乳児の泣き

ビョークランドは、愛着のある形式は他のものより適応的であるというボウルビーの主張を評価し、親の投資など子どもが感知した資源の入手可能性に応じて、異なる発達の道筋をたどることになる代替的愛着戦略を検討しています。この代替的愛着戦略とは、私は初めて聞きました。これは、どのような研究なのでしょうか?

ビョークランドらは、乳児がもつ知覚的パイアスと学習能力によって、乳児はヒト、特に母親への志向性を示すことで、愛着が促進されていく可能性について検討しました。しかし、乳児の身体的特徴や成人の気質のなかには、人生初期の愛着プロセスにさらなるバイアスをかけるものもあるかもしれないと考えたのです。

行動生物学的視点と一致して、ボウルビーは、乳児の身体的特徴と行動は成人、特に母親の養育行動を活性化させると主張しました。たとえば、さまざまな種に関するローレンツの観察と一致して、ボウルビーは、ヒトの養育行動は乳児の未成熟な特性に誘発されると考えました。ローレンツは、多くの種の乳児は共通して体の大きさに比して大きい頭、顔の残りの部分に対して大きい額、大きい目、丸い頬、平たい鼻、短い手足といった特徴をもつことを指摘しました。たいていの大人はそういった特徴を見てかわいらしいと思い、そのことによって愛着が促進されます。この考えを支持するのが、未熟児あるいは病気の乳児の研究だそうです。そういう乳児は乳児らしい顔の特徴を完全に備えていないことが多く、発声やアイコンタクト、大人の行動に随伴した反応といった、発達の節目となる出来事の出現が健康な乳児より遅く、そのため虐待を経験しやすいと言うのです。

乳児の泣きも強い刺激となって大人の注意を引き出します。乳児の泣きは無視しがたく、親になったばかりの人の多くは乳児が嫌がって泣くのを聞いて、恐れで身が縮まる思いがし、どんな悲劇が起こるのかと気に病みます。乳児のストレスに満ちた泣きにすぐに応答することを学習するということもあるでしょうが、親はそういった泣きに対して積極的に応答するよう「準備されて」いて、そのような応答をするのを公式に学習する必要はほとんどないということもあるでしょう。「赤ちゃんが泣いたときにすぐに応じると、嫌がって泣くのが止まるし、赤ちゃんは生きているわ」と確認でき、それは進化発達的視点とも一致しているのです。

また、ボウルビーは、赤い腹がトゲウオの攻撃的な反応を引き起こすのと同じように、乳児の泣きは生得的解発メカニズムとして働くと主張しました。進化の時を経て、苦痛で泣いている乳児に応答する大人は、子どもが繁殖できるようになるまで生きのびる傾向があったと言うのです。あるいは、苦痛の泣きは同様に反射的な方法で、年長者の同情や利他的行動を引き出すのかもしれず、そのことによって、無力な乳児は世話をしてもらい、生き残る見込みが高くなると言うのです。同じように、母と乳児の接触頻度が高いことが生存を高めるために必要であったために、先史時代には泣くことは捨てられたことを示すものだったかもしれないと言います。そのため、母親は常に乳児を自分のすぐ近くに置いておき、同種の個体や、おそらく捕食者によって乳児が殺されてしまうのを未然に防いだのでしょう。また、泣くことは乳児のたくましさや活力を示す可能性もあります。