遊びに先立つもの

ルビン、ファイン、ヴァンデンバーグの子どもの発達に関するレビュー文献によると、子どもの遊びは心理的傾向、行動、遊びを支える、すなわち遊びに先立つ文脈という3つの次元で定義されています。行動生物学者も複数次元に沿った遊びの定義を提唱しており、構造的である行動的 、結果的である遊びに伴う行動、遊びが生じる関係的基準を提唱しているそうです。

おそらく遊びの基準として最も一般的に認められているのは、遊びは一見、即時的な目的をもたないことです。ルビンたちの枠組みによると、その即時的な「目的をもたない」という基準は、「目的よりも手段」を重視する心理的傾向と関連しているようです。目的よりも手段に着目するということは、子どもは行動のプロセスそれ自体に関心があって、行動の結果は気にしないと仮定しているということなのです。また、動物の遊びの定義においても目的より手段が重要であることを、行動生物学者は最優先しているそうです。

遊びには目的がないという基準と深く関わるのが、遊びの中でセルフハンディキャップがよく行われることです。つまり、遊びにおいて、より強いあるいは卓越した者は、より弱いあるいは小さい者が遊びで優位になるようにするというのです。たとえば、追いかけっこで、より早いリスは最初に同種個体を追い抜いてしまいますが、近くに戻って来て、また追いかけっこを始めるそうです。子どもでも、年長の子どもは仰向けになったりして、年少者が遊びで上位の位置にいると思えるようにすることが多いようです。この行動は、上位の者は結果的に何の資源も得られないでしょうから無目的のように見えます。

傾向という次元に加えて、遊びは遊び行動自体に先立つ現象および続く現象からも定義されてきたそうです。ルビンたちは、遊びに先立つものを、文脈つまり遊びを引き出し支えていく状況という点から定義づけたそうです。遊びを可能にする文脈の諸側面には、安全で友好的な、物的にも人的にもなじみのある環境、大人が最低限にしか立ち入らないこと、子どもにストレスや空腹、疲れがないことなどがあります。マーティンとベイトソンは、空間関係を用いて遊びなどの行動を分類する同様の方法を生み出しました。つまり、もし行動がある特定の状況や、子どもなどの特定の集団内で同時に起こったら、その行動は同じカテゴリーに属することができます。たとえば、運動場で観察されるすべての行動は通常、遊びと見なされます。

同様に、遊びはその結果や、遊びに伴う行動という点から定義づけることができると言います。この方略は、行動生物学者がよく用いるもので、子どもの発達に関する文献でも、取っ組み合い遊びや、平行遊びなど、特定の遊びの側面を定義するのに用いられているそうです。たとえば、 取っ組み合い遊びとは、他の文脈では攻撃的であると見なされるような格闘をしたり、組み合ったり、蹴ったり、転がったりする活発な行動のことを指します。もしその一勝負が終わっても子どもたちが一緒にいたら、その行動は攻撃行動ではなく取っ組み合い遊びと分類されます。もし、別々になってしまったら、それは攻撃行動と定義されます。遊びを分類する際には、遊びに先立つ側面と遊びの結果の次元から、遊びを構造的に定義づけることが役立つといいます。