細分化されている中で

発達心理学の分野は細分化されすぎ、あまりお互いを知ろうとしないだけでなく、もし学者たちが他の学者の研究に利点があると思ったとしても、分析のレベルが違いすぎて共通の興味を抱く余地はほとんどなく、特に語り合うこともないことが多いそうです。さらに、発達心理学における「主要な」下位区分間のコミュニケーションを考えると、その分裂はもっと大きくなっているそうです。

おそらくこのコミュニケーション不足は単に、基礎知識が急激に広がっている状況のなかで、科学者が専門性を高める必要があった結果として生じたのであろうとビョークランドは考えています。おそらくジェネラリストの時代は終わったのだというのです。たしかにこの言い分には一理ありますが、少なくとも発達心理学の領域内では、知識の統一の見込みがあると考えられており、それは発達を理解するための共通点が見出されてはじめて達成されうると考えられています。

ビョークランドらは、彼らの考察から、発達心理学における幅広いトピックからのデータを呈示し、現象には多様性があるものの、共通性を見出したと確信しているそうです。この共通性と関連しているのが、進化の原則にもとづく発達的な視点だと言うのです。進化発達心理学は発達心理学のメタ理論として有効であり、催奇形物質に対する胎児の反応から感覚発達、空間認知攻撃性、遊び、心の理論まで多様なトピックを発達のひとつの大きな側面のもとにまとめることができると彼らは考えているのです。このメタ理論は、問うている発達の特定の側面を説明する、より領域固有の理論の必要性を排除するものではないと言います。メタ理論によって得られるものは発達の全側面に適用できる包括的な一連の原則であり、この領域の人々に十分共有されれば、すべての発達科学者のコミュニケーションの土台として役立つと考えていると言います。

進化発達心理学は「ヒトであるとはどういうことか?」という心理学の核心となる問いへの答えを出す上でも、きわめて役に立つとビョークランドらは考えているそうです。この問いは少なくとも古代ギリシア時代以来、そしておそらくさらにラスコーの洞窟画家や狩猟採集者たちにまでさかのぼって、人類の興味をひきつけてきました。この「生命の意味」の問いに答えるための標準的なアプローチはないと言われています。しかし、多くの人たちはすでにそう考えているだろうとビョークランドらは思っているそうですが、これこそが正しいと主張するのではなく、論理的に考えることこそが進むべき最良の道筋であると考えているようです。しかし、どのような種類のデータを探索し、ヒトの本質を考えていけばよいのだろうか?と疑問を投げかけています。明らかに、ヒトの大人を慎重に検討して「完成版」の実態を把握する必要があります。しかし、ヒトの本質には文化が介在しているため、非常に多様な社会的状況で生活しているそれぞれの人たちが、全てのヒトが直面する同じ問題をどのように理解し、解決しているかを評価する必要があるのです。進化心理学は良い実績をあげてきており、大学生に巧みな実験をし、独自のデータ、記録文書によるデータの双方による異文化間のデータを用いて、この核心となる問いを評価するためのデータベースを生み出しているとビョークランドは考えていると言います。