach”は、先生主導の教育世界から子ども主体の生成提案、という感を抱きました。食べることは極めて自発的な営みなはずです。見守るの切り口は食についてもその威力を発揮しますね。

  2. 看板にサイン、とてもお洒落ですね。シンガポールでの書籍の積み方がとても印象に残っていて、同じ雰囲気を感じます。ユニークでユーモアがあって、生まれたそんなアイディアが採用される風土というものが根底にあることを感じます。
    講演内容は直前になって変更が成され、それは会場に集まられた方々へのおもてなしのようで、話すこと、語ること、その内容は聞き手の為であるという、この原則を日常の会話にも活かしていきたいと思います。

  3. リニアモーターカーに乗れるんですね。乗ってみたいです。日本ではだいぶ前から研究というか、試運転を実用化に向けてしてるみたいですが、なかなか実用化までは至ってないみたいですね。
    いよいよ講演の内容に入ってきました。直前で内容を変えようと思ったのは、その会場に集まっている人たちをみてそのように思ったのでしょうか。聞く人によって話の内容を変えるという藤森先生のある意味でのおもてなしのような部分が読みとれます。きっと講演は大成功で終わることとなったのだろうということを感じさせてくれました。

  4. リニアモーターカー、30kmを8分というのは、ものすごく早いですね。時間にしては、確かに高いなという印象ですが、時間を買っていると思うと安いのでしょうか。
    食育というテーマから保育なかでの変化、”「与えられる」から「自分から」”という子ども主体である保育には、大切なワードのように感じ、さらに、10の姿にもつながる、子どもの心と体の健康について、しっかりとした子ども観をもつことが重要であり、生きていくために必要な食は、自発的に行うものであるからこそ、子どもが自ら行える環境を十分に用意しなければならないことを感じることができました。

  5. 最高速度は431km/hで商業ベースの路線では世界一の速さを誇っている上海リニアモーターカーにすごく興味をそそられました。1度でいいから体験してみたいものです。そして、研修会の看板に参加者がサインをすることがあることを初めて知りましたし、面白い取り組みだなと感じました。どのような意図があって取り組み始めたのかが気になるところです。また食育というテーマながらも「見守る保育」の核たる部分を伝えるために「子どもの心と体の健康は、栄養を子どもの体に注入することではなく、自ら食べる、自ら選ぶ、自ら表現をするといった行為によってもたらされる」ことにつなげる。とても勉強になりますし、全ては繋がっているようにも感じます。

  6. 中国の少しクセのある感じが垣間見える内容ですね。個人的にリニアモーターカーには乗ってたいですが、安全面なのどの心配もあります。様々な物を真似しているイメージがあるため少し信用性に問題を感じてしまいますね。そして最後にある講演の内容には率直にあーなるほどと思うところです。講演に内容や切り口を講演のテーマに沿って考えることすら何日もかけて考えることであると思っていますが、瞬時にそうした移行を行うことの偉大さを感じます。やはり、その講演も聞いてみたくなります。

  7. 少し前に山梨県のリニア鉄道博物館に行ってきました。実際に走行していたので時速500㎞を見てきましたが、もの凄いスピードでした。まだまだ日本で走行するのは先のようですが、楽しみです。今回は食育がテーマで講演依頼だったのですね。確かに藤森先生が言われるように、せっかくならば「見守る保育」について話した方が聞き手も面白いでしょうし、今後につながる可能性もあります。「食は生きる力の基礎となるもの」食育のテーマに沿ってはいるものの、見守る保育の考え方がふんだんに詰まった内容だったということが伺えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です