思春期

ベルスキー、スタインバーグとドレイパーのモデルが1991年に発表されて以来、さまざまな国においてそのモデルに関する多くの研究が行われましたが、その大半で彼らの基本的な仮説が追認されているそうです。たとえば、ベルスキーたちの論文の発表前後の調査によると、意外な結果ではありませんが、思春期に入るのが早い子どもは遅い子どもよりも性的活動を行う傾向が高かったそうです。父親のいない家庭の女子は、実の父親と一緒に生活している女子より早く思春期に入り、それは子ども時代に社会情緒的ストレスを経験した少女と同様であったようです。高ストレスで父親のいない家庭の男子は非従順で攻撃的な傾向がありましたが、ストレスと父親不在の効果は男子では小さいか、存在しなかったことがわかっています。女子に高い効果が見られるというこの性差は、男性と女性による子孫への投資の差を考慮すれば理にかなっていると言います。なぜなら、どんな妊娠に対しても女性の投資は男性より大きいので、女性は男性より子孫を育てるのに影響を与える可能性のある環境要因、たとえば、栄養失調、ストレス、資源不足などに敏感なのです。

しかし、この理論には賛否両論あり、モデルの一部修正も提案されているようです。たとえば、思春期に達する速度の分散の大半は遺伝的要因によって説明でき、特に早熟の女子はその母親も成熟が早いことを示唆する研究者もいます。このことは研究により裏づけられていますが、ストレスや父親不在の効果は、母親が思春期に達した年齢を統制した後にも見出さており、遺伝的要因だけが「成熟速度」効果に寄与するわけではなさそうです。

遺伝による違いが成熟速度効果に寄与する道筋のひとつは、養育環境の変化に対する子どもの感受性に違いを生み出すということです。ヒトやヒト以外の霊長類の文献を概観した研究で、ベルスキーは、親の子育ての個人差に対してより敏感な子どもがいるとしました。この強い可塑性は、環境が予測不可能であるときに好都合であり、それによって子どもは幅広い最適以下条件、たとえば、不安定な愛着や父親不在などに、できるだけうまく適応することができるのだと言うのです。しかし、高水準の支えと安定した愛着が与えられる環境において、最もうまく生きていける子どももいます。これはおそらくより「種に特異的な」環境であり、一部の子ども(おそらく大半の子ども)が、この種に特異的な文脈に適応していくというのはうなずけると言います。どのような特質であれ多様性の中に自然淘汰が作用し、親は変化を受けとめる力のある子どもや、「予期される」環境において力強く育っていく子どもを産むことによって、複数に賭けてリスクを回避することができるということなのです。

ごく最近では、エリスとグレイバーが、ベルスキーらのモデルに対する重要な修正を提案しているそうです。彼らは、母親のうつと、継父や母親の恋人の存在も、女子の成熟速度に影響する要因として関与していると指摘しています。たとえば、母親の精神病理は夫婦の不和や、子どもとのストレスの多い関係、離婚を強く予測し、そのことはおそらく対人間ストレスや父親不在の原因となり、早い思春期の訪れを予測します。継父や母親の恋人がいることに関して、さまざまな哺乳類の研究により、血縁関係のないオスのフェロモンがあることで、メスの思春期の発達速度が加速するという結果が見出されているそうです。