上海報告11

豫園から少し歩くと川べりに出ることがわかりました。大雨でしたが、せっかくなので、そこに行って上海タワーを見ようということになりました。上海タワーは、2016年に完工した中国で一番高い超高層ビルで、ドバイのブルジュハリファ(高さはなんと828m)に次ぐ世界第2位の高さを誇ります。ですから、大雨のこの夜は、たぶん雲に隠れて見えないだろうとは思いましたが足をびしょびしょにしながら川をめがけて歩きました。

上海タワーの延床面積は433954平方メートルで階数は128階、最頂部高さ632m、構造物の高さ580mです。(塔も含む建造物全体では、2m高い東京スカイツリーに次ぐ3番目の高さです。)2008年11月29日に着工し、2016年3月12日に上海タワーとして正式に完工しました。 設計は、いくつもの国内外の設計団体たちによりコンペが行われ、アメリカのSOM建築設計事務所、アメリカKPF建築士事務所及び上海現代建築設計グループ等が設計に携わりました。最後は、アメリカのGensler建築設計事務所の“龍型”のビル案と、イギリスのフォスター建築事務所の“尖頂型”が残りましたが、審査の結果、“龍型”のビル案に決定しました。上海タワーの外見はギターのピックのような形で、高くなるに従って、一層ごとに1度近く曲がります。この様な設計は風圧を削減できます。

川のほとりに着きました。この川は、黄浦江(こうほこう)と言い、上海市内を流れる、長さ97kmの川です。下流の呉淞口で長江に合流し、東シナ海に注ぎ込んでいます。川幅は平均400mほどですので、対岸はかなり向こうの方に見えます。着いたところは、川沿いに整備された公園で、普段は多くの人でにぎわっているようですが、私たちが行った夜は大雨でしたので、他人は誰もいませんでした。川向うには様々な形をした高層ビル群が見えます。実は私は以前上海を訪れた時、この公園から対岸を眺めました。対岸には、すでに高層ビル群が並んでいたのですが、その中で特別に目立っていたのが、上海のランドマークにもなっている、東方明珠電視塔でした。この塔は字の通り上海テレビ塔で、高さ467.9mで、スカイツリーが完成するまでは、アジア一位の高さを誇っていたそうです。

今回、川の向こうの方に雲に見え隠れしながら上海タワーを見ることができました。ちなみに、中山さんと邨橋君は次の日に上ってみたそうです。今回、そのビルというよりも、ネオンで鮮やかに彩られた川下りクルーズ船を見ることができました。船内からは、楽しそうな声が聞こえてきます。この「黄浦江クルーズ」は、外灘と浦東の観光ポイントを一度に眺められるので観光客に大人気のようで、この日は大雨でしたが、夜景観賞のために、多くの乗船客が桟橋に並んでいました。ほぼ1時間かけて川を一周するそうですが、3時間というクルーズもあるそうです。

その後タクシーで宿泊先のホテルまで帰ろうとしたのですが、なかなか拾えず、ちょうど近くにホテルがあったので、そのフロントでタクシーを呼んでもらって、無事にホテルに戻ることができました。

次の日の午前中、私は二人に見送られて羽田に向かいました。とてもエキサイティングな上海講演でした。

上海報告11” への8件のコメント

  1. 上海タワーのうねるような形は龍を表しているのですね。先端が雲に隠れた姿はまるで龍が天へと登っていくようで、鮮やかなネオンライトと合わさってとても美しく見えます。そしてやはり先生と龍との縁を感じ、導かれるように上海へ向かわれたのだと理解しました。
    「とてもエキサイティングな上海講演でした。」上海安着に至るまでの報告が思い出されます。今回「事後報告」という形での報告であったことが読んでいる際の安心材料であったような、振り返るとそんな気がする程の艱難の連続であったように思われます。それを楽しまれるかのような先生の御姿勢こそ人生を謳歌する秘訣のような気がしました。上海講演、お疲れ様でした。

  2. 上海料理店で食事した後の川岸までの徒歩散策。途中のお店を気にかけながら、大雨の中の強行軍。対岸の上海タワーをはじめとする高層建築物群は中国経済発展の凄さを象徴しています。雨は凄かったですが、雨の上海もまた一興。私は、雨に煙る摩天楼、に感動しておりました。帰りのタクシー、行きの半額料金で良かったですね。ホテルの違う私は徒歩と地下鉄利用。道に迷ったら沿道のお店に立ち寄り、習いたての中国語で、この方向で地下鉄の駅に行けるか、とたずねては、まくしたてられる中国語が全く分からず、それでも指差しにより方向の正しさを理解でき、事無く、地下鉄の駅に辿り着き、無事宿舎まで帰ることができました。「とてもエキサイティングな上海講演」でした。現地ガイドのいない海外旅行は久しぶりでした。怖いもの知らずの私は瞬間瞬間がエキサイティングでしたね。藤森先生の『見守る保育』は中国語に翻訳され、知っている人は知っているという事実を私は確認しました。ソウル、シンガポール、上海。東アジア地域に藤森メッソドは浸透しつつあります。

  3. 大雨でも少しの時間でも観光に出かけて行こうと思い、本当に出かけていってしまう藤森先生の行動力の高さに驚きます。
    そのような姿勢でいることがどこでも、何からでも気づき、吸収してしまう藤森先生の根元の部分なのかもしれないな、と読みながら思いました。
    そして、上海タワーが龍型になっているというのも何か運命のようなものを感じてしまいます。
    上海講演など東アジアでの活動も増えてきていて、ますます活躍の場が広がっていますね。これからもさらに広がっていくことが確信できるこの度の報告であったように感じています。

  4. この景色を見ていると、上海が発展した都市であることがうかがえるところです。このような社会が成長することで、包まれていくのが貧富格差のように思います。
    お金を持っている人ばかりがいるように見えてくるぐらい、立派な建物が並びますが、そうした影には、金銭に悩みがある人が多くおり、そのような人々がよりよく生活するために、国としてどのように取り組むのか、大切な部分であることを感じます。ブログを通して世界を知る機会があることが、世界をもっと知りたいと思える気持ちにさせられます。

  5. どの写真にもネオンが目に付き、行ったことがないにも関わらず、勝手にラスベガスに近い印象を受けました。上海タワーが“龍型”のビル案であることを初めて知りましたし、それが風圧を削減できることも初めて知りました。改めて、当ブログでは保育以外の学びや気付きが得られるので、一石二鳥な気持ちで毎回読ませていただいています。また、今後高層ビルなどが建つ際に龍型が増えたら、とても奇妙な風景になるのではと勝手に想像しているところです。エキサイティングな上海出張、公園と本当にお疲れ様でした。

  6. 本当にエキサイティングな上海講演だったことが伺えます。しかし、大雨でも夜景が綺麗ですね。藤森先生の好奇心というのでしょうか、行動力というのでしょうか、全てなのでしょうが、周りの事を全て吸収し、フィルターを通ると保育に通ずるものが見えてきているような印象です。読んでいてもとてもエキサイティングでした。

  7. 最初から最後までエキサイティングな出張でしたね。思い出に残る分、疲れたでしょう、お疲れ様でした。中国と聞くと様々な印象を持ちます。イメージ通りのところもあれば、上海蟹のように全く違っていたり、前回の報告にもあった豪華な幼稚園、そして格差など、なかなか考えさせる内容でした。同じアジア圏でもとても近い国ということもあるのか、少し親近感というか、またドイツ報告とは違った感覚です。

  8. 上海というのはとても近代的な都会なのですね。写真を見てもなんだか綺麗で、大都会というような印象を受けました。上海タワーなるものもあるのですね。高さを聞いて高所が苦手な人間としてはゾッとしますが、同時にそんな高いものが作れるというのはすごいことだなと感じました。同じ中国の北京と比べてもまた上海は違う雰囲気の都市なのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です