相乗的相互作用

ヒトの新生児は白紙状態であるという概念は時代遅れであり、ほぼ世界中の発達心理学者が却下しています。では、新生児は何をもって生まれてくるのでしょうか?ビョークランドは、その答えは、後成的なプログラムであり、それは悠久の時間をかけて進化してきた、太古の祖先が経験した環境の一般型に対応したものであると答えています。これらのプログラムが絶え間なく環境と相乗的相互作用をすることによって、発達のパターンや、その結果として成人行動が生まれ、私たちはひとつの種としての特徴を手にするのだというのです。

ホモ・サピエンスが他の種と異なる点は多くありますが、今までのブログでも書いたように、特に発達的視点に関連しているのは、長い未成熟期なのです。ヒトの個体発生のタイミングは、霊長類の系統発生に見られる傾向が延長されたにすぎませんが、ヒトは他の哺乳類より「前生殖期」が長いのです。若い時期の長期化には明らかにコストがあります。死亡率は乳児期以降、急激に低下しますが、先史時代の多くの子どもは伝染病や病気、事故によって、性的に成熟する前に死亡していたことは明らかです。しかし、その時期が長いことによて、発達の速度が遅いことに伴う多くのコストを上回る、何らかの非常に大きな利益があったはずです。それらの利益は、ヒトが複雑な社会的共同体にうまく対処することに見てとれると言います。ヒトの認知的な進化について現在よく用いられる説明では、ヒトの知的進化にかかった唯一最大の圧力は、同種個体と協力し、競争する必要があったことであると言われています。ヒト科の集団がより複雑になるにつれて、個体は自分自身をもっとよく知り、同種個体の思考や願望、知識をよりよく理解し、おそらく他者を操作することが必要になってきたのでしょう。社会的な世界でよりよく生きていくことができた者は、質の高い配偶者や資源を得るという意味でより多くの利益を手にし、自分の認知的特徴を子孫に伝えていったのです。

しかし、世界中でヒトの集団は類似してはいるものの、多様性も高く、集団生活の予測のつかない変化をうまく乗り切るためには柔軟な可塑性に富む知能が必要でした。これには大きな脳が必要なだけではなく、脳の完成にも長い時間がかかってしまいます。大きな脳や社会的複雑性、長い未成熟期が混じり合い、現代のヒトの心の舞台が作られたのだとビョークランドは言うのです。

乳幼児期の経験は個体が成人としての生活を準備するためにあるという考え方は、おそらく発達心理学の規範のひとつです。進化発達心理学の見解も同様であり、乳幼児期のある側面は、おそらく成人期に役立つ社会的集団の様式を学習する機会を子どもに与えるために淘汰されて残ったと考えます。そこで、遊びの諸側面は準備メカニズムのよい例なのです。子どもは遊びを通じて身の回りの物理的環境や社会的な世界について多くのことを学び、それが後の人生で役立つのです。

子ども期にはこの説明に合う側面が多くありますが、「成人期の準備としての子ども期」仮説をおそらく最も大きく反映しているのが性差なのです。