遅延的利益

ティンバーゲンは、行動の意味の理解に不可欠な、4つの問いを提唱したことは随分と前になりますが、紹介しました。その古典的な問いは、「その行動によって生物にもたらされる即時的利益は何か?」「その行動によって生物にもたらされる即時的結果は何か?」「その行動は種の中でどのように発達するのか?」「その行動は、種としてどのように進化してきたのか?」であり、これらの問いに答えるには、発達的視点が不可欠であるとしています。この古典的な「4つの間い」に従うと、機能には社会科学と行動科学において、少なくとも2つの意味があるとビョークランドは言っています。究極的には、機能はその種にとっての生物学的適応の進化の歴史という点から定義することができるというのです。それは、何世代にもわたって、主として個体がうまく生存し繁殖することを高めるようある行動が付加されてきたなら、その行動はこの「究極的な」意味で機能的であるからです。

淘汰に関する進化の歴史には関係なく、どんな個体にとっても生涯の間に有益な結果が生じるという点から機能を定義することもできると言います。したがって、この意味の機能は個々の遊ぶ者の生涯に生じる成果のことなのです。利益は子どもの頃にすぐさま生じるかもしれないし、大人になるまで遅延するかもしれません。たとえば、社会的な身体的遊びは仲間集団との交友という点で、即時的な価値をもつでしょう。あるいは、遅延的利益をもたらし、後に社会的な合図を符号化し、解読できるようになる能力と関連しているかもしれないのです。

ケイガンによると、ピアジェやヴィゴツキーも含めて大半の発達理論家は、遊びの利益は子ども期ではなく、後の発達でどのような価値があるかという点から理解されると主張しています。彼らの主張は、とても重要なことを示唆していると私は思います。なぜならば、子どもの行動、行為は、これから先の人生において、意味あるものとして準備期であるからです。保育所保育指針にも、「子どもが現在を最も良く生き」るのは、「望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うために」です。以前のブログで、ビョークランドが愛着について考察しているところで、最近の愛着に関する知見では、愛着システムは、乳児の生存を促すことに加えて、個体がその後の環境に適応するために進化してきたという説明がされているそうです。現在、情緒が安定する、しないだけでなく、その後の環境に適応するためにそのシステムを進化させてきたというのです。それが、遅延的利益というのでしょう。

ケイガンは、遅延的利益という考え方は、発達心理学者がヒトの発達における初期経験の重要性にとらわれていることに原因があるのではないかと指摘しています。この考え方では、遊びは後に成人としての機能を果たすための準備として役立つと言うのです。そのため、遊びは成人行動の不完全版と見なされてしまうのです。先に述べたように、遊びにおける性差は、男児と女児がそれぞれ成人して担うと考えられる異なる役割を果たすための準備として解釈されることが多いのです。

べイトソンはこれを遊びの足場作り的な見方と呼びました。つまり、遊びはスキルを組み立てていくなかで機能し、スキルが完成すると解体されるというのである。遅延的利益をもつ遊びの古典的な例は男子に特徴的な戦いごっこであり、成人の狩りと戦いのスキルの訓練と見なされるのです。