遊びの重要性

ビョークランドは、遊びはヒト特有のものではありませんが、とても重要なものと考えているようです。事実、歴史学者のヨハン・ホイジンガは、ヒトをホモ・ルーデンス、「遊ぶ人」と呼んだことを例に挙げています。ホイジンガによると、遊びは文化より古く、文明化によって大きく変化することはありませんでしたし、「ヒト社会の偉大な原型的活動」が始まったときから行き渡っていたと言います。系統発生的にいえば遊びは実に古く、大半の哺乳類や、一部の爬虫類にさえも見られるそうです。さらに遊びは未成熟期の特徴であり、それほど多くはないそうですが成体にも見られるようです。

ビョークランドは、遊びはヒトの発達にいかに重要であり、また進化的視点をもつことによって、遊びがヒトの社会的、情緒的、認知的発達に果たす役割の理解が進むであろうと考えています。

遊びは「明確な機能をもたない」ものと定義されることが多いと言います。進化論者やホイジンガのような歴史学者は、遊びに機能がないと考えることはなかったそうですが、遊びの機能の本質については白熱した議論が展開されてきました。実際、行動生物学者や発達心理学者の中には、動物や子どもは遊びにかなりの時間とエネルギーを注いでおり、したがって、進化的視点から見ると、重要な機能があるはずだと主張する者もいるそうです。遊びには先送り機能あるいは遅延機能、つまり後の成人行動の準備としての機能があると解釈されるのが一般的だそうです。しかし、子ども時代を生きのびて、性的に成熟することが必要であるため遊びには即時的利益もあるという見解もあり、自然淘汰が子ども時代に機能的な圧力をかけたという視点と一致してそうです。

遊びは、社会生物学者や行動生物学者、子どもを研究する発達学者を長年にわたって特に魅了してきましたが、定義にも機能の同定にも困難が伴っていました。それらの難問に対応する方法のひとつが、遊びを子どもが行うすべてのことと定義し、それに対応する無数の機能をあげることだったそうです。少なくともグロースに始まって、遊びは未成熟期の特質と考えられるようになったそうです。彼やその後の多くの学者たちが、遊びには多くの重要な発達的機能があると主張しています。この見解によれば、子どもは遊びを通して、成人してうまく生きていくために必要なスキルを学ぶことができるのだということです。

動物や子どもの遊びの研究者のなかには遊びは創造性や行動的柔軟性の源であり、最終的には古い問題を解決するための新しい方法を発見することにつながると考えた者もいたそうです。そして、若い動物には遊びを好む傾向と好奇心があるために、革新をもたらすのは大人ではなく若者であることが多いことがわかっています。この主張を支持するのは、論争を呼んだイモを洗うニホンザルの観察だと言われています。日本の科学者グループが野生ザルの群れにサツマイモを与えましたが、たいてい土まみれでした。ある若いサルが食べる前にイモを海水で洗うことを学習し、それに続いて他の若いサル、次に大人のメスが学習しました。しかし、大人のオスが学習することはほとんどなかったそうです。この新たな方法は「文化」の一部として乳児にも伝えられていったそうです。重要な文化的革新が、ヒトの子どもの遊びを通して起こるとは考えにくいですが、子どもが遊びを通して発見することは後の革新や真の創造性の基盤として役立ち、後の生活において重要なものとなる可能性があると考えられています。