リスクティキング

男性はすべての年齢で女性より身体的攻撃をよく用い、青年期や成人初期の男性の攻撃行動は、女性や青年期より年長および年少の男性の攻撃行動より重症に至ることが多く、死を招くこともあります。このように、青年期や成人初期に男性の暴力行為がより多いのは、アメリカや他の先進国に限られたことではなく、世界共通であり、親の投資における性差に由来するそうです。

この親の投資における性差については、以前のブログでも紹介しました。基本的に、子どもへの投資が多い方の性は配偶者の選り好みをし、子どもへの投資が少ない方の性は多くの投資をする性を手に入れるために競争するというものです。ヒトや哺乳類全般的に、メスの方が子どもに対して誕生前も後もかなり多くの投資をし、オスはメスを手に入れるために盛んに竸争します。もちろん、メス同士もオスをめぐって競い合いますが、その競争はオスが昔から競ってきたほど激しくはありません。このことはヒトのような種、つまり、ほぼ一夫多妻制が存在する種にはきわめて重要な問題であり、1人以上のメスを独占できるオスもいれば、まったくメスを手に入れられないオスや、あまり望ましくないメス、すなわち繁殖価が低いメスしか手に入れられないオスもいます。大半の哺乳類のメスは、非常に望ましい相手ではないにしろ配偶者を見つけます。それに対し、哺乳類のオスは適応分散が大きく、まったく交尾できないオスも多く存在します。その結果、競争的なリスクティキングを好むオスの心理に淘汰圧がかかります。そういったリスクティキングや、それに伴う暴力はオスが生殖期に入ったときに頂点に達しますが、それがヒトでは青年期にあたるようです。

リスクティキングや事故は、競争行動や「誇示」行動の結果であることが多く、同性の他のメンバーと競争したり、異性のメンバーに印象づけようとしたりすることが目的です。たとえば、自動車事故による死亡率は男性の10代後半で急増し、20代半ばで減少するまで増加し続けるそうです。女性も同様の傾向を示しますが、割合でいうと男性の半分だそうです。この傾向に対する仮説のひとつは、運転の機会と運転経験、それは、もっと若い10代の若者は運転できず、成人は運転経験があるということに関連していますが、女性の傾向はこれに反するそうです。10代後半に死亡率は上がりますが、20 ~ 24歳で下がるのだそうです。男性も女性もほぼ同数が運転するにもかかわらず、死亡率は同年齢で男性の方が2 ~ 3倍高いそうです。

リスクティキングの年齢差は、外傷患者の負傷の種類を調べることでもわかるそうです。そして驚くことではないとビョークランドは言いますが、女性の外傷患者の割合は、男性のおよそ3分の1で、ロサンゼルスはアメリカ、あるいは世界一般を代表するわけではありません、これらのデータは、銃が容易に手に入る近代都市において起こる青年や若年成人のリスクティキングの極端な結果を反映していると言います。

最後に、青年期と若年成人期の男性は殺人事件の被害者にも加害者にもなりやすいそうです。これは調査されたすべての文化や時期において見出されてきた現象です。1995年から1997年のアメリカにおける、年齢別、男女別の殺人事件の犠牲者の割合を見てみると、殺人事件の犠牲者になる可能性は女性より男性の方が高く、その割合は10代後半から20代初期にかけて上昇し、その後次第に減少していきます。殺人罪を犯す可能性については、それとほぼ同一の傾向をたどるようです。