子どもの遊びの理解

子どもの遊びの理解はたしかに種のすべてのメンバーの社会的、情緒的、知的発達を適切に理解することと関連していますが、遊びの性差に特に興味をもった研究者もいるそうです。進化心理学者は親の投資理論の予測に従い、行動の性差に焦点を当ててきたそうです。この理論によると、子どもに多くの投資をする性、大半の哺乳類ではメスだそうですが、より配偶者の選り好みをし、性交渉への同意に慎重だそうです。投資が少ない方は、哺乳類ではオスですが、配偶者の選り好みが少なく、投資が多い方の性に近づくため互いに競い合います。この理論では、これらの単純な差にもとづいて、オスとメスは繁殖行動と養育行動について異なる適応戦略を進化させ、ヒトもその例外ではないと考えられているそうです。

進化発達的な視点から考えれば、正固定的な成人行動が完全に形成された形で現れるということはなく、そういった行動の未成熟な形態が子どものころに見られ、それが大人への準備として役立っているはずだと言います。遊びは、子どもが社会的、物質的世界に関する情報を得る重要なメカニズムとして自然淘汰によって形成されたものであるとすれば、遊びにおける性差は男性と女性がもつバイアスを反映しており、男性と女性は異なる経験を志向し、異なる子どもや大人の生活様式の準備をしている可能性があると考えられます。そこで、遊びにおける性差を検討し、それらの違いを祖先の男性と女性にとって適応的な価値があった可能性という点から、ビョークランドは解釈しようとしています。彼は、適応的であると推定される乳幼児期の特徴がすべて、後の成人期への適応であるわけでは必ずしもないと再三言っています。それどころか、進化発達心理学の理論によれば、子どもの行動や認知のある側面は、進化の過程を通して、未来の環境に準備するためではなく、現在の環境に適応するように淘汰されてきたというのです。遊びには、種に普遍的な遊びの特徴にも、男性と女性で差のある特徴にも、即時的利益と遅延利益があるとビョークランドらは考えているそうです。

特に乳児期には、環境を利用して遊ぶよりも環境を探索することに多くの時間を割きますが、探索に使われる時間とエネルギー量を正確に実証した研究はないそうです。探索は情報収集の冒険であり、最も初期の形式では口に入れたり、物を単純にいじったりすることからわかります。探索する際、乳児は「それは何ができるのか?」という問いに導かれていると考えられています。この物への志向性は「それを使って何ができるか?」という、より人中心の志向性に導かれた遊びとは異なります。探索を通して子どもは身の周りの環境を知るようになります。この知識によって遊びの基礎が培われると言うのです。そういうものとして、探索は遊びとは区別して考えなければならないと言います。

同様の傾向がヒト以外の子どもにも存在するそうです。たとえば、家畜の子豚では新奇な刺激の探索は増加した後減少するそうですが、探索の減少に伴って物を使った遊びが増加するそうです。さらに、動物が自分の直接的なニッチにある物や同種個体に慣れてくると、他の場所に出かけて新奇なものを探索することが多いそうです。チンパンジーでも生後2ヶ月で探索が見られ、その後より遊び的な行動移行するそうです。