泣く意味

乳児が泣くことに関して様々な仮説が言われていますが、この仮説には非常に興味をひかれますが、どのようにして苦痛の泣きがそもそも親の世話を引き出し、最終的に乳児の中に選択されたのかということに関する理論が必要ではないかとビョークランドは言います。ある研究でファーローは、乳児の泣きの音響構造が乳児の健康と相関していることを示唆する証拠を見出しました。母親は乳児の泣き声の高さや泣きの頻度によって得られる手がかりを、乳児の表現型の質を表すものとして用いるのかもしれないと言います。母親は乳児の状態を見きわめるための鋳型のようなものをもっていて、そのひとつの要因が、乳児の泣きであることも示唆されているそうです。さらに、長時間泣くのはかなりのエネルギーを消耗するため、泣き続ける余裕のある乳児はより健康である可能性があり、親が投資するには、あまり力強く泣かない乳児より賢明な選択である。したがって、母親が長く泣きやすい乳児を見捨てる可能性は低いだろうと考えられます。

ケニアで牧畜社会を営むマサイ族の調査はこの仮説をある程度支持しているそうです。飢饉や干ばつはマサイ族には日常的であり、その時期には乳幼児の死亡率がかなり上がります。デヴリーズは、飢饉の時期に生まれた13人の乳児のうち生き残ったのはわずか6人であったと記述されています。「ぐずりやすい」、つまりよく泣く6人の乳児のうち死亡したのは1人だけだったそうです。反対に「扱いやすい」、 つまり大泣きをすることがほとんどない7人の乳児のうち5人が死亡したそうです。デヴリーズは、おそらく飢饉というストレスの下で、扱いやすい、気質をもつ乳児は無視されやすくなり、死んでしまったのではないかと述べています。泣いたり、ぐずったりして訴えることが最も多かった乳児は、母親になだめられることが多く、したがって、食べ物を与えられることになったのでしょう。もちろん、ぐすりやすい乳児は頑強な体質も確かに持ち合わせていたであろうから、より元気に泣いて生存できることとなったともいえるかもしれませんが。

トンプソンたちは、乳児の泣きの進化的機能についてまた異なる理論を呈示し、乳児の苦痛の泣きは呼吸器の緊急事態の症状と似ており、親の注意をひきつけ、栄養を摂取するための乳児の一種の偽装であるという仮説を立てました。彼らの主張によると、進化適応の環境において、乳児が窒息しないように親が見守っておくという、大人による基本的な呼吸管理メカニズムがあったと言うのです。乳児は生命に関わりのない状況で呼吸困難のまねをすることによって、親のこの応答を利用するためのメカニズムを進化させました。このことを検証するために、 24ヶ月児の泣きを見慣れない部屋にひとりで放っておかれる時間の長さを関数として調べたそうです。この調査は、ストレンジ・シチュエーションテストの一部として、母親が部屋を3分間離れ、また戻って来た状況で行われました。彼らは、泣きの音程変化率の極端なかたよりは乳児の苦痛を示しており、大人がもつ進化による世話行動が放置される時間が長くなるほど、正常よりかたよるはずであると考えたのです。彼らは、3分間のセッションでまさにこの関連を見出し、乳児の苦痛の泣きは乳児の偽装、つまり、低換気あるいは過換気のふりをすることによるものであるという仮説を支持したのです。