上海報告10

講演が終わった翌日には、私は朝一番で帰国しなければなりませんので、(それは、決して猛烈サラリーマンのようにアクティブということではなく、中国東方航空上海発羽田行きがその時間にしかないため)今回観光は全くできそうもないので、講演の後、夕食を食べがてら少し観光しようということになりました。最悪、かなりの大雨でしたが、ホテルからタクシーで「豫園」というところに向かいました。ここは、上海市にある明代の庭園で、観光スポットになっていますし、この庭園の周辺は、ショッピングエリアになっています。

「豫」は愉を示しているそうで、「豫園」というのは「楽しい園」という意味になります。ここにはいろいろな歴史がありますが、現在は、西園の約半分を庭園として残りの部分が豫園商城となっています。この豫園商城も上海を代表する観光スポットの一つで、買い物&グルメスポットです。ここは観光スポットですが、多くの人たちは基本的には国内の人がほとんどで、海外からの観光客は少なかった気がします。そして、その建物はお土産物屋にしては、伝統建築様式の小さな店が並んでいます。この店の中に、スターバックスがあったのですが、伝統的なしつらえでした。また、豫園商城の道も、豫園新路、豫園老街、文昌路、凝暉路などのメインストリートと、それらをつなぐ細い路地から成っていて、活気があふれていました。

このあたりをブラブルしていると次第に暗くなり始め、どこかで夕食を食べようという話になりました。せっかくなので、上海焼きそばを食べてみようという観点で店を探しました。そこで、観光の書籍に掲載されている店を見つけ、そこに入りました。まず、頼んだのは、もちろん上海焼きそばです。私の住んでいる地域に、上海焼きそばと広東焼きそばがあるのですが、上海焼きそばは随分と違ったものでした。

あと問題なのが、試しに頼んだ上海ガニです。出てきた上海ガニを口にした途端、あまりに甲羅、足が固くて歯で砕くこともできません。どう食べるのかを見せの人に聞いてみたのです。すると、なんと「わからないので上の人に聞いてきます。」と言うのです。待っていると、上の人が出てきて、手で食べるというのです。それも自信なさげに言うので、「えっ?」という顔をしていると、ビニール手袋を数枚持ってきました。これを手にはめて食べるといいというのです。店の人が去ったあと、しばらく格闘しましたが、ほとんど中身がなく、甲羅もバリバリ食べるには硬く、基本的には下の方に餅があったので、かには単にダシ取りではないかということになりましたが、ちょっと心が不消化でした。

上海報告10” への3件のコメント

  1. 島根へ行った時にも感じましたが、スターバックスの精神は学ぶべきものが多くあるように感じられます。建物に土地の文化を反映させるそのノウハウについて勉強してみたいと思いました。
    先生の好物焼きそば、本場上海の味はまた一味違ったものであったようですね、いつか食べてみたいです。上海ガニの話は思わず笑ってしまいましたが、考えさせられました。普段提供しているものについて掘り下げて考えるというような癖、そのような習慣を身につけることはとても大切なことですね。

  2. 上海観光スポットの豫園。上海の過去を体験できる場所でした。お店をあちこち散策しまして、なんと、切手屋さんが並ぶ一画に入った時には心臓がバクバクしてしまいました。私の切手趣味癖が頭を擡げました。しかし、そこは自制。自分は中国切手に関する知識がない。切手屋で買ってもその値段が高いのか安いのかわからない、結局、かもねぎになるだけだ、・・・。藤森先生、邨橋さん、と一緒だったのが幸いしたと思います。何とか、その一画をスルーできました。ちょっと、お店の人に切手をみせてもらっても良かったかな、とその後思ったのでした。さて、夕食を頂いた上海料理店は『地球の歩き方上海』に紹介されています。総じて、美味しいと思いました。「上海ガニ」は有名ですね。悪戦苦闘しましたが、上海ガニを食することができて、良かったです。青島ビールに上海やきそば。チャーハン。どれもこれも美味。上海文化を堪能できました。

  3. 上海報告10

    太宰府天満宮の参道にあるスターバックスもその景観や雰囲気を乱さない作りになっていて、驚いたのを覚えていますが、上海でもそのような作りになっているんですね。スターバックスの会社として、世界という大きな枠での統一性と周りの環境に対応するような姿勢は自分たちにも学べるものがあるように感じました。
    上海ガニは固かったり、食べる部分が少なかったり、店の人が食べ方を知らない感じであったりと困る状況でも楽しんでいる藤森先生が文面から伝わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です