社会的行動の発達

世界中の子どもが、先史時代を含めた歴史を通して直面してきた社会的環境は多様であり、それに効果的に対処するために子どもや大人が発達させてきた行動的解決法はひとつではありませんが、多くの共通点や社会的発達を記述、説明、予測することができるいくつかの全般的な進化のメカニズムがあると言います。たとえば、うまくいっているヒトの社会的相互作用は、協力などの親和的行動、敵対行動.特に攻撃的行動から成り立っています。これらの形式の相互作用は年齢とともに複雑になっていきますが、生涯を通じて現れ、ヒト以外の霊長類にも見られるそうです。通例、これらの行動の価値は進化の経済モデル、つまり、ある状況における特定の行動のコストと利益のバランスから理解できると言います。しかし、親の投資などの他の進化理論でも、どういった状況で、攻撃的に、あるいは暴力的にふるまう人が出てくるのかを予測することができると言います。また、現代の考え方からすると、そういった一見非生産的な行動が進化によるメカニズムに由来するものであり、古代の環境においては平均してコストを上回る利益を生み出していたことを理解するのに役だと言うのです。

二者間の協力関係や地位追求、内集団びいきや外集団回避に対して進化によるバイアスがありますが、特定の社会的行動は子どもと環境間の動的な相乗的相互作用の結果獲得されることを、ビョークランドらは、ひき続き重視していきたいと述べています。この相乗的相互作用の多くや、子どもが社会的発達について学ぶことの多くは、特に幼児期を過ぎてから仲間とともに生じると言います。おそらく、最も社会的に適切な情報を仲間とともに学んでいくのは、遊びを通した「メカニズム」であるということで、彼は、次に遊びの重要性を考察しています。

乳幼児期における学びは「遊び」であることはよく知られています。しかし、以前に私が課題として投げかけたものの一つに、遊びにおける目的です。遊びには目的がないゆえに素晴らしいものということがあります。それを、逆に目的がないために学びがないという考え方をもあります。また、生活と遊びによって乳幼児は発達していくと言いますが、生活と遊びにはどのような区別があるのでしょうか?たとえば、乳児が食事の時に机をたたいていると注意されますが、太鼓をたたいていると遊んでいると喜ばれます。しかし、赤ちゃんからすれば、その区別は特にありません。ともに、発達上必要なことを行動に表しているにすぎません。

「幼児期の教育と小学校教育の円滑な接続の在り方について」の報告書には、遊びについてこう書かれてあります。「幼児期の教育は環境を通して行うこと、幼児の生活や経験からの学び、自発的な活動を重視している。これにふさわしい指導方法が遊びを通した総合的な指導である。幼児期における遊びとは、余暇活動ではなく、学びそのものであり、幼児が遊び込むことができる環境(学びに深さと広がりをもたらす環境)をいかに構築するかが教職員の指導における重要な課題となる。」

では、ビョークランドは、進化発達から考えて「遊び」をどのように捉えらているのでしょうか?