ファンタジー遊び

場によって、物を使った遊びをする時間に劇的な差があることからも、さまざまな状況における子どもたちの行動を記述する重要性が指摘されています。就学前施設以外の場における子どもの研究の要請は今に始まったことではありませんが、ビョークランドはもう一度確認をしています。遊びや他の行動の役割を、個体や種の発達において理解しようとするなら、そのような記述情報は欠かせないと言います。ある活動における、コストの測度としての時間とエネルギー消費は、考えられる機能、あるいは利益を実証するために必要な第一歩だと言うのです。この点からいうと、行動は利益がコストを上回ったときに機能的となります。

つぎに、ファンタジー遊びについてです。ファンタジー遊びや象徴遊び、ふり遊びは幼児期の遊びの典型です。ファンタジーには、行為や物や仲間をあたかも別の物やことであるかのように見たてることが含まれます。よくあるのがお母さんや消防士、お医者さんなど、わかりやすい役割を演じるものです。たいてい、遊んでいる本人はファンタジーによって現実とは異なる立場をとり、役割を演じる一環として場面の心的表象を用いています。園では、ごっこゾーンとして、その役割が演じられるようなものを用意します。

共通して認められているファンタジーの構成要素としては、脱文脈化された、一連の行為の連続からなる、自己と他者関係、物と役割の代替などがあると言われています。脱文脈かというのは、ある行為パターンや道具をその機能的な文脈の外で用いることを指します。たとえば、攻撃的行為を攻撃的ではない文脈で用いることができるというようなことです。脱文脈化した行為は、さまざまな長さの遊びへと連続的に結合されていきます。たとえば、人形に食べ物を与えて、次に揺り動かしたり、遊びを開始するといった遊びの表情を見せてから遊びでかみついたりします。自己と他者関係によって、一人遊びから社会的遊びへと移っていきます。最後に、物と役割の代替により、物や遊ぶ者が他の物や役割をとります。たとえば、人形を赤ん坊として用いたり、それは物の代替です。また、優位な個体が従属者の役割を引き受けたり、それはセルフハンディキャッピングという役割の代替であり、これらをすることができます。動物の遊びに関する文献では、セルフハンディキャッピングは立場逆転の一形式として扱われているそうです。

では、このようなファンタジー遊びは、ホモ・サピエンスに限られるのでしょうか?この疑問に対して、グロースは、ファンタジー遊びは多くの種で起こると主張しましたが、最近の学者たちはファンタジー遊びはヒトに限られると主張しているそうです。つまり、社会的な遊びや物を使った遊び、身体を動かす遊ひとは異なり、ファンタジー遊びには「系統発生的な不連続性」があると考えられているからです。ファンタジー遊びはヒトに限られるという考えは、ファンタジー遊びには「メタ表象」が必要であるという仮定にもとづいています。メタ表象には、自分がふり遊びをしていることを子どもが認識していて、ふり状況が心的に表象されていることを自覚している必要があります。ファンタジーをこのように自覚するようになったとき、子どもは心がさまざまな方法で世界を表象することにも気づいています。これが心の理論をもつと言われるときであり、誤信念課題に正しく答えられることからわかると言います。

ファンタジー遊び” への8件のコメント

  1. 「ファンタジーをこのように自覚するようになったとき、子どもは心がさまざまな方法で世界を表象することにも気づいています。」感動します。子どもの感動に気付かされるようであり、その感動を知った子どもたちがごっこゾーンで遊びを展開させているのだと思うと、とても感動的です。長男との会話がとても楽しい毎日ですが、冗談を言うようになった時もとても感動しました。空想的であり、そしてそれがきっと相手も面白いと思うだろうと思いながら話している、という複雑な脳の動きがあることを思います。遊びの中で発達をしていく、それは会話においてもそういうものなのかもわからないと思いました。

  2. 「ファンタジー遊びや象徴遊び、ふり遊びは幼児期の遊びの典型」とあります。子どもたちが成りきって遊んでいる姿は見ていて微笑ましいものがあります。自分が子どもだった時分がふと蘇ります。我が家にはおもちゃがたくさんあったかもしれません。私が通っていた保育園より多分おもちゃの種類は多かったかもしれません。しかも、大工であった父の仕事場には角材の切れ端や鉋屑、釘などがたくさんあり、いわゆる「おもちゃ」よりもそれらのほうが想像力を掻き立ていろいろな見立て遊びに友だちや兄弟、時にはひとりで興じていたことを思い出しますね。園の子どもたちは衣装を身に付けながらごっこ遊びを楽しんでいます。ブロックゾーンでは様々なものがブロックで造形され、そこには子どもたちの世界が生み出されていきます。先生に指導されながらやるのではなく、子どもたちが自分たちなりに、それ以上でもそれ以下でもないしかたで、ファンタジーや象徴、ふり遊びに興じている姿は彼らが持つ途轍もない可能性を私に示してくれるのです。

  3. 〝最近の学者たちはファンタジー遊びはヒトに限られる〟遊びであるということなんですね。我が子の次男も最近は仮面ライダーやら戦隊に変身する時期となりました。その次男にとっては幸いなことに長男のおもちゃがたくさんあり、たくさんのものにも変身できてしまう…。次男の特権ですね。たまに思うのですが、ファンタジー遊びは何もないところから生まれてくるのではないと思います。やはり、周りの環境がそのように子どもたちに働きかけるものであるように思います。空想も大人になっての妄想も周りの環境あってのものであり、環境のおかげでクリエイティブなものも生まれてくる、そのように思いました。

  4. 何かを見てあたかもそこにあるかのように表象できる、ファンタジー遊びには、子どもがどのような経験、体験を通して、社会という事象を捉えているのかを感じることができます。また、このファンタジー遊びを子ども同士で共有している際には、必ず、役割分担をしっかりとしています。役割の種類には、それが何故いいのかな?と思うような役を選んでいる姿がありますが、これには、その役割があることで、遊びがより、リアルに表現でき、ストーリー性のあるものに感じ、その繰り返された経験から”メタ表象には、自分がふり遊びをしていることを子どもが認識していて、ふり状況が心的に表象されていることを自覚している必要があります。ファンタジーをこのように自覚するようになったとき、子どもは心がさまざまな方法で世界を表象することにも気づいています。”へつながりをもっているように思いました。

  5. ファンタジー遊びはよくごっこゾーンで見られますね。何かになりきったり、人形を赤ん坊として用いたりとファンタジーのバリエーションは本当に豊富だなと感じています。話が少し逸れますが、以前の内容にあった「空想の友だち」もこれに近いところがあるように感じました。そして、このファンタジー遊びは、よく行われるごっこゾーンの物的、空間的な環境によって大きく変わる気がします。保育環境における人的環境にも言えるように、より多様な形を保証してあげられるように環境を整えていきたいと思えました。また「グロースは、ファンタジー遊びは多くの種で起こると主張しましたが、最近の学者たちはファンタジー遊びはヒトに限られると主張している」とありました。それには「ファンタジー遊びには系統発生的な不連続性」があることが要因に挙げられるのですね。私は最近の主張にあるヒト特有の遊びだと思いましたが、多くの種で起こると考えられた要因と言いますか、そのきっかけとなった動物の姿を無性に見てみたいなと思いました。

  6. 自分の子どもの頃を思い出してみました。ほとんど外で遊んでいた記憶で、ごっこ遊びをした記憶がないのが本音です・・・。ただ写真で明らかにままごとをしている写真があるので、やっていたのでしょう(笑)子ども達を見ていても、男の子も女の子も関係なくごっこ遊びをしている姿を見られます。女の子は綺麗なドレスを着て、男の子は宇宙飛行士などの衣装を着て、各々が遊んでいてますが、どういうイメージを膨らませて遊んでいるのか、そんな姿を見るだけで私も楽しくなります。自分の心の中で遊びのイメージを膨らませ、そのイメージを実際に映し出す。言葉で聞くと、なかかなか難しい能力のような気がしますが、それが相手の気持ちを理解する共感力などにつながっていくのですね。

  7. 「メタ表象には、自分がふり遊びをしていることを子どもが認識していて、ふり状況が心的に表象されていることを自覚している必要があります。ファンタジーをこのように自覚するようになったとき、子どもは心がさまざまな方法で世界を表象することにも気づいています」とあります。この言葉からふら遊びの重要性と自然とふり遊びをする意味というのがわかります。かならずやっていたであろうおままごとはコミュニケーション能力や相手の心の動きを読み取るとるために必要な遊びなのだと思います。

  8. 思えば、ファンタジー遊びは子どもの頃にたくさんしていました。と思ったところで、今でもしているなということを思いました。大人でも何かになりきってみたり、なったつもりで過ごしみるというようなことを日々の生活の中でしているように思います。想像の中で生きているようですが、どこが
    リアルな感覚もあり、思い込んでしまえばもはやそれは嘘ではないというような世界で過ごしているそんな感覚になります。ファンタジー遊びは人に特有なもので、そのためにはメタ表象が必要であると考えられているのですね。そして、それは心の理論とも結びついているとありました。相手の思いを想像するという力と関連してくるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です