集団

女性が男性に近づく機会をめぐって相互に張り合う方法に違いがあることは、男性と女性が用いる攻撃行動の種類に影響を及ほしているようです。まず、男性が女性より言語的、身体的な攻撃行動を起こすことはよく知られています。さらに、女子が男子より関係的、あるいは間接的攻撃行動や、仲間関係につながる攻撃行動を用いることもわかっており、たとえば、社会的集団からひとりの女子を排斥したり、その子の評判を落としたりします。ただし、このことに関して注目すべき点は、女子が関係的攻撃行動を起こしても、それは男子が他の形式の攻撃行動を起こすよりもなお低い水準であるということであると言います。

攻撃行動のすべてのタイプに男女差があるのは、社会化や、ホルモン、進化の歴史に関連する違いが複雑に絡み合っているためだと言います。たとえば、男性は歴史的に見て狩人であるため、より強く、大きい身体を発達させてきました。狩りに用いる身体的行動パターンは、たとえば女性に近づく機会を得ることというような目標を達成するために、同種個体と対抗する際にも用いることができます。進化の歴史におけるこれらの違いは、関連する生物学的な、ホルモン、覚醒、自己制御などの歴史や、社会化の歴史にも反映されているそうです。

どうすればこの議論を、女性が優位性を確立し、維持する方法に関する、子どもの発達研究に活かせるだろうかという問いかけをビョークランドはしています。女性が対人的協力関係を用いて資源を入手する機会を得、それを維持することが原点となると言います。この観点からいうと、女性が用いる関係的攻撃行動についてさらに追求することが重要であると言います。女子が男子よりも関係的攻撃行動を用いることはわかっていますが、男子、女子双方について生涯を通じて、どの程度関係的攻撃行動を起こすのかを知ることが役に立つだろうと言うのです。

さらに、同性間、異性間の攻撃行動の目標を知ることも有用だろうと言います。つまり、関係的攻撃行動は、社会的関係を操作するために用いられますが、そういった関係が何の手段となっているのかは明確にはわかっていないそうです。就学前の女児は就学前の男児と同じように、お気に入りのものを手に入れるために関係的攻撃行動を起こすのでしょうか?青年期には他の女子に対抗して、配偶者になる可能性のある者に近くために、関係的攻撃行動を起こすのでしょうか?

ビョークランドは、ヒトの乳児が進化によって種に特異的な環境を「予期する」ように準備されているということを一つのテーマとして考察しています。ヒトに特異的な環境で最も重要なのは、他者、特に、母親や父親、他の血縁者、そしてさらに血縁関係のない、あるいは、あまり直接的な血縁関係のない少数の人々です。そういった血縁関係のない人の一部が仲間となり、ヒトはその伸間とともに成長していきます。それ以上に、ヒトの社会的環境は多様性に富んでおり、子どもはこれらの一見、予測不可能な環境に対応する効果的な方法を発達させなければならないのです。ビョークランドらは同種個体に対処するために有用な社会認知的プロセスの一部について議論してきました。それを彼は、進化発達心理学という本の中で、「ヒトの本性の起源」としてそれらのプロセスが行動に移される方法を見て、さまざまな形式の「実際の」社会的行動や、それが子ども時代に変化する様子を検討してきました。