愛着分類スタイル

北アメリカ以外の国の調査では、愛着分類スタイルの最も多い型は、大半のアメリカの研究で報告されたものとは異なっているそうです。たとえば、北ドイツのサンプルでは49%の乳児が回避型あり、安定した愛着をもつとされたのは33%に過ぎなかったそうですが、そういう傾向が生じた理由は、母親が乳児を拒絶しているためではなく、母親が文化基準に従うことを望んでいたためであるとされています。同様に、イスラエルのキブツで育った乳児の研究では、約50 %の乳児が不安定な愛着をもつと分類されたそうです。これらの傾向から、育児実践の文化差によって異なる愛着の傾向が生じていることが示唆されます。北ドイツやキブツで育った子どもの約半分が不適応な愛着スタイルをもっているという別解釈も考えられますが、それを支持する証拠はないそうです。もっと簡潔な結論は、子どもは環境条件に敏感であり、その環境に最適な愛着行動を発達させるということです。

同様に、年長の子どもに注目した研究者らが一貫して報告しているのは、より厳しく、批判的で、情緒的につながりの薄い養育スタイル、それを権威主義的といいますが、それに比べて、要求は厳しいがあたたかさのある養育スタイル、それを権威的と言いますが、その方が、結果がより好ましいということです。この傾向は世界中で、幅広い民族や社会階級、家族構造で報告されているそうです。しかし、例外があります。たとえば、バウムリンドによると、スラム街のアフリカ系アメリカ人の女子のサンプルでは、両親が権威的スタイルである場合と比較して、より厳しい権威主義的なスタイルである方が適応が良かったそうです。異文化間の愛着調査と一致して、異なる養育スタイルは、異なる環境と相関しており、異なる行動の適応パターンが生じていると思われる。

ベルスキー、スタインバーグ、ドレイパーは、子どもの早期、そして後の家庭環境の影響は、愛着スタイルだけではなく、後の繁殖戦略の重要な側面にも影響を与えると主張しました。彼らは進化論にもとづくモデルを発展させ、家庭における初期の愛着に関連した経験や、後に続く思春期や、青年期の恋愛行動について説明しました。

初期経験とは、最初の5 ~ 7年間の中で、主要な進化的機能は子どもに、環境の中にある広義の資源の利用可能性と予測可能性や、他者への信頼性、親密な対人関係の持続を理解させることです。そして、それらすべてが、発達途上のその人が後にどの程度繁殖に力を注ぐかに影響するといわれているのです。

ベルスキーたちは、すべてのヒトが追求しようとする唯一の「最適方略」があると断定するのではなく、ヒトには幼児期の環境の特性に敏感な、進化によるメカニズムがあり、それが思春期の成熟度を促し、繁殖戦略に影響を与えると主張しました。不安定な愛着で、父親がおらず、否定的でストレスの多い家族経験をもつ場合には思春期の成熟が早く、性的乱交や、不安定な男女関係をもつようになります。もう一方の安定した愛着で、ストレスが低く、父親がいる場合は、少なくとも女子に関しては思春期が遅く、性的活動の開始は遅く、より安定した男女関係を築くようになるようです。