攻撃行動

さらにこの時期は男性が最も活発に仲間と競う時期であります。現代文化においてそのような行動の大半は社会的処罰が下され、愚行と考えられているにもかかわらず、ヒトの男性には、危険な競争をすることで平均して包括適応度が高まるような状況に適応した心理が遺伝的に受け継がれているそうです。馬鹿な行動と言われることを男性はしてしまうのですね。それは、攻撃行動やリスクティキングの利益がコストを上回っていたからだと言う尾です。そういった行動はもちろん「プログラムされ」たり、「必然的な」ものであったりするけではありませんが、経験によて形成され、他よりも発現しやすい環境とそうでない環境があるのは確かです。

たとえば、重要な文化的資源を入手する機会が限られていて平均寿命が短い場合には、若い男性は、より慎重に息の長い接近方法をとるよりも、配偶者や獲得したい資源をめぐって精力的に競争をする方が理にかなっていますね。したがって、豊かな国の貧しい地域に代表されるそういった状況下においては、男性が他の男性に対しより高いレベルでリスクティキングや暴力行動を起こすことが予測されています。これは、アメリカにおけるアフリカ系アメリカ人の男性の殺人率に見られる傾向とまさに一致します。年齢傾向は白人系男性の傾向と類似しているそうですが、絶対的な割合はより高く、スラム街のアフリカ系アメリカ人が白人と比べて教育的、経済的機会に乏しいことと関連しています。このような傾向から、格差社会は、非常に危険な行為や、暴力行動を起こすことが多くなり、危惧されているのでしょう。

次にビョークランドアは、「関係」について考察しています。乳児の最初の関係は、その主たる養育者との愛着です。愛着は乳児と養育者との間に築かれる、親密で双方向的な情緒的絆のことであり、たいていは母親との愛着を指します。愛着は広範囲にわたる種において研究されており、「接近行動」「分離時の不安」「愛着対象が不安になった乳児を落ち着かせることができる程度」という3要因の組み合わせによって測定されることが多いです。現代のヒトの愛着研究は、言わずもがな精神分析学者で行動生物学者のジョン・ボウルビーに端を発しています。彼は、愛着の本質についての精神分析学的考えに進化論的視点を組み込みました。ボウルビーはローレンツが早成鳥で観察した行動である「刷り込み」と、ヒトの母親と乳児の関係に機能的な類似性を見出したのです。どちらも乳児にとって危険の高い時期に、乳児と母親が非常に近接させる機能をもつのです。ボウルビーは、ホモ・サピエンスの進化適応の環境において、乳児が自分の母親に愛着をもつようになる行動は、正の淘汰を受けたのであり、そのように「愛着を形成した」乳児は、「愛着を形成しない」乳児よりも生き残る可能性が高くなると主張しました。

永続的な母親と乳児の絆はヒトに特有のものではなく、当然、他の哺乳類、特に霊長類にも見られます。ボウルビーのもともとの関心事は、最も適応的な愛着のスタイルや、愛着をうまく促進させていく母親と乳児双方における心理的メカニズムを見極めることでした。

ビョークランドは、親、特に母親と乳児がもつ、おそらく進化によるメカニズムで愛着を育む役割を果たすものなど、愛着に関するボウルビーの主張の一部を検討しています。