優位性が目指す目標

攻撃行動や優位性に見られる発達的傾向は、優位性の論理と一致しています。つまり、優劣関係は個体同士が資源をめぐって競争し合うときに確立されるからです。一連の対決にもとづき、個体は他の個体との関連で自分の地位を知り、その結果、他の優位な個体には争っても負ける可能性が高いことを認識し挑戦しなくなります。つまり、そのような挑戦に関連するコストが、考えられる利益を上回るのです。見境のない攻撃行動を起こすことは、優位な個体の場合であっても、非常にコストが高いものです。負傷や敗北の可能性に関連するコストを考えて、代替戦略が用いられることが多いのです。ビョークランドらは、縦断研究から、優劣関係が敵対的な戦略によって確立された後には、優位性に関する親和的な側面が顕著になることを見出したそうです。つまり、優位性が確立された後、優位な個体は和解などの戦略を用いて、負けた仲間を集団に再統合するのです。

 

こういった種類の戦略は、従属者は優位者がもつ資源を手に入れる機会を得て、優位者は従属者らが手を組んで自分を倒してしまう可能性を最小限にするという点で従属者にも優位者にも利益をもたらします。こういうことは、以前いじめられた子どもが親和的ネットワークや、可能な協力関係を築くといった状況で起こりえます。つまり、青年期の優位性は幼い時期と同じように、向社会的戦略と攻撃的戦略双方を用いることができる能力と関連しているのです。優位性が目指す目標は、配偶者としての望ましさと関連していると言います。

 

こういったすべてを踏まえて問いたい疑問は、どのようにして従属者は資源を手に入れる機会を得るのかということです。代替戦略の観点からは、低地位のものがより高い地位の個体に脅しをかけたり、対抗したりするのは愚行です。そのかわりに、ヒト以外の霊長類において、低地位の個体は食べ物を盗んだり、望ましいメスとひそかに交尾したりするといった代替戦略を用います。メスはそういった戦略に興味を示す可能性がありますが、それは自分の子どもだと考えて、食料を与えたり保護したりすることによって投資してくれるオスが多くいうることは、そのメスと子どもにとって有益だからです。さらに、子孫への投資が低い乱交的な戦略は資源に乏しいニッチで用いられるだろうとビョークランドは考えています。

 

優位性に関する議論はこれまで、オスがオス集団における優位性やリーダーシップを手にするために用いる戦略に焦点をビョークランドらは当ててきました。オスの優位性は上述したように、通例は資源、特に配偶者を手に入れる機会という点から順位づけられます。ダーウインもまた、メスの配偶者選択は配偶行動に影響を与えると記しているそうです。メスがこの目的を達成する方法に関する私たちの知識は、ヒトの資料にも動物の資料にも非常に限りがあります。このことを研究してきた行動生物学者によると、霊長類のメスは同種個体と協力して望まない性的交渉から身を守り、魅力的なオスに近づくようにしていることが見出されているそうです。オスに近づくためにメスは協力したり偽装したりすることで、しばしば他のメスと張り合います。女性が男性とは異なる度合いで関係的攻撃行動を起こすこともわかっていますし、ギアリーは、女性は関係的攻撃行動によって、自分たちにとって非常に重要な対人ネットワークをかき乱すことを示唆しました。つまり、元来のダーウインの定式化と一致して、配偶者をめぐる競争が同性間、異性間であるのだそうです。